家族ゲーム [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,600
通常配送無料 詳細
発売元: 激安CD DVDアウトレット専門店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

家族ゲーム [DVD]

5つ星のうち 4.6 42件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 3,599 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 391 (10%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、【確実国内正規品】猫村商店総本山【海外対応・安心・安全】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 3,599より 中古品の出品:7¥ 1,900より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で家族ゲームを今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 松田優作: 伊丹十三: 由紀さおり: 宮川一朗太: 辻田順一
  • 監督: 森田芳光
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2008/01/25
  • 時間: 106 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 42件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000Z4PWRM
  • JAN: 4988102461539
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 119,884位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

ATG映画再発売第1弾!
森田芳光監督の名を決定づけた新感覚の異色ホームドラマ。主演・松田優作。

沼田家では、次男の高校受験を控えて家中がピリピリしていた。
両親のはからいでやって来た家庭教師の吉本は、三流大学に7年も在籍している男。だが彼の一風変わった指導で茂之の成績は次第にアップして行く…。
8ミリ自主映画出身の森田芳光監督が、5作目でベストワンを獲得したシニカルでシュールなホームドラマの快作。

◆キネマ旬報ベストテン第1位

【特典】●予告篇

【スタッフ」】
製作:佐々木志郎、岡田裕、佐々木史朗/監督・脚本:森田芳光/原作:本間洋平/撮影:前田米造/美術:中澤克巳/録音:小野寺修/編集:川島章正/照明:矢部一男

【キャスト】
松田優作/伊丹十三/由紀さおり/宮川一朗太/辻田順一

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『サウスバウンド』の森田芳光監督、名優・松田優作主演によるホームコメディが低価格化して再登場。息子のために雇った家庭教師が巻き起こす騒動を描く。高校受験を控えた問題児・茂之の下へ、ある日三流大学生・吉本が家庭教師としてやって来て…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
80年代前半の東京の普通な家族の物語なのだが、コミカルなのにシリアスでもある不思議な魅力をもつ映画。ストーリーとして特筆すべきものはない。高校受験生を抱えている父親が家庭教師を雇う。家庭教師を演じる松田優作がそれ以前の彼を知るものにはビックリ、というくらいの変貌ぶりで、この面白いキャラクターを絶妙に演じている。他のキャスティングもいい。伊丹十三と由紀さおりの夫婦の関係がこれまた不思議な感じで面白い。映画全体のトーンとしてはコミカルなのだが、不思議なシリアス感があり、日本の家族の変質、親子のディスコミュニケーション状態を絶妙に描いている。その象徴が意図的に作られた細長い食卓で家族が横一列で食事をするシーンだろう。このアイデアには舌を巻いた。このシーンは何度見ても可笑しいし、家族の関係をわかりやすく示している。日本映画には珍しいタイプの映画で森田監督のマスターピースといってよい作品でしょう。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
なつかしいでしょう、この映画。。。偏差偏重教育、受験戦争、有名な学校へ行って有名な企業に就職するといった、高度成長期に生れ、大人になった親達の創った工場のような、画一化した価値観。。。。。

それによって、子供の生まれ持った才能や、やりたいことを犠牲にしたり、まったく気づかなかったり、、、、そして親子のコミュニケーション不足、教育の他人任せ、、、いじめ、バット殺人など、その当時社会現象となったことを、コミカルにシニカルに表現した名作です。。。

伊丹十三、松田優作、由紀さおり、宮川一郎太、そして戸川純、、登場する俳優陣も個性派ぞろいで、どこか、コミュニケーションがギクシャクしているのが、その社会現象の根本的な原因であると皮肉っています。。。。工場のような個性のない団地、そして、横一列に並んだ食卓も象徴的ですね。

そして、エンディングのヘリコプターの音、、、なんか好景気の裏でいろいろな断絶や事件の多かった80年代を象徴していますね。

まあ、堅いことばかり書きましたが、かなり笑える、ブラックでコミカルなホントに面白い映画です。

この映画、20代以下の人たちには盲点ではないでしょうか???
観てない人は、一見の価値アリですよ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 中学生の頃にテレビの水曜・金曜ロードショーで二回みた。TVでは最後の優作さんの家族全員をぶちのめすシーンがカットされています。ビデオで見たときはこれはあまりにも電波で流すのが危険かとおもいました。当時の社会がうつしだされています。最後に暴れてめちゃくちゃにしていくわけですが、最近由紀さおりさんが週刊誌でインタビューでおっしゃるには家族4人が掃除してまともな家庭を築かせる土台を施していると書いてあった。今思えばそういう意図があったんだなと感服しました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
私が生まれたころの作品なので、古臭かったらどうしようと思っていました。
が・・・これはすごいです。30年経った今でもまったく色褪せていません。
核家族や、学歴主義、受験戦争など、今となっては死語ですが、そんな雰囲気も作品全体を包むとぼけたトーンによって、どこか俯瞰視点で見れるのがいいのだと思います。

はっきり言って傑作です。絶対に見た方がいいです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
松田優作が、TV刑事ドラマ『太陽にほえろ!=ジーパン刑事役』でアクション俳優としてメジャーデビューし、アメリカ映画『BLACK RAIN』で極悪非道な悪人を演じた事を知らずに、本作品『家族ゲーム』を‘いきなり,最初に観た人が居たとしたら‘普通に笑う,と僕は思います。何故なら、家庭教師の役柄をストレートに捉えてしまう為、これまでの松田優作を知らない人が、彼の俳優人生の軌跡を知ったとしたらッ!…と客観的に思うと、本作品を観た人は‘さぞや,この家庭教師役から想像も付かないほどの驚きがあると思います※「この俳優さんッ!?…そんなに凄い人だったの!!」まあ〜こんな感じです。でも!…真面目な話し、優作は観ている人を「笑わそう!」と思って演じている訳ではない…と思います。優作は吉本という家庭教師役に‘成り切って,真剣に芝居をしている彼の役者魂を理解しているから、僕は腹の底から笑える事が出来る訳です。松田優作とは‘根っから,の骨の髄まで役者男なんです。本作品『家族ゲーム』の完成度の高さは、松田優作の芝居の実力と監督森田芳光の手腕に尽きる!と察します。それから当時、本作品が大ヒットしたにも係わらず、監督森田と優作の功績を‘見ぬ振り,した日本映画界の‘冷たさ,に腹が立ちます(2人の次回作に制作費を出さなかった事)。当時、優作は『何でヒット出した一流の監督と俳優に、映画界は金出さないんだよ!…』と怒ってました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す