通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
家系図カッター (角川文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし。カバー、本体に若干の使用感はありますが、その他は書き込みなどはなく、中古品としては、おおむね問題のない状態です。しおり同封の上、丁寧に梱包してお送りします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

家系図カッター (角川文庫) 文庫 – 2016/4/23

5つ星のうち 4.9 12件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 295
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 778 ¥ 29
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 家系図カッター (角川文庫)
  • +
  • 書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫)
総額: ¥1,333
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

4歳まで難聴を気づかれないほどの崩壊家庭。大人を欺き世の名を冷めた目で見ていた増田少年がつかんだ小さな小さな光。現在はカワイイ文化の発信者として世界的活動を続ける著者が、破滅的半生を赤裸々に明かす!

内容(「BOOK」データベースより)

料理もせず子育てに無関心の母。秘密裏に離婚届を出し愛人と出来ちゃった再婚した父。常に情緒不安定な妹。凄絶な家庭に育ち荒れていた青年の心は、寺山修司との出会いで一変する。演劇の世界に身を投じた彼は、“自分の表現”の実現を目指し原宿に小さな店を開く。それが世界に衝撃を与える一歩とも知らずに。いまやカワイイ文化の発信者として世界的活躍の著者が、どん底から光を見つける青春時代。成功前夜の衝撃エッセイ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 308ページ
  • 出版社: KADOKAWA/角川書店 (2016/4/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041032369
  • ISBN-13: 978-4041032367
  • 発売日: 2016/4/23
  • 梱包サイズ: 15 x 10.4 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 175,505位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本書は、執筆当時コンセプトショップ「6%DOKIDOKI」のオーナーであった増田氏の自伝的な本です。

増田氏は、精神的なバランスを崩した母や妹、それを見て見ぬ降りをする父という壊滅的な環境から逃れるため、家を出ました。その後、飴屋法水主催の劇団スタッフなどの現代美術の場を経て、原宿に「6%DOKIDOKI」を開設するに至ります。

このレビューを書いている2016年では、増田氏は現代アーティストとして名を知られるようになっていますが、「6%DOKIDOKI」以前の劇団での活動が、その下支えとなっていたことに気づかされました。

また、増田氏が壊滅的な家庭環境から抜け出ることができていますが、その理由は原宿や劇団といった場を自ら見つけ、そこに身を置いたことにあると思います。

どのような状況であっても、適切な場を自分で選択することにより運命を切り開くことができるのではないかと感じました。

読みやすい文体と人生に対する増田氏の真摯な姿勢へ敬意を払い、星5つです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
滅茶苦茶な家庭で育ち、深い傷を負ったがために、世代連鎖を繰り返さないために自分は子供を持たない、と早い時期に決心したという著者は、独自の行動力によって、さまざまな試行錯誤を繰り返し、独自の表現者・プロデューサーとして、自己を確立してきました。
きっかけは、寺山修司の『書を捨てよ、街に出よう』を読んだことだったそうです。
ダメな家に生まれ育ってしまったなら、早めにその家を見切って、自分なりの行動を起こしていくことが、生まれた家に足をからめとられないでオトナになるためのベストな方法なんだな、ということを、学ばされたように感じました。
私は、ダメな家に生まれ育って、世代連鎖を立つために子供は持つまい、と思ったところまでは同じだったけれど、親の顔色をうかがって、行動を起こせなかったがために、成熟が遅れてしまったクチなのです。
著者の行動力に、感動させられたと同時に、『カラフルというのは心に闇をかかえた子たちの武器であり、カラフルに装うのは、色のない戦争やテロや不況などのイメージに抵抗する無血革命なんだ』という著者の分析・主張には、なるほど、と心から納得しました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
増田セバスチャン自身の人生を語っているのだけど、
すごい客観的で、つい小説みたいに読んでしまう。
特に、第6章あたりからのカオス感がすごい。
どんどん巻き込まれて、パパパパパッと目の前が
切り替わって行くような、全ての点が線になるような。
自伝の域を超えてるんだけど、彼の頭に見えたそのものを
文字にしているようで、逆にリアル。
そのスピード感にビックリした。

寺山修司、ハナタラシ、イエロー、マニアックラブ、
self23、飴屋法水、マイリトルポニー、
栄養失調の勃起、アナウンサー、髭、6%DOKIDOKI…
原宿文化史、90年代サブカル文化史としても当事者の
貴重な話が多いのが嬉しい。

「子供は作らない」文字が目立つ帯はもったいないかも。
そのままの意味じゃない、予想を超えた結論に、ついほろっと来た。

一読の価値有り。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 chiharunrun 投稿日 2011/3/2
形式: 単行本
えーーーーーっ!て感じ。
これはちょっと凄い本...!

たまたま近所の本屋さんで平積みしてあったのが気になって、結局amazonで購入。笑
読み終わって調べたら、有名な方だったんですね。

とにかく映画を見てるみたいに一気読みしました!水も飲まなかったんじゃないかなってくらい。

自伝っていうか、自伝っていうのは信じられないくらいいろんなことが起こる、起こる...笑。
まさに「事実は小説より奇なり」。

でも確かに、
読んでる間は、常に切羽つまったギリギリの感覚で一緒に「ひろし」君の人生を体験してる感じ。
小説よりリアリティはあるかも。この人、感情移入させる文章がうまいんじゃないかなぁ。
このドキドキ感はちょっと新しいと思う。

私はけっこう幸せな道のりを歩いてきたので、でも気になってたんですよ。
最近の、同じ人間のやることとは到底考えられない悲惨なニュース。
身近なところでは、「普通」だと思っていた人の、自殺や、リストカットや、そういう精神的な闇。
私なんかが言うのはおこがましいかも知れないけど、ちょっとだけリアルに理解できた気がしました。
私だったらおそらく立ち向かえないような悲
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー