通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
家霊 (280円文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

家霊 (280円文庫) 文庫 – 2011/4/15

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 288
¥ 288 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 家霊 (280円文庫)
  • +
  • 老妓抄 (新潮文庫)
総額: ¥784
ポイントの合計: 19pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

夜な夜などじょう汁をせがみにやってくる不遇の老 彫金師と、どじょう屋の先代女将の秘められた情念 を描いた表題作「家霊」、自らの力で財を築き、齢 を重ねてなお生命力 に溢れる老妓が、出入りの電気 器具屋の青年に目をかけ、好きな発明を続けさせよ うとする「老妓抄」、鮨を食べることで母との思い 出に浸る鮨屋の常連・湊の一時の交流を通して人の 世の姿を描き出す「鮨」など、人間の生命力と業が あぶり出される名短 篇四篇を収録。

出版社からのコメント

280円で名作を読もう。 生きとし生けるものすべてに愛情を注いでいた人だったのだ、と小説を読めば読むほど思う。--東直子(歌人・作家)


登録情報

  • 文庫: 128ページ
  • 出版社: 角川春樹事務所 (2011/4/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 475843543X
  • ISBN-13: 978-4758435437
  • 発売日: 2011/4/15
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 308,441位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
今までに一度も読んだことのない、岡本かの子氏の短編集を読もうと思ったのは、友人が誘ってくれた近所のブックカフェでの読書会の課題図書だったからです。読書会には若い学生さんから、すっかり白髪の男女まで、あらゆる世代の方々が集まり、色んな評論からの抜粋も含め色々勉強されているかたもおられ、よい刺激をもらえる読書会でした。でも私はそこまでこの著者を語れるほど作品を読んで射るわけではないので、作品を読んだ感想のみを書きます。
まず、短編小説にはこうあって欲しいと思う、鑑のような、スキのないコトバのえらび、はこび、とても緊張感のある、無駄なコトバは1つもないのではないかと思えるような簡潔さ、それでいて、読んだあとにずしんと来る生命の強さへの感じが、とても気持ちよかったです。
とくに、本のタイトルになっている、「家霊」は、考えるところが多かったです。なんか、「家霊」と言う言葉と、ドジョウをねだりにくるじいちゃんのイメージをあわせていくと、「家守(ヤモリ)」を彷彿してしまう。やせこけて、決して見た目に良いとは言えず、今となってはお店にとってはゴクツブシ以外の何者でもないはずなのに、それでいて、お店がどんなに火の車になっても、このじいちゃんに1日1杯のドジョウを恵んでやれる甲斐性が残っていられるうちは、この店は安泰だとすら思えてくるから不思議でした。
第二次世界大戦前に書かれたとは、思えないくらい読むものに新鮮なイメージとメッセージをおくってくれる作品集でした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sirou55 トップ1000レビュアー 投稿日 2014/8/22
形式: 文庫
不意にできた時間つぶしに買った本。著者の人物については予備知識はいくらかあったが、作品を読んだことなかったので手にとった。価格も魅力的だった。載っているのは4つの短編だが、巻末の略年譜を見ると、亡くなる直前に発表された作品ばかりで、「娘」「鮨」「家霊」は3回目の脳溢血で倒れた後に発表されている。そのせいか、文体がしっかりしている割に元気がない印象を受けるのは気のせいだろうか。ちなみに脳溢血で倒れる1ヶ月前に発表した「老妓抄」は芥川賞候補に選ばれた。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 著者は、1889年生誕、夫は、一平そして、息子は、太郎です。収録作は、老妓抄、鮨、家霊、娘の4作です。
 老妓抄は、小金持ちの独身の平出が主人公です。養女が1人いますが、自分自身若い時に身も心も捧げてある事に集中したかつたができなかった、それが遠因に成っているのかどうか、、野心のある若い柚木を援助します。柚木は、それが負担になり、何度も遁走しますが、その都度連れ戻され・・・
 鮨は、店の常連である年配の湊と、ひそかに彼に好意を寄せる福ずしの看板娘、ともよの物語です。ある日買い物の帰り、湊に偶然出くわし、湊さんは、お寿司が好きですねと云う話になります。彼は、実は、小さい頃拒食症で何も食べられなかったが、母親が、目の前でお寿司をにぎつてくれて、それでやっと食事が出来るようになった。今では、歳をとり母親が懐かしくなり、それで鮨まで懐かしくなるんだよと教えてくれます。しかし、それ以来彼は店に来なくり・・  家霊は、老いぼれた彫金師、彼は、昔泥鰌店のおかみの境遇に同情し密かに心を寄せていました。おかみは、どじょう汁のお代の代わりに、彼の作品を貰いそれを宝にしていました。そのおかみは、病気で娘に帳場を譲り、年老いて落ちぶれた彫金師が娘にどじょう汁をせがみに来ます・・・
 どの作品も女の情念が強く出ていて、どこかかの子の生活、人生を彷彿させる物があります。かの子の
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
読み終わっても、ふとした瞬間に作中のシーンが蘇ってくる。
優れた作品を読んだときに体験できることを、本作で得られる方も多いのではないでしょうか。
自らの力で糧を得ることができなくなった老人のために、娘が深夜つくる「どじょう汁」の一手間。繊細で偏食気味の子供のために母がつくる「鮨」の一手間。誰かのためにつくる食のうれしさ、美味しさ。それが身体だけではなく心の栄養になってゆくこまやかな描写。
研ぎ澄まされた文体から香りたつ愛情、ひそやかなエロティシズム。
…とても子供だった岡本太郎氏を柱に縛り付けて書いていたとは思えない作品群です(笑)。(いやこの作品を書いていた時とは限らないか…。)

「どじょう汁」が妙に食べたくなりました。個人的には子供時代、その見た目から苦手としていたのに、再チャレンジしたくなる。「鮨」の子供が母親のつくる鮨に食の喜びを見出してゆく過程に重ね合わせ、ある種の感慨が沸き起こります。

わずかなお金でとても幸福な時間が過ごせるとすれば、迷う必要はないと思います。とてもちいさな宝石のような短編集です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック