通常配送無料 詳細
通常8~13日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 大力books
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付。状態概ね良好です。大きなダメージございませんが古本のため少々中古感ございます。ご注文前に発送先ご確認お願いいたします。(番地・部屋番号など)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

家賃を2割下げる方法 単行本 – 2013/6/22

5つ星のうち 4.2 17件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2013/6/22
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 821

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 家賃を2割下げる方法
  • +
  • 家を借りたくなったら
  • +
  • 事故物件サイト・大島てるの絶対に借りてはいけない物件
総額: ¥4,212
ポイントの合計: 128pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

家賃は、下がらない―。もし、あなたがそう思っているとしたら、不動産業界の巧妙な情報操作に、まんまとはめられていると言うしかない。だれも教えてくれないかもしれないが、現実に、家賃は下がっている。そして、今後も家賃は下がり続けるだろう。少しうまく立ち回るだけで、家計最大の出費である家賃負担は大きく軽減でき、結果的に、その分だけ、あなたの可処分所得は増えるはずである。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

日向/咲嗣
1959年、愛媛県生まれ。大学卒業後、新聞社・編集プロダクションを経て、フリーライターに。サラリーマンの「転職」「独立」「副業」「失業」問題などを中心に、生活者の声をすくいあげる執筆活動を行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 三五館 (2013/6/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883205886
  • ISBN-13: 978-4883205882
  • 発売日: 2013/6/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 27,471位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
本の通りに交渉した結果、更新料が半額に家賃管理費が一割弱ほど下がりました。今まで思い込みで家賃の交渉など出来ないと思っていたので、目から鱗でした。書籍代は十分に回収出来ました。フツーの人が出来る事を書いているので、誰でも活用できます。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
貸し事務所の賃料は下がり続けているのに
賃貸は下がらないのが当たり前と思っているのがまず間違いであること。

更新事に値下げ交渉を行うことの重要性。
そして、大家は偉い存在ではない事。
こういった事など、勉強になりますね。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
一般消費者寄りではあるが、普通のことが書いてあります。他のレビューや見出しのキャッチーほど過激ではありません。
この内容で大家や不動産屋が怒るとは思えません。よっぽど悪徳な大家や不動産屋は別ですが・・・。
自分の頭の整理には丁度良い本でした。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
個人の大家さんや、小規模の管理会社が相手であればコノ手は通じると思いますが
私の住んでいるマンションは大手の大東建託ですから、それなりの対応もしてくると思いますし
なかなか難しいのかな?とは感じます。

本には調停の先は書かれておらず、つまり、調停がダメなら退去するか我慢するしか無いということです。
でも、やる気があるのなら何度も管理会社に相談してみたり
調停の先、つまり裁判も視野に入れてみても良いとは思います。

また、本に書かれている通りにやってみて家賃が下がるのなら儲けものですし
無駄な出費を抑えるためにも、まずは何らかの行動をしてみるべきだと気付かされました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
タイトルのとおりです。

1年で60,000円節約できたので、
大変コストパフォーマンスの良い本です。

また、著者はわかりにくいことをわかりやすく
文章化する能力が高いと感じます。

著者の他の本や記事を今後追っていきたい。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ライターが書き飛ばした、いい加減なノウハウ本かと思ったら、不動産にまつわる実用知識が身につく結構真面目な入門書みたいな内容だった。不動産業界の関係者なら誰でも知っている話なんだろうけど、一般人にとっては、「へぇー、そうなんだ」と感じるネタの連続。大家さんや不動産業者にとっては、ここまで不動産業界の内情を書かれたら困るだろうね。特に、この本のノウハウを実践されて、貴重な収益源の更新料もらえなくなるDTKみたいなサブリースにとっては死活問題。★ひとつにして、こきおろすレビューが殺到するはず。原発と同じで、利権ていうのは、情報をいかに出させないようにするかが肝なんだから。
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
この本に書いてあるとおりにした所、本当に家賃が下がりました!!!
下がり幅は当初期待していたほどではありませんでしたが、勇気を出して交渉してみて本当に良かったと思います。

賃貸にお住まいの方で、更新を控えている方はぜひご一読を。
読んで実行する価値のある本です。

安くなった貯蓄分、ローンを減らすぞ~!
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「自分の住んでいるマンション(あるいはアパート)のほかの部屋の家賃を知っていますか?」、これだけでも充分価値のあるアドバイスだと思います。著者の言うように、たしかに、何も自分だけ高い家賃を払う必要はありません。実際、家賃は下がります。「△△△号室でお世話になっている□□です。今、募集中の○○○号室、家賃80,000円で募集かけてますよね?自分は今、同じマンションに住んでいて、100,000円払っていますが、80,000円に下げていただけないか、大家さんに交渉してもらえますか。私もできれば引き続きお世話になりたいと思っているんですが、仮に家賃を下げてもらえない場合、不本意ではありますが、引越しを検討します。」本書に関するレビューで星一つにしている方は間違いなく貸す側の人間ですね。貸す側にとっては最悪の本です。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
近年の家賃崩壊の現状をレポートした上で、家賃削減のために行いうる具体策を提示した本です。「不動産業界の利害関係者でない」ことを強みに、消費者(借家人・買主)の経済的利益を徹底的に追求する立場から書かれています。題名は「家賃を2割下げる方法」ですが、本文では「半額」にまで下げることを究極目標にしています。

プロローグ・第1章は、2008年以降の家賃崩壊のレポートで、まとめると以下のような感じになります―――長らく日本では、「家賃は下がらないものだ」「家賃は家計のそれなりの部分を占めて当然だ」といった固定観念が強く存在していた。バブル崩壊後も、オフィス賃料は地価と並行するように下落する一方、住宅賃料はほとんど下落しなかった。ところが、2008年のリーマンショック、2009年以降の人口減少、2011年の東日本大震災により、家賃の相場がついに崩壊した。2008−2013年3月の東京23区のマンション平均家賃は2.9万円も下がっており、下落率でみると24%にのぼる。都内の平均家賃は10万円を割り込み、東京23区以外の全ての中央都市で、普通のワンルームは管理費込みで1万円台に突入している。礼金は消滅しつつあり、敷金なしも増加している。2015年以降は世帯数も減少に転じる見込みのため、賃料下落はいっそう進行する。住宅は車やPCと同様に〈コモディティ化〉し、家主同士の競争は激
...続きを読む ›
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す