通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
容疑者Xの献身 (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

容疑者Xの献身 (文春文庫) 文庫 – 2008/8/5

5つ星のうち 4.2 649件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680
¥ 680 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 容疑者Xの献身 (文春文庫)
  • +
  • 砂糖の世界史 (岩波ジュニア新書)
総額: ¥1,587
ポイントの合計: 37pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

受賞歴

第134回(平成17年度下半期) 直木賞受賞

内容紹介

Winner of the 134th Naoki Award prize. Mystery romance. A high school teacher and a mathematics genius was an eccentric until he fell in love with a woman, and began to plot a perfect crime. The English translation is titled "The Devotion of Suspect X," translated by Alexander O. Smith, released 2/1/2011. The book is reviewed by Tom Nolan on the 1/28/2011 Wall Street Journal. In Japanese. Distributed by Tsai Fong Books, Inc.

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 394ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2008/8/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167110121
  • ISBN-13: 978-4167110123
  • 発売日: 2008/8/5
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 15.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 649件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,444位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
以下ネタバレ注意

石神の計画における決定的な欠陥とは、「自らに無償の献身を施してくれた人に、人殺しの罪を肩代わりさせて生きること」、それがどれ程の苦しみであるか、石神の想像があまりにも至らなかった点にある。

靖子は別に構わない。靖子は「人でなし」とも思える一面が物語中に散見した。こんな状況下にあって工藤に浮き足立ち、時に石神を自らの支配者として捉えた。妻が病の床に伏せている状況下で変わらず店へ通っていた工藤に対し一縷の憤りも見せない。だから、靖子は石神に生涯罪を肩代わりさせることになっても、それで生きていけるだけの精神的図太さがある(それだけのキャラ付けはされている)と私は踏んだ。

しかし、美里は違う。

作中の美里の描写の中で、彼女は常に石神を気にかけていた。それは一見、保身のように捉えることもできるが、それが単なる保身では決して無かったことを、読者は彼女の究極的な行為によって思い知る。工藤に靡く母への露骨な嫌悪感や、石神のことを語る数々のセリフに、石神への「純粋」な感情(恋愛感情ではない)が込められていた事実を思い知るのだ。

石神が捕まった後の美里への事情聴取は、作品中では描写されなかった。そこで美里がどれだけ苦しい思いをしたか想像すると胸が苦しくなる。美里も当初、これ程
...続きを読む ›
コメント 102人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
安定の読みやすさと斬新な内容、さすがです。
真犯人の愛情の深さに不覚にもうるっとしちゃいました(>_<)
色んな意味で切ない内容でした。
結末は賛否分かれそうな気もするけど、私はこれで良かったと思います。
その後の二人の関係と娘、彼氏はどうなったのか地味に気になっちゃいました^^;
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
数学者と物理学者、かつ、大学の友人同士の対決、面白い設定と高度なトリックとその結末でした。心寄せる女性とその娘との関係も切なく、最後まで引き込まれて一気に読み終えました。面白かったです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
殺されて当たり前の極悪人だったら、これに対する批判は違ったのかもしれないけれど、台詞もあり、読者に殺意をもたせるくらい目立つ人物に仕立てあげてしまうと、トリックに気づかれてしまうかもしれない。難しいところだけど、些細な悪事を行わせておくだけでも心証はずいぶん変わったんじゃないかと思う。
とはいえ、それを抜きにしてトリックには驚かされたし、すごくおもしろかった!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ちょっとしたことで、励まされたり、傷付いたり、落ち込んだり、言葉には力がある。 単なる愛じゃなく、生きる希望をくれたことへの代償(感謝)で、人生を棒に振ることすら厭わない。

人はパンのみに生きるに非ず。 世の中との繋がりというか、承認の欲求の充足とか、存在する意味が欲しい。 人を愛し、愛されることで、人は強くなれる。

他人の犠牲の上に、幸せない。 幸せは、自らが気付くもの。

男の色情は女に向かう。 女の色情はものに向かう(釈迦)。

恋愛に、論理的思考は馴染まないか。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
めちゃくちゃ面白い。映画より絶対原作!!
最後、物語の裏の裏を知った時泣きました。。本で泣くことがない私もこれは泣きました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
とても面白い作品でした。星1のレビューをつける方は一体どんな神経なのかわかりません。人それぞれ好きなジャンルはありますが星1のレビューをつけている人はただ単に批判をしたいだけなんだなと思います。逆にこの小説に星1レビューをつける方々の星5作品を教えてもらいたいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
東野圭吾の作品は何作か読んでいますが、容疑者Xの献身は、サスペンス性も叙情性も併せ持つ作品で読んで後悔させない一冊だと思います。
映画でもかなり泣かせられましたが、原作も良いです。
シナリオがかなり良く出来ていたので、映画を後から観てもそれ程イメージ違いでガッカリと云う事も無いと思います。
映像的に石神に原作通りの容姿の役者さんをキャスティングするのは難しいと思うので、そこ以外はほぼ原作に忠実な作りでした。
ガリレオシリーズではありますが、湯浅教授より完全に石神の愛の物語です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
日本語小説のデビュー作です。
母語が日本語ではないにも関わらず、人間として、残酷な現実に対しての無力さを感じずにはいられなかったです。
やはり、男同士だと、自分にも重なる部分があったり、「心から愛する人に必死に守ろらなぎゃ」という気持ちがよく伝わってきました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー