Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 0

¥ 500の割引 (100%)

(税込)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

[岩明均]の寄生獣(1) (アフタヌーンコミックス)
Kindle App Ad

寄生獣(1) (アフタヌーンコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.7 71件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 寄生獣(アフタヌーンコミックス)の10の第1巻

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 0
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 300 ¥ 1

紙の本の長さ: 220ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

シンイチ…『悪魔』というのを本で調べたが…いちばんそれに近い生物はやはり人間だと思うぞ…他の動物の頭に寄生して神経を支配する寄生生物。高校生・新一と、彼の右手に誤って寄生したミギーは互いの命を守るため、人間を食べる他の寄生生物との戦いを始めた。

著者について

岩明均
1960年7月28日生まれ。東京都出身。1985年、ちばてつや賞入選作品『ゴミの海』が「モーニングオープン増刊」に掲載され、デビュー。『寄生獣』で第17回講談社漫画賞(1993年)、第27回星雲賞コミック部門(1996年)受賞。2003年より「アフタヌーン」にて『ヒストリエ』の連載中。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 48787 KB
  • 紙の本の長さ: 220 ページ
  • 出版社: 講談社 (1990/7/23)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009KWUID8
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 71件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
こんな面白い漫画があったんだ。知らなかった。次が読みたくなるけど、ちょっと高いんだよなぁ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ぶた トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/2/19
形式: Kindle版 Amazonで購入
ネタバレの関係で詳細は避けますが、漫画ならではの話や展開が面白いです。
続きが楽しみな漫画です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
テーマ性がはっきりしており
少年漫画で悪役倒す→めでたしめでたし
の流れしか味わっていなかった当時の私
としてはすごく衝撃的でした。
独特の絵柄も読んでいくうちに
愛着がわいてくる、と思います。
全10巻とそこまで長くないので
一気に読んでみてください!
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ふと地球に現れた小さな生物が人間の身体に寄生し、
人間の姿を装いながら人間を食べていくという設定。
本来は脳を乗っ取って完全に人間に置き換わるが、
主人公の場合はその生物が右腕に寄生し、
元々の脳は完全に残った状態となる。

冒頭から唐突な展開が続くが、
人間やパラサイト(寄生生物)たちの言動に妙なリアリティがあり、
実際にこんなことが起こったら
こんな展開になるだろうな、という強い説得力がある。

特に主人公の右手に寄生しているミギーは
立てる作戦や考え方は一貫して合理的であり、
その理性的なしゃべり方とやや感情的な主人公との対比が面白い。

主人公とミギーだけでなく、も友人、両親、田宮良子(パラサイト)など
とにかく魅力的なキャラクターが多く、
それぞれの完成度がかなり高いのも特徴的。

パラサイトが人間を襲う場面が多い関係で
身体が両断されたりグチャグチャに破壊されるような表現が多いが、
スプラッター作品ではないし、ホラーというわけでもない。
どちらかというと人間ドラマというかサスペンスに近い。

寄生生物たちの現れた意味などを通して
...続きを読む ›
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
読んでいない人は確実に人生損してます。
ワンピースなどのような痛快な物語ではなく
人間とは何かという哲学的なシリアスな内容ですが何度も読み直したいと思えるコミックです。

ぜひ読んでみてください。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/12/23
形式: Kindle版 Amazonで購入
本作品を読むきっかけとなったのは、本年(2014年)11月に実写による同名の映画が公開され、劇場で鑑賞したことでした。
この映画は、「前編」であり、「後編」(完結編)の公開は年明け(2015年4月)とのことですが、続きがとても気になり、原作漫画を入手した次第。

本作品は、食物連鎖の頂点に立つ人類が「食べられる」側になってしまうという、逆転の発想が大変に面白く感じました。
また、この新種の寄生生物は、人間並みの知能があり、物語が、人類と新種の寄生生物の「種と種の生存競争」という、スケールの大きなものになっている点も、興味深いところです。

最終巻の作者による「付記」によると、本作品は、全体の物語構成を組み立ててから、執筆を始めたそうです。
それだけに、物語展開に無駄がありません。
また、物語冒頭のナレーションや、題名の「寄生獣」に込められた意味などが、最後まで読むとよく分かる仕組みになっているのも、作品全体の設計図が先にあればこそ、と言えるでしょう。

人を食べる寄生生物という設定上、グロテスクなシーンが多いのは事実ですが、「地球上の生き物は、何かに寄り添い生きていく」というテーマが、作品全体を覆っています。
そこにこの作品の魅力があり、1995年の連載終了から、20年を経
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
*これは「新装版」の仕様についてのみ書いたレビューです。

作品自体は掛け値なしの傑作。しかし、「新装版」としては全く魅力のない本である。
岩明先生の絵を使用できない理由でもあるのかと考えてしまう程に表紙にセンスが無い。こんなものは現代的でも何でもない。只単にダサいだけである。オリジナルの表紙の方が遥かに優れているし、視覚的インパクトもある。
ちなみに本書は著名作家の推薦文が書かれたでかい帯で覆われ表紙の大半が隠れた状態で書店に並んでいる。なのでこの表紙に惹かれて手に取る可能性も無いし、要はデザインに魅力が無い事を出版社側も自覚しているという事だろう。

本の判型が旧単行本より小さくなり、少年誌のコミックスと同じサイズになっているのも駄目だ。サイズが縮小化された事で絵の迫力が目減りしているように感じる。印象的なシーンの多い漫画なのだから最低限のサイズは確保してくれないと。著者の他作品と並べた時にも見栄えが悪いし。小さくした事の利点などひとつもない。
カラー原稿も第1話だけで中途半端、本の扉ページが無いのでそこにあるべきタイトルロゴ・著者名が第1話の1ページ目に被さってしまっている、作者のコメントなども一切無い。映画化・アニメ化に合わせて安く間に合わせただけにしか思えない。仕様としては旧単行本にも完全版にも劣ると言
...続きを読む ›
コメント 172人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover