この本は現在お取り扱いできません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

家庭画報 2012年 02月号 [雑誌] 雑誌 – 2011/12/28


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
雑誌, 2011/12/28
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

創刊55周年特別企画 日本が誇る「名宿」遺産
私たち日本人には、西洋のホテル文化とは一線を画す「宿」という文化があります。
今のライフスタイルに合った、居心地のいい「宿」とは、「名宿」とはなんだろう。
最高峰、「俵屋」にその真髄を訪ね、新しいカタチの名宿10軒を取材しました。

花匠・佐々木直喜の世界 早春 梅、生ける
本誌表紙の花生けを担う気鋭の花匠・佐々木直喜さんは、鈴鹿山脈の麓に程近い三重県菰野町(こものちょう)に生まれ育ち、今もこの地に暮らしています。
幼少の頃から豊かな自然の中で過ごしたその生い立ちから、「花は自然の姿が一番美しい。何ものにもとらわれず自分が美しいと思うものを素直に表現したい」と、無垢にして孤高の世界を築き上げています。
流儀花でも、フラワーアレンジメントでもないその創作活動は、今、海外でも高い評価を得ています。
早春、梅花香る頃、今という時代の“日本の花”を標榜する佐々木直喜さんの地元を訪ね、その独創の世界を追いました。


世界遺産を巡る、美術館を巡る 永遠の都、ローマへ
ローマは、街そのものが“美術館”であるといっていい。
壮大にして華麗なバジリカの天井装飾や、ミケランジェロの『ピエタ』をはじめとする彫刻群、芸術的噴水、古代ローマの遺跡群……街を歩けば人類の至宝ともいえる多くの芸術作品が、入館料を払うことなく見ることができる。
事実、ローマの歴史地区とヴァチカン市国は、点の集合ではなく地域全体として世界遺産に登録されている。
美の伝承―――美しい景観が残るのは、それを守ろうとする確かな意志があるから。
「永遠の都」の美しさを支える人たちとその舞台裏を追った。

この雑誌について

夢と美を楽しむ


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 世界文化社; 月刊版 (2011/12/28)
  • ASIN: B006GQPV24
  • 発売日: 2011/12/28
  • 梱包サイズ: 30.8 x 24.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう