中古品
¥ 6,600
+ ¥ 340 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版 カバースレ・少イタミ 天極少シミ 本文良好
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

宮武外骨絵葉書コレクション 単行本 – 1997/7


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 26,648 ¥ 5,500
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

著者からのコメント

過激にして酔狂、滑稽にして遠大、一大絵はがき絵巻  明治のジャーナリスト宮武外骨(みやたけ・がいこつ 1867~1955)が、晩年取り込んだ一大事業、それは、明治、大正、昭和初期に作られた絵ハガキのコレクションでした。

 東大法学部内の「明治新聞雑誌文庫」の初代主任であった外骨は、昭和15年から終戦の昭和20年という時代の変遷のなかで、ひたすら絵はがきアルバムを編纂していました。その数230余冊。絵はがきにして約2万8000枚。気骨の人外骨の、彼ならではのエスプリでまとめられた絵はがきアルバムは、ただの絵はがきがシュールなアートにまでに高められているといっても過言ではないほどの、ユニークさに満ちています。この中から16タイトル18冊1980枚を収録しました。

 アルバムにはそれぞれタイトルがついています。「なかよし」。二人の女性が映っている絵はがきをひたすら貼ったもの。「笑ふ女」。笑っている女性だけのハガキをひたすら並べたもの。「一二三」。飛行機が一機、二機、三機、山が一つ、二つ、三つ。一二三の数になるように張られたもの。「相対語表」。源氏という酒と平家蟹の広告ハガキに「盛衰」と解説、西郷隆盛と東郷元帥のハガキに「東西」と解説、相対するハガキを組み合わせたもの。「三重」。同じハガキを三枚、ひたすら100ページにわたって収めたもの。こんな具合に、なんで、どうしてという、おもしろさに満ちた、絵はがきが次々と登場します。何度見ても飽きない、これは一大絵巻です。
 

 なおこの本は「日本経済新聞」の「文化欄」で紹介された他、「ブルータス」「週刊文春」「銀花」「流行通信」「ラパン」「スポーツニッポン」など40媒体で紹介されました。

内容(「BOOK」データベースより)

過激にして酔狂、滑稽にして遠大。気骨の人、宮武外骨、晩年の大偉業、ここに初公開。明治・大正・昭和の時代を載せた千九百八十枚の絵葉書大集合。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 175ページ
  • 出版社: 無明舎出版 (1997/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 489544161X
  • ISBN-13: 978-4895441612
  • 発売日: 1997/07
  • 梱包サイズ: 30 x 21.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,418,644位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう