この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

家族連鎖のセラピー―ゲシュタルト療法の視点から 単行本 – 2012/7

5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2012/7
"もう一度試してください。"
¥ 20,290 ¥ 6,000
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

個人で解決できない問題の背後に隠されている「秘密」とは?「今―ここ」の自分に気づくことで身心を統合するゲシュタルト療法の視点から、世代間に伝達される“愛情のもつれ”(=家族連鎖)を解きほぐす技法について、わかりやすく解説。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

百武/正嗣
1945年、新潟生まれ。中央大学理工学部卒。1979年、カリフォルニア州立大学大学院心理学科卒。帰国後、(財)神奈川県予防医学協会で健康教育にヨーガ、心理学を取り入れる。現在、日本ゲシュタルト療法学会理事長。NPO法人ゲシュタルトネットワークジャパン(GNJ)理事長。日本フェルデンクライス協会理事。東京理科大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 218ページ
  • 出版社: 春秋社 (2012/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4393360613
  • ISBN-13: 978-4393360613
  • 発売日: 2012/07
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 269,534位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 megzo 投稿日 2013/6/10
Amazonで購入
NLPを勉強しているので、気付きのセラピーとあわせて読みました。
すごくやさしくて読みやすい本です。
身体の内部で起こるどんな出来事もちゃんと受け止めてくれるような感じで
本を読んでいるだけでセラピーを受けているような感覚になりました
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
家族って何だろう?と、数々の本を読みました。今は、江戸時代や明治民法の家制度を彷彿とさせる「○○家」などというものは、冠婚葬祭以外、滅多に見ません。「○○家の家風」とか、言うようなものはほとんど死語です。いま一緒に住んでいる家族のことしか考えていないように感じます。でも、世代を超え、時間を超えて受け継がれる何かがあるのではないかと考え始め、この本を手にしました。

本の内容を端的に表している文章が、「あとがき」にありました。引用します。
・・・私は、家族の負の遺産の連鎖というものを「カルマ、業、あるいは、先祖、前世」というような言葉ではなく、心理療法の立場から眺めると、どのような理論になるだろうかと考えました。それが「家族連鎖」という言葉であり、表現でした。このような表現によって、従来の伝統にとらわれない新しい世界観が生まれてくるように思います。

『家族の負の遺産の連鎖』と、著者がいうように、オドロオドロしい印象を受けました。気が重くなりましたが、怖いもの見たさの好奇心も手伝って、最後まで読めました。改めて考えますと、人間の心、そのものが、オドロオドロしい訳ではないと思います。『家族』というものに切り込んで行く為に、心の病を糸口にしたので、そんな印象になっただけでしょう。健全なものも、『家族』には受け継がれているはずです。
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
別にそんなに具体的に参考になる内容でも無く、内容を忘れるくらい 印象が薄かったです。 
もっと 具体的にどう解決した良いのか こころが癒されるのか この連鎖をどう断ち切るのか 知りたかったです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
現代社会の構造的変化により、核家族化どころか、家族とは無縁の生活を送る人も増えている。しかし、人間である以上、その親や祖先からの影響は免れない。自分ではどうしても解決できない問題が、じつはそのような世代間に伝わる家族的な未解決の問題から来ているとしたら…。個人の問題を個人に帰するのではなく、家族や先祖という枠組みを通じて解決できれば心強い。人間は社会的な生物であるということを実感させてくれる新たなアプローチだ。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
セラピーを受けている人が受ける前から
かなりの洞察を得ているようなのが不思議
そこまでの能力のある人だからこそ
ゲシュタルト療法を選ぶのか?

言語化できなかったもやもやを形にすることで
効果があるらしい。怒りを自覚して、でも相手に伝えることも叶わず
許すこともできない人は出てこないのか?
もやもやを抱えていることさえ自覚できない人には
かなりハードルの高い療法に思う。

そして次の世代に先送りされてるのかもしれない。
実家がおかしいのは意外にわからなかったりする。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告