通常配送無料 詳細
残り7点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
家族法 -- 民法を学ぶ 第2版 がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 天国堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★2013年第2版第1刷★若干軽いおれぐせがありますが、書き込みはなく良好です。★Amazon専用在庫です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

家族法 -- 民法を学ぶ 第2版 単行本(ソフトカバー) – 2013/1/17

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2013/1/17
"もう一度試してください。"
¥ 4,320
¥ 4,320 ¥ 1,633

この商品には新版があります:

家族法 -- 民法を学ぶ 第3版
¥ 4,428
在庫あり。

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 家族法 -- 民法を学ぶ 第2版
  • +
  • 民法判例百選3 親族・相続 (別冊ジュリストNo.225)
総額: ¥6,588
ポイントの合計: 69pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『法学教室』同名連載の単行本化。第2版では平成23年民法改正の親権制限などについて解説を加えた。法科大学院生・法学部生を主たる読者に,「法的ルールとしての家族法」の理解形成を目指す。独習用としても最適な,家族法の新スタンダードテキスト。

内容(「BOOK」データベースより)

「法的ルールとしての家族法」の理解形成をめざし、その法理論を丁寧かつユーモラスに解説。民法改正、家事事件手続法成立を織り込み益々充実。親族法・相続法の基本的な制度やルールを基礎から学べるテキストの決定版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 612ページ
  • 出版社: 有斐閣; 第2版 (2013/1/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4641136343
  • ISBN-13: 978-4641136342
  • 発売日: 2013/1/17
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 226,718位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

家族法を一から学ぼうという読者に対し、文句なくおすすめできる教科書である。

まず形式面からいくと、570ページほどのボリュームは家族法にしては重くみえるかもしれないが
丁寧に、わかりやすく、行間を読まずにすむように意を尽くして記述を進めてあるために
結果的に見かけ上のボリュームが増えているにすぎないので、尻込みする必要はない。
著者による家族法講義を文字起こししたかのような読みやすさが最大の売りであり
論理展開も極めて明快である。予備知識がなくとも、前から順番にスイスイと読んでいける。

また内容面についても、重要な条文は起点として明示し、基本中の基本となる制度理解は厚く
周辺的なものは簡潔にメリハリを利かせてある。ページ数は多いが情報は絞り込まれており
「理解のための」記述が大部分を占める。読者に対する教育効果を追求して周到な組み上げがなされている。
項目間のクロスリファレンスを充実させ、さらに判例の引きについても端的なまとめを示して百選にリンクしてあるため
教科書としてフォローすべき知識面は全体として必要十分といった感である。
パートナーシップや代理母といった現代的なトピックも扱われており
著者独特の笑いをとりにかかるユーモアのある記述と
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
家族法を本格的に勉強したいと考えている学生、実務家に最適の一冊だと思います。
ついつい笑ってしまうようなジョークもありつつ、内容は非常に本格的かつ網羅的です。
文章も説明も非常にわかりやすいですし、すらすらと読み進めていけます。

家族法に限らず、法律関係の本でこんなに良い本はそんなに多くはないと思います。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
設例とコラムがあってとても読みやすかった。これならば家族法も理解できそうだ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
書いてある中身よりも活字が小さすぎて読んでいてストレスがたまる. コラム欄は極小活字のため読めない.
著者も老眼世代の仲間に入っているのだから自分が読み難い本を他人に売るなと言いたい.
特段の高級紙を使っているわけでもなく単なるソフトカバー本なのに法外な売値でもある
婚姻できない直系姻族の説明もおかしい 義父と離婚させた息子の嫁とのことだとどうして具体的に書かないのか
少子化高齢化が進む中では、小さな活字本専科の有斐閣は出版界のPANASONICになりそうだ
記述内容も相続と登記の関係の説明が不十分でありyahoo質問コーナーのほうがわかりやすい説明もあることに
出版界の方は注意されたい
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告