容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DV... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品によってはわずかな汚れやキズがある場合がございます。(管理ラベルは簡単に取れます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,840
通常配送無料 詳細
発売元: Guts!
カートに入れる
¥ 2,840
通常配送無料 詳細
発売元: 株式会社高木屋
カートに入れる
¥ 3,053
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.0 128件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 2,840 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,150 (29%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Angelarmeが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:17¥ 2,489より 中古品の出品:26¥ 491より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • 真夏の方程式 DVDスペシャル・エディション
  • +
  • ガリレオφ [DVD]
総額: ¥6,327
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 福山雅治, 柴咲コウ, 堤 真一
  • 監督: 西谷 弘
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2009/03/18
  • 時間: 128 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 128件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001OF63WE
  • JAN: 4988013756243
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 5,400位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

天才物理学者 VS 天才数学者。
「ガリレオ」シリーズ最新作、早くもDVDで登場!

★福山雅治、映画初主演!大ヒットト゛ラマからスクリーンへ!★
福山雅治4年半ぶりのト゛ラマ主演として注目を集め、2007年オンエアされたフシ゛テレヒ゛・月9ト゛ラマ「カ゛リレオ」。最
高視聴率24.7%を叩き出し、ト゛ラマ史に残る国民的大ヒットを記録した!そのト゛ラマ放送から1年、福山雅治
、映画初主演で『容疑者Xの献身』としてスクリーンに登場し、早くもDVD化決定!

★豪華俳優陣が勢揃い!★
キャストには福山雅治、柴咲コウの物理学者と新人刑事のコンヒ゛はもちろん、北村一輝、渡辺いっけい、真矢
みき、品川祐のオリシ゛ナルメンハ゛ーに、事件の鍵を握る美しき容疑者・花岡靖子役に松雪泰子、そして、湯
川が生涯で唯一天才と認める数学者・石神哲哉役に堤真一と、2008年度最高の話題作に相応しい豪華
な顔ぶれが勢揃いした!

[内容解説]
★原作・東野圭吾×監督・西谷弘×脚本・福田靖!音楽もスヘ゜シャル!★
原作は大ヘ゛ストセラー作家・東野圭吾の最高傑作にして直木賞受賞の「カ゛リレオ」シリース゛最新作『容疑者Xの献
身』。シリース゛累計454万部突破(08年8月末日現在)の大ヘ゛ストセラーシリース゛だ!監督は「白い巨塔」そして
「カ゛リレオ」を手がけた西谷弘。脚本は「海猿」「HERO」「CHANGE」の福田靖。また、主題歌には福山&
柴咲のスヘ゜シャルユニット「KOH+」がオリシ゛ナル主題歌「最愛」を提供、と非常に豪華なスタッフが揃った!

★劇場大ヒット!★
劇場は大ヒット!動員?万人、興収?億突破!4週に渡って興行収入No.1を記録するなどト゛ラマに引き続き国
民的大ヒットとなった!

[特殊内容/特典]
【特典映像内容】:
●カ゛リレオ関連作品情報

【仕様】:ヒ゜クチャーテ゛ィスク

(C)2008 フジテレビジョン アミューズ S・D・P FNS27社

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

東野圭吾の直木賞受賞作を、福山雅治と柴咲コウ共演で映画化。貝塚北警察署の刑事・内海から殺人事件の相談を受けた湯川学は、かつての親友である天才数学者・石神哲哉が事件に深く関わっているのではと疑念を抱き…。共演は堤真一と松雪泰子。通常版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

原作を数年前読んだので、映画化の話が決定してからずっと石神役を誰がするのかが興味の対象でした。結果、堤真一さんで、『う〜ん。だいぶ違うなー』と最初は思ったけども、そもそも原作との違いを高慢にも捜すための映画化ではないし、映像にできない何かが本にはあり、それがデジタルなこの世界で古い媒体の本が存在できる理由でもあるので、と思い作品を見ました。試写会で堤さんは原作の石神のイメージと自分との違いには違和感はあったといっていましたし、なんと謙虚な俳優だなと思いました。結果、この作品を映画として存在させ、原作を読んだ私がのめりこめたのは、堤さんの石神なのは確かでした。

母子を自分が守っているという幸福感にわずかに浸っているときの微細な心模様と笑顔、湯川との容姿の違いに失望を強くしたり、生きているという実感をこちらに強く伝わり、完璧なほど石神のイメージを良い意味で私有化する堤真一という役者の芸の深さに感銘しました。原作を読んでいても、そうでなくても、オリジナルなプロットやシーンもあるので、この作品は堤真一に注目です。特に原作を読んだことのある方は最後の一文を、堤真一さんがどのように演じるのか興味がわくのではないでしょうか。
コメント 105人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/1/22
地味に話が進行しますので、TVドラマしか知らない方は、反対に、違和感があるかもしれません。靖子の意識の変遷や、湯川のどこか苦悩に喘いでいるような姿は、謎解きと言うより心理サスペンスの趣さえありますから。
ただ、石神がいかに凄まじい論理的思考の持ち主かは、原作では出勤途中でホームレスを観察する冒頭数ページの中で強烈に表現されていますが、モノローグをあえて入れなかったようで、ちょっとわかりにくい。机上で難問を解くとかではなく、もっと日常的なところで凡人との違いを見せつけるような演出が欲しかった。勿論、ラストに至るトリックそのものは、天才らしい周到なものですが...。

キャストが発表された時から、石神役を堤真一というのはハンサムすぎだろって思ったけれど、背中を丸め節目がちに、とぼとぼと歩く姿、おどおどしたようなしゃべり方を観てその思いは払拭されました。
何の得もないのにリスクを犯し、母子を救おうとするさえない中年男にして天才的数学者になり切った抑えた演技。そして、ラストの慟哭シーンと、役者魂炸裂ですね。
松雪泰子も「フラガール」のやさぐれたダンサー、「デトロイト・メタル・シティ」のぶっ飛びパンクな芸能プロ社長とは別人のように、薄幸そうな中年女の原作イメージ通り。
福山雅治は、相変わらずカッコいいですし、柴咲こうは、原作とガリレ
...続きを読む ›
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 原作は読んでいませんし、ドラマ「ガリレオ」も観たことがありませんが・・・面白かったです!
冒頭にて物語の核となる部分や事件を起こした犯人はすぐさま分かるので、あとはそれを主人公である
福山雅治や柴咲コウがどう追い詰めて解決していくのか?という流れだろうなと高をくくっていると・・・
最後の最後でそうきたか!と(良い意味で)思いっきり裏切られます。
まあこの部分に関しては、原作を読んでいないからこそ驚きが大きかったと思いますので、読んだ方に
してみれば(何処が?)となるかもしれませんが、その辺はご了承を!(笑)

あとは福山ファンには悪いですが、私的にはこの作品をここまでの傑作に仕上げたのは堤真一さんと松雪泰子
の演技だと思います。
特に堤さん演じる天才数学者・石神哲哉役の演技と言ったらもう、これが三丁目で鈴木オートの社長を演じた
人と同一人物かというほどキャラが立ってます。(まあ俳優さんだから当たり前と言えば当たり前なんですけどね/笑)
好きな俳優さんということもあるのですが、この堤さんの演技を観るだけでもこの映画は観る価値ありかなと。

最後も決してハッピーエンドではないが(むしろ非常に切ない)一見の価値ある良質なサスペンス映画です。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
個人的にテレビドラマを映画化することは嫌い。何故映画化するのかがわからないからだ。予算をかけても、結局お金が使われるのはセットや撮影場所で、脚本自体は中身がスカスカ。テレビドラマを映画化した作品は、どれもお金をかけただけの駄作作品ばかりだ。そして本作「容疑者Xの献身」は福山雅治と柴崎コウ出演の人気ドラマ「ガリレオ」の映画化作品。本作に限っては、テレビドラマを映画化した作品として成功した類に入るだろう。

物語は、顔を潰され、手足を焼かれた男性の死体が発見された。この不思議な事件に女性刑事と天才物理学者が挑む・・というもの。本作の脚本はとにかく良く出来ている。作り手は“テレビドラマを映画化する”というよりも“人気の小説を映画化する”という考えで本作を作ったらしい。その考えは見事だったと言いたい。下手にお金をかけ、ただテレビドラマの延長線上の作品にしたのではなく、小説を大事にしてなおかつテレビドラマの雰囲気を壊さずに物語を作り上げているのだ。

堤真一が演じる天才数学者の石神も、見ていて実に切なくなる。堤真一の演技が本作最後まで引っ張っているといっても過言ではない。もちろん福山雅治や柴崎コウも頑張っているが、本作で一番いい演技を見せてくれたのはやはり堤真一だろう。

テレビドラマを映画化するのであれば、ただお金をかけるだけでは
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー