中古品
¥450
+ ¥350 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 1989年発行、初版。カバー・小口にのスレキズやヤケがありやや経年感があります、この年代のものとしては状態は概ね良好です。防水対策にて梱包後、迅速にお送りいたします。商品説明と異なる場合はメール等にてご連絡下さいませ。対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


寄席芸人伝 (1) (小学館叢書) 単行本 – 1989/5

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 407
文庫
¥ 100
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

▼第1話/写実の左楽▼第2話/女好きの小三太▼第3話/学者の文平▼第4話/道灌小僧ぎん馬▼第5話/放蕩一代橘家文橘▼第6話/貧乏小円太▼第7話/甲府の小圓蔵▼第8話/大食い大遊▼第9話/俥屋弥七▼第10話/米寿真打ち三升家八十八▼第11話/教壇高座柳家すずめ▼第12話/空クモ平助▼第13話/ひざがわり右朝▼第14話/ヨイショの喜助▼第15話/一斗酒勝太郎▼第16話/生涯前座今朝蔵▼第17話/バタフライの蝶太▼第18話/千三つ福蔵▼第19話/動乱幸助▼第20話/若手潰しの万橘▼第21話/甚五楼小えん▼第22話/ドサ回り小遊●あらすじ/明治の終わり頃、柳亭左楽という「人情話をさせれば右に出る者はいない」と評判の噺家がいた。ある日、左楽の高座の途中で「まずい」と声があがる。さらに翌日も同様の声が……。左楽は、声の主に「何がまずいのか」と問いかける(第1話)。▼無類の女好き・好太郎。とうとうヤクザ者の女に手を出し、師匠からドサ回りをいいつけられる。それから三年後、東京に戻った好太郎には女房ができていた。それを期に、「柳家小三太」と改名して高座にあがり、廓噺で評判をとるのだが……(第2話)。▼桂文平は帝大出の噺家だ。噺はうまいが雰囲気が今ひとつ固いため、彼の噺は客受けが悪い。だが、この秋にも真打ちにという話しが持ち上がったのだが……(第3話)。●本巻の特徴/解説・林家喜久蔵

<ご注意>希少本ですので、「在庫あり」でご注文できる場合、装丁等汚れていることがありますことをご了承ください。在庫がかなり少ないため、交換等も難しくなります。

出版社からのコメント

たくさんの笑いが生まれる寄席。そこに生きる落語家の間には、噺のネタの数ぐらいにたくさんの人間模様がある。個性ある落語家たちを創り出し、落語に生きる人々の姿をリアルに描ききった、異色のフィクション伝記コミック


登録情報

  • 単行本: 377ページ
  • 出版社: 小学館 (1989/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091971318
  • ISBN-13: 978-4091971319
  • 発売日: 1989/05
  • 梱包サイズ: 19.6 x 13.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,077,975位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?



2件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件中1 - 2件目のレビューを表示

殿堂入りNo1レビュアーVINEメンバー
2011年1月10日
形式: 単行本
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年7月20日
形式: 単行本