¥ 1,944
通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
家康の子 (2011-09-25T00:00:00... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

家康の子 (2011-09-25T00:00:00.000) 単行本 – 2011/9/22

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 100
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 821 ¥ 149

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

徳川家康の子に生まれ、11歳で人質として豊臣秀吉に差し出された於義丸。二人の天下人に命を預けた男が見た覇権の真実とは!?

内容(「BOOK」データベースより)

徳川家康の子に生まれ、十一歳で人質として豊臣秀吉に差し出された於義丸。二人の天下人に命を預けた男が見た覇権の真実!福井藩祖となった結城秀康の波瀾万丈。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 356ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2011/9/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4120042782
  • ISBN-13: 978-4120042782
  • 発売日: 2011/9/22
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 643,340位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
本書では結城秀康を扱った他の書籍とは異なる父子関係が描かれている。
信康の死後、実質的な長子だった秀康がなぜ跡継ぎになれなかったのか(あるいはならなかったのか)という点については、
他の書籍では家康が恐れたから、あるいは忌避されていたから、などの理由が挙げられているが、どの説にもなんとなく違和感を覚えていた。
ネタバレになってしまうので詳細は避けるが、家康が若年の頃を長く人質として過していたことを考えると、
秀康の気持ちを最も理解していたのは家康だろう。
本書に描かれる内容が真相に近いのかもしれない、と思えた。

父に認められたくて、褒められたくて、実際に褒められたときは反発してしまう。
秀康の最期について報告を受けた際の家康の言葉は、本当に印象深い。
結城秀康は本当に「家康の子」なのだと。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みたか VINE メンバー 投稿日 2015/11/20
形式: 単行本
 うまい小説ではないし、へたな小説でもない。とにかく、ずるずるずるっと、読んでしまいます。
 史実と異なる記載は、結城秀康が双子として生まれたという設定ですが、それが果たして必要だったのか。

 秀康が子供の頃、父親にかまわれなかったつらさについては、深く切実に書かれているのですが、その彼が父親になった時に子供についてどう思ったか、どうしようと思ったか書かれていないところも奇妙です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
地元の福井新聞に連載されていたようです。結城様は歴史の表舞台に出てくることが少なかった人ですので興味深いものがありました。本の内容ですが中盤までの家康や部下との関連は叙情豊かに執筆されておりました。この点はこれまで知らなかったことばかりであったので嬉しく思いました。しかし、中盤以降、妻妾や子供との関連についての記載が少なく、結城様の人となりを知る上で少々落胆致しました。実力がありながら早世されていたのが残念です。もう少し長生きをされていたならば歴史も変わっていたことと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す