中古品:
¥7
お届け日 (配送料: ¥250 ): 1月28日 - 30日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。中古商品のため使用感等ある場合がございますが、品質には十分注意して発送いたします。 【毎日発送】
シェアする

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


宮本武蔵 (文春文庫) 文庫 – 1989/2/10

5つ星のうち3.4 9個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
ハードカバー ¥1
文庫 ¥2,552 ¥190
文庫, 1989/2/10
¥7
¥1

この商品には新版があります:

新装版 宮本武蔵 (文春文庫)
¥190
(9)
残り1点 ご注文はお早めに

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

宮本武蔵。天正12年美作国に生れる。幼名弁之助。幼少より武術に頭角をあらわし、激しくきびしい修行に熱中した。13歳で香取神道流有馬喜兵衛を撃殺。以来六十余度の真剣勝負。特に青春期は血なまぐさい他流試合にあけくれた。その凄絶なる孤高の剣を描破して、宮本武蔵像の決定版たる歴史大河長篇。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 文藝春秋 (1989/2/10)
  • 発売日 ‏ : ‎ 1989/2/10
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 文庫 ‏ : ‎ 408ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4167314118
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4167314118
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.4 9個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

著者の本をもっと発見したり、よく似た著者を見つけたり、著者のブログを読んだりしましょう

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.4
星5つ中の3.4
9 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

VINEメンバー
2013年4月12日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 16歳から28歳までの、とてつもなく強くストイックな、ほれぼれする武蔵の青年像です。
ユーザー名: クリムゾンマニア、日付: 2013年4月12日
[[ASIN:4063871959 バガボンド(35) (モーニング KC)]]は、いよいよ小次郎との戦いですね。さて、これは津本陽さんが1985年に出版した武蔵本です。単行本382ページに、武蔵の生涯の有名な果たし合い、合戦参加が凝縮していますが、佐々木小次郎との戦いは終盤354ページ(「船島」の章)からです。「船島」の章の後20数ページが「終章」で、五輪書を書く60歳頃(死の2年前)までの晩年となっています。つまり物語の大半は、16歳で故郷を旅立ってから、28歳で小次郎と戦うまでの、青年期の武蔵が中心になっています。とてつもなく強く、しかし謙虚で、禁欲的(ストイック)で、ほれぼれする若者像です。武蔵と弥蔵、お千の三人の幼なじみの深い絆が、まぶしい。お互いが認め合った武蔵とお千の悲恋には、心が締め付けられます。
 ことば遣いは田舎の方言で、それが素朴で真っ直ぐな武蔵の性格をよく表しています。「儂ははるばると筑前まできて、命懸けの勝負をやるんか。ほんまに思うてみりゃ、これまでのことはみな、夢幻(ゆめまぼろし)のようじゃなあ」「まあ、先のことは夢じゃけ、思うてみても詮もなかろう。」とか。
 どうして、武蔵がほとんどの果たし合いに真剣を使わなかったのか、どうして二刀流となったのかなどがとてもよく納得できます。
「いまといういまなる時はなかりけり、まの時がくればいの時は去る」
 過去は過ぎていき、未来はいまだ来らざるものである。たしかにあるのはいまのみである。いまとは過去が未来に転ずる点であり、人はその点によって生きている(本文抜粋、一部変更)。こんな禅寺の老師から教えられた古歌を胸のうちに繰り返して深山の中で修行する武蔵が、本当に男前です。あっという間に読めますから、ぜひ、アマゾンで買って読んでみてください。なお、対極の描き方が[[ASIN:4062158728 悪武蔵]]です。こちらも、どうぞ。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2013年1月28日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2004年7月13日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2004年7月13日に日本でレビュー済み
2012年11月30日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2012年11月4日に日本でレビュー済み