¥ 566
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
宮沢賢治スペシャル 2017年3月 (NHK100... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

宮沢賢治スペシャル 2017年3月 (NHK100分 de 名著) ムック – 2017/2/25

5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 566
¥ 566 ¥ 990

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 宮沢賢治スペシャル 2017年3月 (NHK100分 de 名著)
  • +
  • 三木 清『人生論ノート』 2017年4月 (100分 de 名著)
  • +
  • 別冊100分de名著 集中講義 大乗仏教 こうしてブッダの教えは変容した (教養・文化シリーズ)
総額: ¥2,104
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

永久の未完成これ完成なり

「人間とは何か」という大きな問いに、独特の感覚で向きあい続けた宮沢賢治。その作品は童話や詩としても読める形式でありながら、世代や時代を超えて愛されてきた。『注文の多い料理店』『春と修羅』をはじめとする諸作品を読み解き、日本近代文学史に屹立する異才の謎に迫る。


登録情報

  • ムック: 116ページ
  • 出版社: NHK出版 (2017/2/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4142230727
  • ISBN-13: 978-4142230723
  • 発売日: 2017/2/25
  • 商品パッケージの寸法: 20.6 x 14.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,242位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 スカラベ トップ100レビュアー 投稿日 2017/3/8
形式: ムック
 中学生の時、国語の授業が嫌いだった。教科書は無味乾燥でつまらなかったし
なんだか一方的な考えを押しつけられるようでうんざりしていた。そんなとき、
教科書の中で宮沢賢治の「永訣の朝」に出会った。「永訣」という難しい言葉の
意味なんか知らなかったが、読んでいてなぜか涙がこぼれそうになった。
「あめゆじゅとてちてけんじゃ」というリフレインがしばらく頭から離れなかった。
以来国語の教科書もなかなか面白いもんだと見直すようになり、国語の授業にも
身が入るようになった。そんなことを思い出した。

 著者の山下聖美先生は、賢治の16作品(詩や童話)をとりあげて、賢治の
作品がどうして皆に読み継がれるのか、共感されるのかその謎を探っていく。
賢治の作品は平易なことばで書かれているから表面的には理解できるが、それでも
「よくわからない」ところが随分と多い。このわかりにくさを読者が自分なりに
いろいろ考えていくことが即ち自分という人間と向き合うことになるんだと
山下先生はいう。

 この本が提示するキーワードは「共感覚」と「風」。
「共感覚」とは自然からのひとつの刺激に対して、複数の感覚器官が反応し、
感覚が混合してしまう性質。賢治
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 celery トップ1000レビュアー 投稿日 2017/4/3
形式: ムック
宮沢賢治の詩や文学は、読む人それぞれが、その心の奥底で素直に意味を感じ取れば良いものだ、と思っていたので、ここのレビューは書かないつもりでした。しかし、テレビ放送があまりにも素晴らしく、感動したので、少しだけ感想を書かせて頂きます。
このテキストは、まず、「はじめに」という章からして涙ものです。解説者の山下聖美先生は、心から文学というものを愛し、尊ばれている、素晴らしい方です。そのあとも、全編これ宮沢文学への愛と理解に満ちた、たまらない解説が続き、美しい言葉で埋め尽くされています。読むうちに、溜め息の出るような、うっとりとしてしまうような、嬉しい時間を過ごせました。詳しくは、是非このテキストを読んで頂きたいと思います。
子供の頃、国語の教科書で出会った時は、ただただ、その不思議な言葉の醸し出す異世界に遊び、楽しい思いをさせてもらった宮沢文学ですが、大人になってからあらためて読むと、子供の頃には分からなかった、恐ろしいほどの深い暗黒や、葛藤のようなもの、答えの出ない問いなどが理解でき、戦慄する瞬間があります。また、そのあまりの特殊性に、宮沢賢治という人は一種の狂人ではないか、という思いがします(このテキストでも、しばしば奇行があった、ということが書かれていますね)。その特殊性の一端が、「共感覚」というものにあるのだということを、私はこのプログラムで初めて知りました
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
昨年のカルチャーラジオより短い時間の放送で、別編集されている

時間が短いので、起承転結、と手短な編集

しかし、宮沢賢治の良さを知ることは、十分にできる
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告