¥ 4,104
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
実践 Metasploit ―ペネトレーションテス... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

実践 Metasploit ―ペネトレーションテストによる脆弱性評価 大型本 – 2012/5/23

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本, 2012/5/23
"もう一度試してください。"
¥ 4,104
¥ 4,104 ¥ 3,090

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 実践 Metasploit ―ペネトレーションテストによる脆弱性評価
  • +
  • 実践ネットワークセキュリティ監査―リスク評価と危機管理
  • +
  • ハッカーの学校
総額: ¥12,420
ポイントの合計: 375pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

行政機関や企業に対するサイバー攻撃が世界中で深刻な問題になっています。攻撃者の脅威に対抗するための最も有効な手段はペネトレーションテストです。
本書では、ペネトレーションテストのやり方を、Metasploitを主軸に説明しています。
そうすることで、ペネトレーションテストの流れとともに、Metasploitを構成する個々の機能やその使い方を理解し、Metasploitの基本的な作法を身につけます。
さらに本書では、クライアントに対する攻撃や無線LAN経由の攻撃、ソーシャルエンジニアリング攻撃といった、ペネトレーションテストで使う高度なテクニックを学びます。
日本語版ではシェルコードの内部構造について加筆しました。

内容(「BOOK」データベースより)

行政機関や企業に対するサイバー攻撃が世界中で深刻な問題になっています。攻撃者の脅威に対抗するための最も有効な手段はペネトレーションテストです。本書では、ペネトレーションテストのやり方を、Metasploitを主軸に説明しています。そうすることで、ペネトレーションテストの流れとともに、Metasploitを構成する個々の機能やその使い方を理解し、Metasploitの基本的な作法を身につけます。さらに本書では、クライアントに対する攻撃や無線LAN経由の攻撃、ソーシャルエンジニアリング攻撃といった、ペネトレーションテストで使う高度なテクニックを学びます。日本語版ではシェルコードの内部構造について加筆しました。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 368ページ
  • 出版社: オライリージャパン (2012/5/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4873115388
  • ISBN-13: 978-4873115382
  • 発売日: 2012/5/23
  • 商品パッケージの寸法: 3 x 19 x 24 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 210,421位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
ターゲット(監査対象)となるOSで一番新しいものがWindowsXPである。Win7やWin10を用いた検証を行う際にはそのまますぐには適用が難しいかもしれない。
Metasploitも日々アップグレードが成されているので、画面周りも現状の最新版とは異なるので注意が必要。
但し、Metasploit(Metasploit Framework:MFW)については歴史や生い立ち、基本的事項から応用事項まで幅広く記載されているので、例えばSnifferを用いて事前監査を行い、その後にMFWを用いて脆弱性評価を行うというスキームをこれから学ぼうとする際には本書は有用であると言える。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ほわ 投稿日 2013/10/13
Amazonで購入
私はセキュリティに興味があり
攻撃手段などを知るためにこの本を買いました。

最初の方に用語集などがあり
意味がわからない用語も調べられるようになっています。
それから付録として脆弱なターゲットマシンの設定の仕方など
細かに書いてあるのがとても良いです。
自分でターゲットマシンを設定して行えるのがよいです!
(※ターゲットマシン以外では使うのはやめましょう!)

私はまだ将来セキュリティ関係の会社を目指しているので
いい勉強になりました。
まだ高校生ですが、将来の役に立てればと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
基本から系統立って書かれており,厨房向けのハッカー本では得られないものがあると思います。
また,コマンドプロンプト中心の内容は,何年経っても応用が利くと思います。
1読して,2巡目で実習中です。
ただ,他の方が書かれているように環境によっては例題どおりに行かないこともありました。(デーベースなど)
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック