通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
実録 田中角栄(下) (朝日文庫) がカートに入りました
+ ¥ 0 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 多少の使用感はありますが、古本としては概ね良い状態です。◆検品、簡易クリーニング済み。黒ビニール封筒の防水梱包でゆうメールにて発送いたします。万が一購読等に支障がございましたら対応させていただきますので、評価前にご連絡をお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
9点すべてのイメージを見る

実録 田中角栄(下) (朝日文庫) 文庫 – 2016/8/5

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
文庫
¥ 821
¥ 821 ¥ 309

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 実録 田中角栄(下) (朝日文庫)
  • +
  • 実録 田中角栄(上) (朝日文庫)
  • +
  • 田中角栄 頂点をきわめた男の物語 (PHP文庫)
総額: ¥2,312
ポイントの合計: 57pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

内容紹介

金脈疑獄で失脚後も院政を敷き、
盤石であったはずの「田中軍団」に激震!
竹下と金丸が手を組み党内に『創政会』を結成、
角栄との全面抗争へ!
その渦中に角栄は病で倒れる……。
いままた脚光を浴びる天才政治家の足跡をたどった決定版。

【目次】
第九章 失意の金脈退陣
・「越山会の女王」と「金脈問題」
・退陣か、中央突破か
・「おれは法にふれることは、何もしていない」
・「中曽根め、許さん! 」
・ただ一つ、残された道
・椎名裁定、意中の人物は・・・
・「青天の霹靂」の三木指名
・「犠牲者は、おれ一人で十分だ」
・田中派解散の流を変えた二人
・田中を激怒させた竹下の建設相就任
・「雑巾がけからやり直せ! 」

第十章 「ロッキード事件」炸裂!
・三木首相のいきすぎた決意表明
・「おれをさらし者にするつもりか! 」
・「オヤジを、馬鹿にしおって・・・」
・早くも飛び出した竹下擁護の動き
・「榎本さんは、誘導尋問にひっかかったのだわ」
・アメリカの虎の尾を踏んだ田中角栄
・謎に満ちた金銭授受
・田中派壊滅に踏み切れなかった「議会の子」
・集中砲火を浴びる田中軍団
・「ロッキード選挙」で田中派入りした議員たち
・三木退陣

第十一章 「キングメーカー」の誕生
・福田内閣、多難の船出
・「田中派を出たら、徹底的につぶされる」
・「田中派は、大平政権実現のためにバックアップする」
・「キングメーカー」の挑戦
・「東京を攻め落とせ! 」
・「いいな、中曽根派を崩せ」
・「四十日抗争」――大角vs.三福中
・岸信介と公明党への工作
・盟友・大平の死
・「おれは、無理をしなければ、ここまでこられなかった」/ほか

第十二章 田中軍団の「結束と掟」
・「七十歳まで引退しない」
・「竹下先生の気配りは、すごいな」
・田中の折り紙つき・山下元利
・「鈴木再選後、中曽根擁立」をぶちあげる
・「善幸はおれに連絡もしないで、けしからん」
・「中曽根は男です。かならず約束は守ります」
・「おれが、総裁予備選で勝たせてみせる」
・幻に終わった「二階堂擁立」

第十三章 「角影」政権――真の最高権力者
・「田中曽根内閣」の発足
・「おれは絶対に議員を辞めない」
・果たせなかった辞職勧告
・角栄圧勝、自民惨敗の「田中判決選挙」
・「まぁ、夕涼みをしていればハチにも刺されますよ」
・新人議員を魅了する田中の言葉
・石破を感激させた『共鳴箱』
・闇将軍の孤独
・「われわれは駕籠を担ぎ、草鞋をつくる」
・「二階堂は、社長のつとまる男じゃないよ」/ほか

第十四章 下克上――「創政会」旗揚げ
・「いよいよ、この男を総理に担ぐときがきたか」
・十四人の『造反者』たち
・「おのおの、肚を決めてついてこい」
・名称は「創政会」
・「田中さんは『裸の王様』になるつつあるのか」
・「十年ぐらい、待てんのか」
・「きさまッ! 次の選挙で落としてやるッ! 」
・アメと恫喝の切り崩し工作/ほか

第十五章 田中支配の終焉
・「田中の肚は、死ぬまで闘うつもりです」
・「竹下は、みんな連れてってしまったよ」
・「金丸、いまに息の根を止めてやる」
・「角さんは、竹下憎しで血迷ったな」
・「オヤジが、倒れた・・・」
・一つの時代の終わり
・田中の面影

エピローグ
「オヤジが、死んじまった・・・・」
「あの人の豪快さに惚れこんだんだ」
オヤジと呼べる最後の政治家

内容(「BOOK」データベースより)

金権政治体質を批判され首相を辞任した田中角栄。さらに超弩級のスキャンダル、ロッキード事件が炸裂。それでも揺るがぬかに見えたキングメーカーの立場だったが、子飼いの竹下登・金丸信が創政会を旗揚げし、表立って反旗を翻す!全面抗争突入の折、角栄は病に倒れる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 408ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2016/8/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022618701
  • ISBN-13: 978-4022618702
  • 発売日: 2016/8/5
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 215,251位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

VINEメンバー
2016年9月10日
形式: 文庫
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告