この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 367 (20%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 1,469
Kindle版
¥ 1,836
ハードカバー価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 367 (20%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
家族喰い――尼崎連続変死事件の真相 がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 福ねこ堂.
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし・傷みヤケ、小口に小汚れがありますが本文良好です。迅速な発送を心掛けております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

家族喰い――尼崎連続変死事件の真相 単行本 – 2013/10/30

5つ星のうち 4.1 43件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 360

booksPMP

本全品10~20%ポイント還元中(プライム会員限定)

本全品10%ポイントに加え、プライムデー期間中Amazonの全商品対象に合計10,000円以上のお買い物でさらに最大10%のポイントも加算され最大20%ポイントに。 詳細はこちら
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員のお客様は10%ポイント還元。対象商品はAmazon.co.jpの販売する商品に限られます。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 家族喰い――尼崎連続変死事件の真相
  • +
  • 消された一家―北九州・連続監禁殺人事件 (新潮文庫)
  • +
  • 桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫)
総額: ¥3,197
ポイントの合計: 99pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



7/17[火] 23:59まで
年に一度のプライム会員限定ビッグセール。最大10%のポイントアップキャンペーンも同時開催中。
プライムデーセールを今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

主犯・角田美代子の“家族乗っ取り"はなぜ起きたのか。

2012年12月12日、兵庫県警本部の留置施設内で、ひとりの女が自殺した。
女の名は角田美代子。尼崎連続変死事件の主犯である。美代子と同居する集団、いわゆる“角田ファミリー"が逮捕され、これまでの非道な犯行が次々と明らかになってきていた矢先のことだった。
主犯の自殺によって記憶の彼方に葬り去られようとしているこの事件の裏側には何があるのか? 尼崎を中心とした徹底取材をもとに、驚愕の真相を白日の下に曝す。
百田尚樹氏をして「ホラー小説も逃げ出すくらいに気味の悪い本だった! 」と言わしめた問題作!

【目次】
プロローグ
第一章 角田美代子と裏稼業
第二章 グリコ森永事件との奇妙なつながり
第三章 親の愛に飢えた少女
第四章 非公然売春地帯への紹介者
第五章 最初の家族乗っ取り
第六章 警察の怠慢
第七章 美代子の暴力装置
第八章 被害者と加害者の父
第九章 谷本家の悲劇
第十章 自由への逃走、追跡後の悲劇
第十一章 崩れる大人たち
第十二章 さまようファミリー
エピローグ



ある日、ほかに客がいないのを見計らって、飲食店主から一枚の写真を見せられた。
「あんなあ、小野さん。この人、美代子らに脅されとったんや。でもな、いま行方がわからへんねん」
安田さん(仮名)の存在については、その後に出会った報道関係者の誰一人として知らなかった。つまり彼は、尼崎連続変死事件の捜査において、行方不明者としてカウントすらされていないと見るべきだろう。いったいこういう人物が何人いるのだろうか。それこそが、角田美代子の関わった事件の真の闇の部分である気がした。
心のなかで警戒信号が点滅した。
(「プロローグ」より抜粋)

内容(「BOOK」データベースより)

二〇一二年一二月一二日、兵庫県警本部の留置施設内で、ひとりの女が自殺した。女の名は角田美代子。尼崎連続変死事件の主犯である。美代子と同居する集団、いわゆる“角田ファミリー”が逮捕され、これまでの非道な犯行が次々と明らかになってきていた矢先のことだった。主犯の自殺によって記憶の彼方に葬り去られたこの事件の裏側には何があるのか?尼崎を中心とした徹底取材をもとに、驚愕の真相を白日の下の曝す、問題作!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 288ページ
  • 出版社: 太田出版 (2013/10/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4778313828
  • ISBN-13: 978-4778313821
  • 発売日: 2013/10/30
  • 梱包サイズ: 19 x 12.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 95,000位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2018年7月8日
形式: 単行本|Amazonで購入
2016年10月17日
形式: Kindle版|Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年9月4日
形式: Kindle版|Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
VINEメンバー
2017年10月11日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2014年7月11日
形式: 単行本|Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年7月23日
形式: Kindle版|Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年9月30日
形式: 単行本|Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2014年7月25日
形式: Kindle版|Amazonで購入
30人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告

最近のカスタマーレビュー