通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
実験医学 2016年3月号 Vol.34 No.4... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ★【在庫確実!弊社の都合によるキャンセルなし】【東京から出荷致します】【防水パック包装】。★表紙に見開き皺があります。煙草臭・カビ臭なし。書き込み耳折れなし。中身にほぼ使用感はありません。表紙・裏表紙はクリーニング剤にて清掃済みです。注文認後営業日48時間以内にてメール便にて発送いたします。 ★【全額返金保証】十分な検品をして出品しておりますが、万が一、商品の状態が説明文と異なる場合は、速やかに全額ご返金しますので、ご安心の上お取り寄せください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

実験医学 2016年3月号 Vol.34 No.4 病態を再現・解明し、創薬へとつなぐ 疾患iPS細胞〜樹立より10年の時を経て難治疾患へ挑む 単行本 – 2016/2/20

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/2/20
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 1,490

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 実験医学 2016年3月号 Vol.34 No.4 病態を再現・解明し、創薬へとつなぐ 疾患iPS細胞〜樹立より10年の時を経て難治疾患へ挑む
  • +
  • 実験医学 2016年4月号 Vol.34 No.6 明かされる“もう1つの臓器" 腸内細菌叢を制御せよ! 〜宿主との相互作用のメカニズムから便移植の実際、バイオベンチャーの動向まで
総額: ¥4,320
ポイントの合計: 65pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

患者由来のiPS細胞を分化させ、その病態の解明や薬剤の効果を明らかにする研究が盛んに行われています。神経疾患をはじめ様々な疾患における成功事例が蓄積する「疾患iPS細胞研究」の今と未来をお届けします!


登録情報

  • 単行本: 125ページ
  • 出版社: 羊土社 (2016/2/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4758101493
  • ISBN-13: 978-4758101493
  • 発売日: 2016/2/20
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 204,267位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
少し、難しいかな、と思いながら
読み始めましたが、大体理解できたので、
また、抜書きで、紹介に替えます。
 iPS細胞の役割はつくづく甚大ですね。

実験医学2016年3月号
疾患iPS細胞
=病態を再現・解明し、創薬へとつなぐ=

①  疾患特異的iPS細胞を用いた神経疾患研究(順天堂大学)
 「われわれのグループではレット症候群患者の体細胞ではX染色体の
不活性化パターンによって原因遺伝子であるMECP2が正常発現する細胞と
発現しない細胞が混在していることに着目し、患者細胞からそれぞれiPS細胞を
作製しそれらを比較することによって、(レット症候群の)変異MECP2を
発現する細胞ではアストロサイトへの分化が亢進していることを示した。」
 「われわれのグループは、このような(薬剤耐性)難治性てんかんの一つ
であるドラベ症候群患者からiPS細胞を作製し、原因遺伝子であるSCA1Aが
発現するGABA作動性の介在性抑制ニューロンに誘導したところ、
刺激に応答した活動電位の発生が減弱していることが明らかになった。」
 
② 代謝性疾患由来iPS細胞による創薬研究(熊本大学)
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告