Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 650
Kindle Unlimitedのロゴ
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[羽太雄平]の家老脱藩・与一郎シリーズ参
Kindle App Ad

家老脱藩・与一郎シリーズ参 Kindle版

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 650

最大8.5%ポイントアップキャンペーンに事前エントリー
2018/5/31 18時からポイントアップキャンペーン実施 Amazonのすべての商品が最大で8.5%のポイントアップ。タイムセール商品も対象。(一部除く) 事前エントリーする

商品の説明

内容紹介

掴みかかるように近づいて来る男におびえ、追いぬく大八車が起こすわずかな風にも身構えてしまう。そうした榎戸与一郎を悩ませる症状は酒毒によるものだった。藩主石見守の側室になった姉七重が亡くなり、弟弥三郎は他家の養子となり、隠居した父弥次郎衛門は病床に伏す、という鬱々とした日々を過ごすには酒が必要だったのだ。藩命をおびて江戸むかった与一郎は、藩主のあたらしい側室候補者への面会時に酔態を演じて随陽院の不興を買い、敵討ちとしてもつけ狙われてしまうが、榎戸家に反感をもつ伊勢党との藩内抗争が激化。襲撃をからくも脱した奥山左十郎は、与一郎を裏長屋に担ぎ込んでアルコール依存症治療をかねて潜伏する。暗躍する伊勢党は、看病に協力していた側室候補者の加寿江に魔手をのばし、おなじころ山かがしの以蔵も行方不明。加寿江を護衛していた公儀御庭番とともに捜索がはじまるが、御庭番支配の村垣淡路守は「神君お墨付き」の情報漏洩を捜索協力の交換条件とする。それを断っての伊勢党追跡は、奥羽道中から壬生道へとつづき、国許に接した山間の村に逃れた与一郎に、上意討ちの討手が差しむけられるのだった。好評与一郎シリーズ第3弾

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 782 KB
  • 紙の本の長さ: 367 ページ
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01M5I44O6
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 24,817位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2017年1月15日
形式: Kindle版
click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク