中古品:
¥572
お届け日 (配送料: ¥257 ): 9月28日 - 30日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ◆◆特記事項◆◆『良い』相当の商品です。使用品の為、カバーに多少キズやイタミ、経年程度の使用感やヤケ、薄いヨゴレ等が有る場合もございますが、普通に読む分には問題のない商品です。※品質には十分注意しておりますが、万一不具合等ございましたらご連絡下さい※使用品の為、多少の傷やヤケ・ヨゴレ等はご理解下さい※特記事項において全てのページの書込みや傷みを確認する事は出来ませんので、あくまでも目安となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

家をつくって子を失う―中流住宅の歴史 子供部屋を中心に 単行本 – 1998/4/1

5つ星のうち3.1 6個の評価

価格
新品 中古品
単行本
¥572
¥349

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

家づくりは、人づくり。住宅産業30年の著者が、近代の中流住宅の歴史と、社会の動きを踏まえて語る、渾身の提言。

内容(「MARC」データベースより)

良い住まいとは何か。どんなに住宅のつくりや設備がよくてもそこに住む家族のコミュニケーションや家庭教育がなされていなければ意味がない。近代の中流住宅の歴史とその時代の家族のあり方を検証し真の日本の住まいを考える。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 住宅産業研修財団 (1998/4/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 1998/4/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 447ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4915539032
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4915539039
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.1 6個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.1
星5つ中の3.1
6 件のグローバル評価
星5つ
24%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
39%
星2つ
37%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2011年5月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2015年10月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2004年10月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2001年10月20日に日本でレビュー済み
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告