お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

容疑者Xの献身 ブルーレイディスク [Blu-ray]

5つ星のうち 4.1 27件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,035
価格: ¥ 5,597 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,438 (20%)
通常7~8日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 5,168より 中古品の出品:8¥ 2,280より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 容疑者Xの献身 ブルーレイディスク [Blu-ray]
  • +
  • 真夏の方程式 Blu-rayスペシャル・エディション
  • +
  • ガリレオφBlu-ray
総額: ¥11,922
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 福山雅治, 柴咲コウ, 堤 真一
  • 監督: 西谷 弘
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2009/03/18
  • 時間: 128 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 27件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001OF63WO
  • JAN: 4988013756441
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 45,266位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

●Blu-ray Disc特典映像:
セルDVDスペシャル・エディション特典映像ディスクと同内容。
特典映像ディスクはDVDになります。

■仕様:未定

天才物理学者 VS 天才数学者。

「ガリレオ」シリーズ
『容疑者Xの献身』が早くもDVDで登場!

★福山雅治、映画初主演! 大ヒットドラマから大ヒットムービーへ!
福山雅治4年半ぶりのドラマ主演として注目を集め、2007年オンエアされた
フジテレビ・月9ドラマ「ガリレオ」。最高視聴率24.7%を叩き出し、
ドラマ史に残る国民的大ヒットを記録した!そのドラマ放送から1年、
福山雅治、映画初主演で『容疑者Xの献身』としてスクリーンに登場し、
こちらも大ヒット!
★豪華俳優陣が勢揃い!
キャストには福山雅治、柴咲コウの物理学者と新人刑事のコンビはもちろん、
北村一輝、渡辺いっけい、真矢みき、品川祐のオリジナルメンバーに、
事件の鍵を握る美しき容疑者・花岡靖子役に松雪泰子、そして、湯川が
生涯で唯一天才と認める数学者・石神哲哉役に堤真一と、2008年度最高の
話題作に相応しい豪華な顔ぶれが勢揃いした!
★原作・東野圭吾×監督・西谷弘×脚本・福田靖! 音楽もスペシャル!
原作は大ベストセラー作家・東野圭吾の最高傑作にして直木賞受賞の
「ガリレオ」シリーズ『容疑者Xの献身』。大ベストセラーシリーズだ!監督は「白い巨塔」
そして「ガリレオ」を手がけた西谷弘。脚本は「海猿」「HERO」「CHANGE」
の福田靖。また、主題歌には福山&柴咲のスペシャルユニット「KOH+」が
オリジナル主題歌「最愛」を提供、と非常に豪華なスタッフが揃った!
★劇場大ヒット!
4週に渡って興行収入No.1を記録するなど、ドラマに引き続き国民的大ヒットとなった!

CAST & STAFF

福山雅治 柴咲コウ 北村一輝・松雪泰子/堤 真一

ダンカン 長塚圭史 金澤美穂 益岡 徹 林 泰文 渡辺いっけい 品川 祐 真矢みき

原作 東野圭吾(文藝春秋刊) 主題歌 「最愛」 KOH+(ユニバーサル ミュージック)
製作 亀山千広 企画 大多 亮 脚本 福田 靖 音楽 福山雅治 菅野祐悟 監督 西谷 弘

エグゼクティブプロデューサー:清水賢治 畠中達郎 細野善朗 プロデュース 鈴木吉弘 臼井裕詞 プロデューサー 牧野 正 和田倉和利 プロデューサー補 大西洋志 菊地裕幸
撮影 山本英夫 照明 小野 晃 美術 部谷京子 整音 瀬川徹夫 録音 藤丸和徳 編集 山本正明 スクリプター 藤島理恵 監督補 池上純哉 選曲 藤村義孝 音響効果 大河原 将 装飾 田中 宏 助監督 村上秀晃 製作担当 千綿英久
製作 フジテレビジョン アミューズ S・D・P FNS27社 制作プロダクション シネバ

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

東野圭吾の直木賞受賞作を、福山雅治と柴咲コウ共演で映画化。貝塚北警察署の刑事・内海から殺人事件の相談を受けた湯川学は、かつての親友である天才数学者・石神哲哉が事件に深く関わっているのではと疑念を抱き…。共演は堤真一と松雪泰子。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
映画館で見ていて、すごく楽しく観れました。
発売されて、すぐに購入しました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
本作の見所は、福山演じる数学者・湯川と、堤演じる物理学者・石神との頭脳バトルなのだが、肝心の理科系志向が薄く、最終的にはやっぱり「色恋沙汰」かい!みたいな話になってしまったのが残念だった。もちろん原作がある以上、オリジナル脚本にすることは難しいのだけれど、火花散る数学的対決っていう緊迫感が欲しかったかな、と思う。そうでないと、湯川としての見せ場もなくなってしまう。実際、湯川は数学者なのか刑事なのかがハッキリしなかった感じだった。雪山のシーンもあまり重要じゃなかったし。また、柴咲コウという上手い女優を起用しているのに、福山以上に見せ場がなかったのもどうかと思う。たとえば「チーム・バチスタ」シリーズの竹内結子が、頼りなさを前面に出して印象的なキャラにしていたのと比べると、演出上の工夫も足りなかったのでは。特典ディスクもメイキングというよりかはインタビューが中心で、もう少し充実させてほしかった。舞台挨拶などもほとんど入っていないし。これでこの値段というのはちょっと高いかな(笑)。
1 コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
【画質】
映像はそこそこ綺麗です。
フィルムグレインは細かい粒状感のあるものが適度に点在している。
暗いシーンでは少し強く出ますが、うるさいという訳でもありません。
かと言ってフィルムライクな質感かと言われると、全体の映像の質感もあり違う。
どちらかと言うとTVドラマ的な映像にグレインが乗った感じです。
シャープさは少し物足りないか。
アップのシーンの描写や輪郭は綺麗なのですが、引きになるとどうしても甘くなる。
映像のメリハリが控えめで大人しいのも相俟って、少し眠たさを感じる映像です。
所謂、邦画にありがちな映像と言えば伝わり易いでしょうか。
黒の諧調表現はよく暗部シーンでもグレインが強く乗る意外は見やすい。
雪山のシーンなど映像がゴチャゴチャするシーンでも破綻する事もなく良好。
他のBD作品と比べるとそこそこ綺麗な部類に入ると思います。
邦画的な映像とは言いましたが、その中では頑張っている。
どうしても洋画と比べると劣ってしまいますが、撮影やマスターの問題ですので仕方ないか。
ある程度は満足できる画質になっているはずです。
【音質】
音は中々。
重低音は鳴りが控えめながら、しっかりと厚みを感じる音。
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
直木賞受賞作の同名小説を映画化。フジテレビで月9ドラマとしても放送されている。ドラマが短編モノだったのに対し、こちらは長編作で128分をフルに使い、ほぼ原作通りの進行になっている。

映画化決定後、出演者を知ったとき、石神(数学者)役に堤真一と聞いて正直それはないだろうとミスキャストになることを想像していた。どうみても堤真一は男前だ。髪が薄く、影のある役どころに向いていないと期待しなかった。

しかしだ。実際にスクリーンで観て息を呑んだ。自分の想像力のレベルに愕然ともしたが、東野圭吾が作りたかった人物像がしっかりと堤真一に表現されていたのだ。

原作は素晴らしく、映画化されたときの劣化が心配されたが、私は映画の方がより石神に感情移入できた(映画と小説を比べるのは間違いだが)福山演じる湯川が石神に対しては感情的になり、苦労する姿を見せているが、これを相手役の石神が力量不足では茶番になってしまう。クールなだけのドラマの印象と違うところはプラスに働いているようだ。

警察側の演出にやや難が見られるように思われるが、これは石神を軸にしている作品なので、無駄な配慮が無い分、観ている側に親切ともいえる。ドラマ版では柴咲と福山が突出しすぎていて(月9だし当然)ラストの久米宏とのやりとりは、くだらないとさえ思ったが。<
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
いろいろな人に勧められたり、話には聞いていたものの、なかなか手をつけていなかった映画。

非常に面白かった。

ドラマの映画版というと「そんなん2時間特番と何が違うんじゃ」と思いがちだが、この映画はその枠を超え、ちゃんとドラマとは違って、登場人物の描き方から、物語のスケールまで「映画」という名に十分耐えうる形に仕上がっている。

福山雅治演じる湯川先生のかっこよさはさることながら、堤真一の演技も秀逸。堤真一の演技力は、唐沢敏明のそれに似ている印象を受ける。

これを期に、ドラマにもハマって年末から正月にかけて、10話一気に見た。
ドラマ版の方が、キャラクターが強調されている印象を受けたが、それはそれで面白い。かといって、映画では、ドラマで培われたキャラクター性を殺しすぎているわけでもなく、ドラマを見て映画館に来たファンを裏切らなかったはずだ。
自分はこちらを先に見てしまったが、それでもドラマの映画化にありがちな「ドラマを見てないとおいてけぼりにされる」というようなことはない。
このバランスは絶妙だった。
あえてタイトルに「ガリレオ」と入れなかったのは、その意味でも正解だったと思う。

ドラマでも映画でもそうだったが、この作品は平均してサスペンス
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー