通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
室町幕府と地方の社会〈シリーズ日本中世史 3〉 (... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あり。経年による使用感はありますが、特に大きな損傷や大きな汚れ等なく概ね良好です。全品検品をしておりますが見落としによる書き込み、汚れ等が数ページ程度ある場合がございます。付属品付の商品の場合別途記載がなければ付属品が付いていない場合がございますので詳細をお問い合わせください。コンディションガイドラインに明確に違反している場合には返金をいたします。御注文確定後、2営業日以内にゆうメールにて発送します。地域により予定配達日を数日経過する場合がございます。170623
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

室町幕府と地方の社会〈シリーズ日本中世史 3〉 (岩波新書) 新書 – 2016/5/21

5つ星のうち 4.2 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2016/5/21
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 456

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 室町幕府と地方の社会〈シリーズ日本中世史 3〉 (岩波新書)
  • +
  • 鎌倉幕府と朝廷〈シリーズ日本中世史 2〉 (岩波新書)
  • +
  • 分裂から天下統一へ〈シリーズ日本中世史 4〉 (岩波新書)
総額: ¥2,700
ポイントの合計: 84pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

足利尊氏はなぜ鎌倉幕府の打倒に動いたのか。南北朝動乱が半世紀も続いた理由とは。その後、展開する公武一体の政治の流れをおさえつつ、戦に赴く在地の武士の行動様式、連歌・茶会などの「伝統」文化、現代につながる村々の形成などを見ていく。応仁の乱で再び京が灰燼に帰し戦国前夜へと至る、室町時代の全体像を描く。

内容(「BOOK」データベースより)

足利尊氏はなぜ鎌倉幕府打倒に動いたのか。南北朝動乱が半世紀も続いた理由とは。その後、展開する公武一体の政治の流れをおさえつつ、戦に赴く在地の武士の行動様式、連歌・茶会などの「伝統」文化、現状につながる村々の形成などを見ていく。応仁の乱で再び京が灰燼に帰し戦国前夜へと至る、室町時代の全体像を描く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 256ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2016/5/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4004315816
  • ISBN-13: 978-4004315810
  • 発売日: 2016/5/21
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 155,924位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
 足利幕府に対するネガティブなイメージは、明治政府が庶民に天皇制の絶対性をマインドコントロールさせたためですが、将軍が暗殺されたり、両立したりする混乱は、二度目の武士政権である室町幕府の統治能力が高められなかったからであり、織豊政権を経て250年の泰平の世をまがりなりにも実現した徳川幕藩体制というのは、当時の技術・社会基盤の許す限りにおいて、そうした失敗から学んで精緻な支配体制を整えた結果なのかな、なんてことを思いました。丸山眞男が江戸時代について「江戸幕藩体制の成立=荘園の完全な消滅」とクリアカットすぎる説明をしていることも思い出しました。

 シリーズ日本中世史では「鎌倉時代に耕地開発の飽和期を迎えた」という基本認識が共有されています。そうしたゼロサム社会の中で、荘園の実質的な所有者として武士(武装農民)が公家や寺社に対して一定の権益を確保することで安定したわけですが、著者が〈おわりに〉で書いているように、地方の武士たちの所領確保の欲求は低減するわけはありません。また、飽和段階にあった耕地開発もさらに進められたわけですが、それは災害への脆弱性もはらみ、社会の不安定さを増します。

 しかし、この時代に形づくられた土地台帳は、現在でもほぼ確認できるそうです。フィールドワークを行うと40年ぐらい前までは《七百年間、同じような用水が使われ、変わ
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
天皇家も含め考察するに良い書物と思います
今を考えるために ぜひ読んでください
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ゆうさん トップ500レビュアー 投稿日 2016/6/21
 シリーズ3冊目となる本書では、鎌倉幕府の滅亡・建武新政から十五世紀末の明応の政変までを取り上げている。南北朝期の朝廷や歴代の足利将軍による中央の政治の流れを丁寧に追っている一方で、書名に「地方の社会」という語が入っているように、この時代の地方社会についても最近の研究成果も取り入れながら詳しく解説してあり、全体としてかなりバランスの取れた内容であるという印象であった。

 著者自身も述べているように、南北朝・室町期は、日本歴史の中でも地味というか、あまり強い印象のない時代に思える。しか本書を読むと、歴代の足利将軍の中には、大名たちのクジで将軍(公方)に選ばれた六代義教や、出陣中に政変が起き別の公方が立てられたために越中に逃れて公方であることを主張し続けた十代義稙など、義満や義政以外にもユニークな人物が多い。また、鎌倉公方や古河公方の動き、管領などの将軍家を取り巻く大名家のお家騒動なども、じっくり追っていけばかなり面白い。

 また、地方の村における集落の位置などが、実は室町時代に固定され、近代あるいは現代までほとんど変わっていない例があったり、岡山県のある神社の神事に室町時代の少し前に起きた荘園の分割の事実の痕跡がそのまま残されている事例があるなど、室町時代が(よく引き合いに出される能や茶の湯など文化面以外に)、色々な面で現代と深くつながって
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
まず、最近この時代の研究が「活況を呈している」とのことで嬉しくなりました。一般的には地味な時代ですが、学会ではちゃんと研究が進んでいるんですね。

考古学と文献学をあわせた分析から、南北朝時代〜室町時代にかけては当時の技術で開拓できるところは開拓され尽くしたことがわかりました。次の生産力の発展は戦国時代まで待たなければならないようです。この時代はいわば生産力の「踊り場」段階というイメージを私は持ちました。

新たな開拓地がないともめごとが生じやすくなってしまう。だから、南北朝時代にはイデオロギーなき抗争が続いていた。このような限られたパイをもめごと少なく分配するためには、旧勢力(公家や寺社)と新勢力(新興武士)の利害の調整を付ける必要がある。そのために、公武が一体化した室町幕府のような存在が要請された、というように理解しました。

つまり、室町幕府は、中央集権型の権力というよりは、調整をつけるための権力のようです。これだと統治者には究極の調整能力が求められるんでしょう。意気込み高く頑張ったけれど、強権的な政策をとり失敗してしまった足利義教や足利義政に対する見方も変わりました。

室町時代の政策や政治は繁雑で近寄りがたいものがあったのですが、「なぜ、その政策がとられたか」というところまで踏み込んで記述されているので、すごく分かりやすかったです。この時代に少しでも関心がある人にはオススメです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー