この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 238 (20%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 950
Kindle版
¥ 1,188
ハードカバー価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 238 (20%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
寂聴先生、ありがとう。 秘書の私が先生のそばで学ん... がカートに入りました
+ ¥247 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■中古品のため、多少の使用感(傷み、汚れ、日焼け等)がありますのでご了承下さい。またコンディションガイドラインに準じ、特に記載がなくとも書込みがある場合がございますので予めご了承下さい。■特典・付録・帯等は付いておりません。■やむを得ない事情により注文をキャンセルさせて頂く場合がございますので予めご了承下さい。■商品につきましてご不明な点がございましたらご注文前にお気兼ねなく問い合わせ下さい。 44701
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
8点すべてのイメージを見る

寂聴先生、ありがとう。 秘書の私が先生のそばで学んだこと、感じたこと 単行本 – 2019/6/7


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 1,188
¥ 1,188 ¥ 939

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 寂聴先生、ありがとう。 秘書の私が先生のそばで学んだこと、感じたこと
  • +
  • 命の限り、笑って生きたい
総額: ¥2,592
ポイントの合計: 25pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

もともと事務職を希望していた彼女は、ひょんなきっかけから瀬戸内寂聴の秘書に。
ともに過ごして8年がたった。
さまざまなことを学び、世界も広がった。そして、さらなる人生の転機も──。
「先生は私の道しるべです」と語る彼女が、寂聴先生と過ごした8年間のこと(おもしろエピソードも)、秘書としての仕事、初著書『おちゃめに100歳! 寂聴さん』を出版してからの変化や不安、そして自分の恋愛観までを(誰が興味ある?)、ありのままに描く最新エッセイ。


-------------------
先生は私に、いつも自信を与えてくれる。怒られることも多いし、先生にしたら見ていてイライラすることも多いと思う。でも見捨てずに私のことを見てくれている。
「まなほってほんまに先生のこと大好きなんやな。先生の話ばっかりやもん。そんな大好きな人のそばで働けるって幸せなことやな」と友人に言われた。祖父母や、両親と話すときも必ず先生の話題が出る。先生の話ばかりして、彼氏に嫉妬されるんじゃないかって心配になったり(彼氏いないけど)。私は先生が大好きで、大切なんだ。(本文より)


目次:
第一章 「不思議」な寂聴先生
●「おいしそうに食べるから悔しい」
●コーヒー一杯、5000円!
●30歳?31歳?の未知なる可能性
●忘れられない、先生の一言
●「大丈夫よ、まなほなら出来るから」
●私の晴れ姿を見に来てね
●「寂庵」の四季とスクワット

第二章 先生の「老い」に寄り添う
●時代は変わる。常にその最前線で
●「仏なんていない。神なんていない! 」
●先生がパワフルだったら、私は…
●「普通」の私が、絶対に負けないもの
●あなたの裸なんて見たってどうもないよ
●徳島で一瞬見えた幻影

第三章 「自分で決める」ということ
●一度きりの人生を悔いなく生きる
●「絶対投票に行きなさい」
●自分のことは自分で決める!
●願えば、そのうち叶うかなあ
●すべて思い通りに行くわけじゃない
●自分以外の人のために

第四章 先生からの最高の贈り物
●「書いて生きていく覚悟を決めなさい」
●書き続けることの苦しさ
●先生へ送った手紙
●思いがけない初めての返信

第五章 先生がいるから輝ける
●私のことを傷つけられるのは…
●「クビにしたりしないでね! 」
●先生と過ごすお正月
●ついに現れた運命の彼
●「まなほの声、大きくて困らない?」
●「いつまでもお元気で」

「先生へ。」――あとがきに代えて

内容(「BOOK」データベースより)

作家・瀬戸内寂聴と過ごして8年、先生への感謝の想い(笑いもあり)を綴る、書下ろし最新エッセイ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 216ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2019/6/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4023317934
  • ISBN-13: 978-4023317932
  • 発売日: 2019/6/7
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 11.3 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,298位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう