通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
寄生獣(完全版)(1) (KCデラックス アフタヌ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品となりますので多少のスレ・傷・日焼け・汚れ・年経による傷み等はございます。カバー・表紙の装丁・出版年月日及び版数が掲載されている画像と異なる場合がございます。特典は原則ありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

寄生獣(完全版)(1) (KCデラックス アフタヌーン) コミックス – 2003/1/21

5つ星のうち 4.9 77件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 936
¥ 936 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:


この商品はセット買いができます
寄生獣 完全版 コミック 全8巻完結セット こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 寄生獣(完全版)(1) (KCデラックス アフタヌーン)
  • +
  • 寄生獣(完全版)(2) (KCデラックス アフタヌーン)
  • +
  • 寄生獣(完全版)(3) (KCデラックス アフタヌーン)
総額: ¥2,808
ポイントの合計: 87pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者について

岩明 均
1960年7月28日生まれ。東京都出身。1985年、ちばてつや賞入選作品『ゴミの海』が「モーニングオープン増刊」に掲載され、デビュー。『寄生獣』で第17回講談社漫画賞(1993年)、第27回星雲賞コミック部門(1996年)受賞。2003年より「アフタヌーン」にて『ヒストリエ』の連載中。


登録情報

  • コミック: 274ページ
  • 出版社: 講談社 (2003/1/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063346641
  • ISBN-13: 978-4063346640
  • 発売日: 2003/1/21
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 77件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?



関連メディア

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
誰もが一読して嵌ってしまう名作である。
ストーリーについてはあまりに有名であるし、未読の方の楽しみを奪うのも気が引けるので割愛し、この「完全版」の判型についてレビューしてみたい。
オリジナル版、この完全版、そして先月から刊行開始の新装版、更にはこの秋から刊行開始の文庫版の4形態が、しばらくの間流通媒体となるものと思われる。
完全版はその中で最も判型が大きい。本作品の絵柄は割合シンプルなものが多いが、大胆なコマ割りで読者にショックを与えるよう計算されたシーンなどは、広い紙面が実に効果的に働いている。映画のワンシーンのような迫力が味わえるのだ。
またカラーページの再現も、完全版の魅力の一つだろう。カラーページには寄生生物のアップが描かれているシーンが多いので、読者のイメージ喚起に資するのではないか。
唯一の難点は、電車内やトイレ内(失礼)にて読む場合に、片手で保持できるギリギリのサイズということか。掌が小さめの方は、親指と小指の動きでページめくりをするのが難しいかもしれない(腕にミギーがいてくれたら解決するだろうが)。
結論としては、少々場所を取るサイズではあるが、視覚的にも本作を楽しみたい方には一番お勧めしたい判型である。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 望都 VINE メンバー 投稿日 2013/8/31
形式: コミック Amazonで購入
噂通りの面白さ、頁をめくる指が止まりませんでした。岩明均氏の金字塔作品。読めば分かる。

「シンイチ・・・・・・ 『悪魔』というのを本で調べたが・・・・・・ いちばんそれに近い生物は やはり人間だと思うぞ・・・・・・ 人間はあらゆる種類の生物を殺し食っているがわたしの『仲間』たちが食うのは ほんの1〜2種類だ・・・・・・ 質素なものさ」(90頁)

泉新一と村野里美の関係が、これも傑作である『デビルマン』における不動明と牧村美樹のようにならないことを祈ります。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
初めから終わりまでストーリーのテンポが非常に巧く保たれています。
間延びせず、急ぎすぎず、常に一定の緊張感を保っており
気がついたら最後まで読み終えてしまう事間違いありません。
キャラクター掘り下げための過去回想エピソードがほとんどないためか
(最近の漫画は回数稼ぎのためかそうした描写が多すぎる)各展開に冗長な印象がありません。
残酷描写のカットは他の漫画と比較すると躍動感が抑えられており妙に殺風景で、
それがかえって生々しさを炙り出しており非常に独特です。

寄生獣という題材上アクション要素も十二分ですが、それ以上にメッセージ性の強さを感じさせる作品です。
プロタゴラスが論じたように、万物は全て人間本位の尺度でしか測れない、
つまり相対的なエゴイズムでしかない事を喝破し
そうした自覚の無い人間本位の地球論、生物論、環境保護論の欺瞞に対して鋭い非難の眼差しを向けています。
我々が「地球を守ろう」「環境を保護しよう」と臆面無く当然のように発する時
そこには既に非常に無自覚的な人間本位のエゴが内在しているのです。

そして確かなのは(例え他の生物を犠牲にしてでも)死にたくないという生存本能、
身近な人間を愛し子孫を繁栄していく事
...続きを読む ›
コメント 119人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
先日久しぶりに読み直しましたが、一気に最後まで読んでしまった。
おかげで寝不足だ。途中で読み終えられない。散々漫画なんて読み
漁ってきた筈なのに、いい年をして目頭が熱くなる場面も幾つか
ありました。
「人間とは、一つの生物として地球に生きるという事は何なのか」
という、ともすれば大上段に振りかざして勢いだけで終わりがちな
テーマを見事なまでに、ある意味完璧に描ききっており、同時に設定、
演出、セリフ、ものものしさ、カッコよさ等全ての要素が見事な
出来栄えで詰まった作品。作者の絵柄は好みが分かれる所かもしれない
が、それを差し引いても万人に誇る事の出来る作品と言えると
思います。
おもしろい漫画はたくさんあるけど、鳥肌の立つ作品には中々出会え
ません。しかしこれは間違いなくその中の一つです。
出来る事なら、充分な時間と予算を掛けて是非映画化してほしいけど、無理かなあ。
コメント 85人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー