この本は現在お取り扱いできません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


実験心理学が教える人を動かすテクノロジ (日本語) 単行本 – 2005/11/17

5つ星のうち4.4 5個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2005/11/17
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

どうすればコンピュータは説得力を獲得できるのか。Web上で成功する広告やセールスの手法から、教育やエイズ予防、飲酒運転防止まで。コンピュータとの信頼関係を築き、人に行動をうながすインタラクティブ技術のすべて。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

フォッグ,B.J.
スタンフォード大学でPh.Dを取得後、同大学にスタンフォード・バースウェイシブ・テクノロジ研究所(Stanford Persuasive Technology Lab)を設立。実験心理学の立場からインタラクティブ技術がいかにして人間の行動や考えを動機付け、変えることができるのかをテーマに研究を続ける。また、スタンフォード大学の工学部と教育学部でコンサルティング教員として、同大学、大学院の学生に教鞭を執る。その活動は大学での研究に留まらず、過去にはカシオU.S.やHP、サンマイクロシステムズ等、現在も様々な企業と共に人の姿勢や行動を変えるデバイスに関するデザインリサーチのプロジェクトを進めている。保有特許7件、出願中特許9件。また、2003年にYackPack社を設立。同社は、音声とテキストを使ってグループ内のコミュニケーションを助けるインターネット上のサービスを提供している

高良/理
1960年生まれ。東京工業大学大学院電気・電子工学専攻修了。米国スタンフォード大学計算機科学科人工知能修士課程を経て、ロータス(株)に入社。同社でノーツ/ドミノの日本語化に従事。2001年7月より日本アイビーエム(株)に勤務。現在、同社のAPTOソリューション開発部門に所属

安藤/知華
1972年生まれ。津田塾大学数学科卒業。ロータス(株)に入社。ロータスセイムタイムの日本語化/国際化に従事。2003年、米国スタンフォード大学教育学部、Learning Design and Technologyプログラムを修了。現在、World Reach,Inc.にて、Web Editor、Chief Learning Designer(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本 : 330ページ
  • 発売日 : 2005/11/17
  • ISBN-10 : 4822282465
  • ISBN-13 : 978-4822282462
  • 出版社 : 日経BP (2005/11/17)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.4 5個の評価