通常配送無料 詳細
通常2~5週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

家族の笑顔を守ろう! パパの危機管理ハンドブック 単行本(ソフトカバー) – 2012/2/3

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2012/2/3
"もう一度試してください。"
¥ 1,188
¥ 1,188 ¥ 76

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 家族の笑顔を守ろう! パパの危機管理ハンドブック
  • +
  • パパの極意 仕事も育児も楽しむ生き方 (生活人新書)
  • +
  • パパルール―あなたの家族を101倍ハッピーにする本
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 74pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

家族がピンチに! その時パパはどうする!?
ケガや病気など身近なトラブルから、ふいの事故や災害まで。父親の子育てを支援する著者が家族に起こる危機への対応を心構えと実践の両面から教えます。家族に愛されるパパになるための1冊。

内容(「BOOK」データベースより)

ケガや病気など身近なトラブルから、ふいの事故や災害まで。家族に愛されるパパになるための1冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 143ページ
  • 出版社: ホーム社 (2012/2/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4834251764
  • ISBN-13: 978-4834251760
  • 発売日: 2012/2/3
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 844,597位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
ファザーリングジャパン(FJ)代表の安藤哲也氏の「父親の危機管理」についての本。東日本大震災の発生以降、これまで以上に危機管理が問われている中で、来月父親になる身として、父親としての危機管理力を高めるため、手に取った本。この本を読んで感じたのは以下の3点。
'@「備えよ常に」
これは、幼少期に参加していたボーイスカウトのモットー。本書を読んで、この言葉を思い出した。大震災などの有事が起こった際にバタバタするのでは遅い。大切な家族を守るために、防災ミーティングを行い、避難用リュックの準備や緊急連絡先、避難場所・ルートの共有を行い、リスクマネージメントしたい。
'A「地域活動への参加」
最近感じていることで、本書を読んでさらに感じたこと。子育ては夫婦だけの力ではできない。本書にもあるように、地域のパパ友やママ友、子供の保育園の父母会、小学校のPTA等とつながりを持ち、地域の中で積極的に活動し、仲間を増やすことが、地域で危機管理につながる。例えば、通学路から子供が帰るときに、近所の人たちに見守られるなど、リスクマネージメントになる。それは家族のセーフティネットをさらに増やすということだ。
'B「親になったらOSを入れ替え」
FJの安藤氏の言葉。正直、父親になることがわかり、自分自身のOSはすごいスピードで更新されている。こんなに
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告