中古品
¥ 705
+ ¥ 257 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ブックス一歩
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品になりますので、多少の使用感、経年による傷み(ヤケや折れ等)がございますが、 本文に書き込みや重度の傷みはございません。アルコールクリーニング済み。週4~5回、日本郵政のゆうメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

家族心理学への招待―今、日本の家族は?家族の未来は? 単行本 – 2006/4


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本 ¥ 2,480 ¥ 1
単行本, 2006/4
¥ 453
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

晩婚化、非婚化、少子化、育児不安、育児放棄、虐待、離婚の増加…。夫婦関係も、親子関係も、親役割と職業の関係も変化していきつつあります。心理学の目線が捉えた変化の様相、30の扉。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

柏木/恵子
1932年生まれ。1960年東京大学大学院博士課程修了。文京学院大学・大学院教授。東京女子大学名誉教授

大野/祥子
1969年生まれ。1996年白百合女子大学大学院博士課程中退。鶴川女子短期大学助教授

平山/順子
1956年生まれ。2001年白百合女子大学大学院博士課程修了。名古屋大学男女共同参画室助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 208ページ
  • 出版社: ミネルヴァ書房 (2006/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4623045838
  • ISBN-13: 978-4623045839
  • 発売日: 2006/04
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15 x 1.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,280,566位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう