Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,620

¥ 1,404の割引 (46%)

ポイント : 162pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[矢口新]の実践 生き残りのディーリング 現代の錬金術師シリーズ
Kindle App Ad

実践 生き残りのディーリング 現代の錬金術師シリーズ Kindle版

5つ星のうち 4.0 22件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024 ¥ 2,120

【Kindle試し読み増量対象商品】:こちらは、試し読み増量商品です。試し読みは商品詳細ページの「今すぐ無料サンプルを送信」をクリック。 その他の対象商品をチェックする。 ※シリーズタイトル全作品の無料サンプルがすべて増量されているとは限りません。※Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。


商品の説明

内容紹介

相場とは何かを追求した哲学書
 トレーダー/投資家には、そのレベルや立場に応じ、乗り越えねばならない
「壁」がある。例えば「仕掛けと仕切りに恐怖を感じる」という壁、「どれくら
いポジションを維持したらよいか分からない」という壁、「自分の技法が通用し
ない期間が長く続いている」という壁・・・・・・。実にさまざまだ。
 本書『実践 生き残りのディーリング』は、そうした壁に挑もうとする人々に
格好のアプローチを提示しようとする哲学書である。「相場とはどのような性質
のものか?」「どのような種類の人々が参加しているのか?」「どうして価格
が動くのか?」「どのような対応できるのか?」など、相場の謎を解くための
概念が100項目にわたって著されており、自分がどう相場に向き合うべきか啓蒙
してくれるのだ。

 事実、1990年の『オリジナル版』発刊以来、本書は多くのプロのディーラーに
座右の書として愛読され続けている。これは本書で展開される「矢口理論」が相
場の本質を鋭く突いているからにほかならない。

 今回の『実践 生き残りのディーリング』は「株式についても具体的に言及し
てほしい」という多くの個人投資家たちの声が取り入れられた「最新版」。プロ
だけでなく、これから投資を始めようという投資家にとっても、自分自身の投資
スタンスを見つめるよい機会となるだろう。

出版社からのコメント

本書の改定版『実践 生き残りのディーリング』好評発売中です。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1502 KB
  • 紙の本の長さ: 350 ページ
  • 出版社: パンローリング株式会社 (2007/4/12)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B007K4EOTM
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 8,523位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2008/2/2
形式: 単行本 Amazonで購入
「相場観は天気予報よりもよく外れます」「構えありて構えなし」「簡単に利食うな、確実に利食え」「損切りとは予定の行動」「恐いディールしか儲かりません」「節目で動かないと後の展開に響いてきます」「ナンピン買いは、たとえ右肩上がりの相場でもしてはならない」。

私は、チャート分析関連の本や四季報を除き、日本人の書いた投資の本には良いものが少ないと思っていた。しかし、本書は良い。アメリカの優れた投資の本とは、少し違う切り口で書いてある。

いうなれば、修羅場をくぐり、数々の戦場を潜り抜けてきた剣豪が、自分の戦ってきた道を振り返りながら、続く人たちのためになんとかその智恵を残すことが出来ないか思案を重ねて、さらに適時改定を重ねて書き上げたもので、「ディーリング道」をまとめた著作といえる。

だから、単に投資の本というより、相場と自分という関係から、人生哲学、自分のあり方、理性のあり方、ということまで思わず見直してみたくなるような感じになる。投資とは孤独なものであることを知っている人は、書棚の中に入れて時々ページを開いてみるとよいかもしれない。

すべての投資家に当てはまることが大半ではあるが、特にプロのディーラを志す者を念頭において書かれている。また、株式に関する言及も多く出ているが、債券と為替のディーリング業務経験の豊富なベテランによる著作であり、基本になっているのは債券と為替のディーリング業務である。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
基本的に旧版「生き残りのディーリング」と内容は変わりません。

私は旧版がボロボロになったのでもう1冊のつもりで、買いました。

各項目で細かいところが追加・補足されていますので、

旧版をバイブルとされている方は買う価値は十分あると思います。

相場をやっていて行き詰まった人・迷っている人は是非読んでみてください。

その「迷い」を振り切って動けるようになれば、ひとつ上の世界が見えてきます。

あきらめないでください。
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ディーラー向けの本なので一般投資家にはどうでもよい話もありますが、
相場に関いての記述は素晴らしいとしかいいようがありません。
この本の良さが全くわからない人はまだまだ地獄を見てもらう必要があるかもです。
自殺に関しての記述などもなりますが、
この人は本当にこの世界の天国から地獄までを知る抜いている人なんだろうなとの感想です。
まさに百戦錬磨の方が書いた名著です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
座右の書と言われる本書、張り切って読みましたが「よくわからない」「理解できない」事が多かったです。それだけ自分は素人なんだということ、相場では本書に書いてあるような事をスラスラ理解しているプロが多い中、為替の世界で、少し分かったふりをしながら実は「山勘」で勝負している自分という事実を思い知らされました。。
生き残りのディーリング、という前にすでにがけっぷちにいる自分。

投資関係の本を読みあせったにも関わらず、よく分からないという結果に至り少しがっかりしました。逆に言えば市場にあふれている投資関係の本はあくまでも「一般人向け」という事なのかな?と思いました。

何となくは分かる、何度も読んで、プロが認める1冊を自分の知識にしてしまおうと思います。本書内にプロと素人は見ている物が違う、とありましたが生き残るにはプロが見ている物も見ないといけませんね。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
大量にポジションもっちゃった後の精神安定剤としては最高ですw

ですが、初心者が入門書として読んだなら「ハァ?」って感じになるでしょう。
もっというと、孫子の兵法入門でも代わりになるレベルの内容でした。
テクニカル的な「記述」は確かにありますが、読者の読解力次第でどうにでもとれます。

ついでにいうと、「あなたは結局いくら稼いでいるの?」という疑問が若干浮かぶ内容でした。
(なんか「教頭先生の道徳の授業」的なモヤモヤ感が残りました…)

結論:抽象的なのでどうにでもとれる、中級トレーダー向けの「お言葉」みたいな一冊
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 シュタインバッハ トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/8/12
形式: Kindle版
「初めに言葉ありき」 とか、 「混沌のなかに秩序を探る」 とか、
「人に勝つより自分に勝て」 とか、
ものすごく格好良い言葉が100(百)有る節の見出しに並んでいて
とてもそそるんですが、
内容を読むと、期待はずれというか、
格好良い言葉でそそられた期待値まで達しないんですね。
そこが本当に残念です。
内容、つまり踏み込みが弱いという感じがあります。
たとえば、「混沌のなかに秩序を探る」 のなかで、
4つの基本パターンが図示してあって、それらは、
「上昇トレンド」と「下降トレンド」と「三角保ち合い」と「拡散相場」 の四つなのですが、
「三角保ち合い」 と 「拡散相場」 のそれぞれの説明が、
どちらも 「トレンド模索中」 になっています。
「三角保ち合い」 と 「拡散相場」 という似て非なる相場に
どっちも同じ説明かよ と 突っ込みたくなりました。
そんな曖昧なというか、
踏み込みの弱さが随所に見られて、とても残念な気持ちが読めば読むほど増幅していきました。
パンローリングの本はたくさん読ませていただいてますが、
正直言わせていただきますと、
それらのなかで、間違いなく、一番つまらなかった本のひとつです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover