中古品
¥ 374
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【送料完全無料・毎日発送!!】状態良好です。有難うございます太陽堂です。お急ぎ便・コンビニ受取・クレジットカード・ネットバンキング・電子マネー・代金引換にも対応しております。こちらはAmazon専用在庫です。お客様よりご注文を頂き次第、Amazonより迅速に発送がなされます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

実践 ガソリン灯油取引―個人投資家が石油投資で儲けるための最強マニュアル 単行本 – 2005/9

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,780 ¥ 118
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

石油をトレードする個人投資家が待望していた書が登場!
高騰が続く激動の石油マーケットで稼ぎまくれ!
『個人投資家のためのガソリン灯油取引入門』『個人投資家のための原油取引入門』で読者に強い支持を受けた著者が、高騰を続ける2005年の石油事情にアップデートして書き下ろしました。
商品マーケットでいちばん人気が高い「ガソリン」「灯油」「原油」取引のための最強マニュアルです。

出版社からのコメント

小社は『生き残りのディーリング』『1000%の男』『サヤ取り入門』『オプション売買入門』など、「株式」や「先物取引」「オプション」をまじめに勉強して投資する個人投資家向け書籍を編集制作した会社です。
これまでの日本にはなかった実践家が書く実践家のための投資本として高い評価を得ています。また、日本の投資事情にマッチしたオリジナルの戦略やアイデアがふんだんに含まれています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 198ページ
  • 出版社: マイルストーンズ (2005/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4903282007
  • ISBN-13: 978-4903282008
  • 発売日: 2005/09
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 652,137位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 「個人投資家のためのガソリン灯油取引入門」の実践編が出た。前著は2002年に書かれたものであり、内容は優れていたが、ここ数年の激しい相場の動きや石油を取り巻く環境の変化から、改定が待たれていた。内容を実践的なものに絞り、最新データやあたらな手法などを追加したのが本書である。
 本書は書名に「実践」とある通り、より実践的な内容となっている。個人的には前半のファンダメンタルズの解説(これも面白いが)よりも、後半の「個人投資家のための石油トレードの実践」の方が好きだし、大半の読者もこの内容には満足できるだろう。通して読んでみると、前著に比べて非常に洗練された内容となっている。
 前著には「東工取(TOCOM)って何ですか?」などという幼稚な初心者向け解説があったが、こうしたものがすべて省かれ、実践家向けに必要な内容のみを集中的に解説している。この結果、本書は非常に洗練された1冊となった。もし、読者が初心者なら前著を合わせて読むことをお勧めするが、最新のデータでより実践的な内容を望むなら本書を選択するべきだろう。
 著者は長年、石油のディーリング業務に従事してきた方だそうで、業界のさまざまな事情に精通しているようで、ファンダメンタルズの分析も一味違う。各国の埋蔵量やOPEC、非OPECの状況などの解説は興味深い。
 また、「あとがき」には著者のメー
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 本書は、「個人投資家のためのガソリン灯油取引入門」」「個人投資家のための原油取引入門」の著者による新刊です。これらの本のうち、重要なエッセンスを抜き出し、かつ最新の石油を取り巻く状況やデータ、新たな手法が追加されています。
 本書は前著2冊とはかなり違う特色があります。まず、前著に最初にあった初心者向けの「基礎知識編」がありません。この部分は前著の内容で十分ですし、率直に言って、中級者以上の人には特に読む必要のない内容であったため、省かれていて返ってすっきりした感じがします。
 2点目の特色はファンダメンタルズの分析が深い、という点です。インターネットや各種書籍やレポートでは、石油の情報が大量に提供されるようになっていますが、どれもそれほど深い内容のものはありません。たまに内容が深くても、あまりにマニアックすぎたり、トレードに関係ない内容だったりすることが多く、石油市場のトレードを実践する人向きではありません。しかし、本書のファンダメンタル分析は一味違います。本書で解説されている「オイルピーク」の話など他のどこでも聞いたことがありません。
 3点目はトレード手法の多様性です。前著で紹介された手法の有効性を検証するとともに新たな手法を紹介しています。また、圧巻は後半の「ディーリングルームへようこそ」「個人投資家が知らない石油トレードの盲点」の章です。こ
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
前半は、誰でも知ってることや少し調べればわかる話が中にはあった。でも、グラフを多用してるところや各国の生産量やら需要やらを振りかえって細かく見てるとこは良かった。

東大卒で石油トレード歴23年は疑わしい。過去・現在を考察してるから当然、数年後の将来を推測するぐらいなら著者のキャリアからしても可能だし期待してたら、なぜか2030年を予想しだしている。しかもIMFや研究者の意見であって自分の持論や相場観はほとんどなし。誰も超長期のトレードはしないだろう・・・・

後半で実践での10手法を紹介してるが、ポンポン出して簡単に書かれてある。裏付けや論拠が書かれてないので、それが通用するかどうかは、そのときの景況・相場などで変わるだろう・・・・

全200ページだが、グラフを多用している分、中身が薄い印象。半分は『ファンダメンタルズ』と題をうっているが事後報告。こっから将来を予測するには難しいが、人によっては過去データの一部・雑学として重宝するかもしれない。残り半分の『実践』は役立つこともあるだろうが、素人があみ出したような手法という個人的印象。『ファンダメンタルズ』か『実践』かどちらかに重きを置いて書いてほしいし、全体的に視点が微視的なように私には思えた。また、前書を照会して下さいと省くところがチラホラあったのがいただけない。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告