¥ 5,400
通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
C#実践開発手法 (マイクロソフト公式解説書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

C#実践開発手法 (マイクロソフト公式解説書) 単行本 – 2015/6/4

5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 5,400
¥ 5,400 ¥ 4,999

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • C#実践開発手法 (マイクロソフト公式解説書)
  • +
  • .NETのエンタープライズアプリケーションアーキテクチャ 第2版 (マイクロソフト公式解説書)
  • +
  • プログラミングMicrosoft ASP.NET MVC 第3版ASP.NET MVC 5 対応版 (マイクロソフト公式解説書)
総額: ¥17,280
ポイントの合計: 688pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

本書はAdaptive Code via C#: Agile coding with design patterns and SOLID principles(Microsoft Press, 2014)の日本語版で、変化に容易に適応できるソフトウェア開発を実現するために、
アジャイル開発、デザインパターン、SOLID原則を、C#でどのように実践するかを解説する書籍です。方法論と実践の間の橋渡しをする解説書で、サンプルコードはVisual Studio 2013ベース。
C#の基本をひととおり理解した開発者が、ワンランク上を目指すために読んでおきたい1冊です。


内容(「BOOK」データベースより)

“Adaptive Code”、すなわち変化に容易に適応可能なコードを書くために、アジャイル開発手法、デザインパターン、SOLID原則を、C#でどのように実践するかを解説します。方法論とプラクティスの橋渡しをする解説書で、C#の基本を理解した開発者が、ひとつ上のレベルを目指すために読んでおきたい1冊です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 440ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2015/6/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822298477
  • ISBN-13: 978-4822298470
  • 発売日: 2015/6/4
  • 商品パッケージの寸法: 23.4 x 18.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 34,698位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本書は“Adaptive Code”というテーマに対して、開発言語のC#とソフトウェア開発手法の一つであるスクラムの考え方を切り口で日々現場で実践するためにはどのようにすれば良いのかが書かれています。

“Adaptive Code”とは、“適応力のあるコード”を意味しており、これは新しい要求やシナリオに対して適応力が高い、保守性の高いコードと本書では定義されています。“適応力のあるコード”にするためにはどうすれば良いのか?についてもデザインパターンやSOLID原則といった概念でどのように実現すれば良いのかが分かる具体的なコードが本書中に記載されており、非常に理解し易く、現場で実践し易い構成になっています。

本書がユニークなのは、ソフトウェア開発手法の一つであるスクラムの考え方を日々現場で開発言語のC#のコードで実践するために、一気通貫で、内容を網羅した具体的なサンプルコード付きで解説している点です。そのため、ソフトウェア開発手法の一つであるスクラムの考え方のみ、開発言語のC#のみを説明した書籍と違って、両方を具体的に結び付けて実践する方法が具体的に記述されています。その結果、ソフトウェア開発手法の一つであるスクラムの考え方は知っているけど、開発言語のC#で具体的にどう実践すれば良いのか分からないという人には本書を読むことを強くオススメしま
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
私はC#好きで、GitHubをこれから使ってみたいと思っていたので、この本は私のバイブルになるかもです。
Visual Studioを使いつつGitHubを使うっていうのは、具体的な例がないとわからなかったので、そういう意味でかゆい所に言及しているこの本は本当にGood Jobです。

ボリュームがあるので、まだ全てに目を通しているわけではありませんが…
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
要求が変化したとき、問題が発生したときに、できるだけコードを書き直さずにそれらに対処する方法と実践方法を学べる本です。

たとえば、変更があった時バグ修正などの特殊な場合を除いて既存のメソッドを書き直すのではなく、メソッドに拡張ポイントを設けておくことによって実現し、拡張ポイントを用意する方法について複数の方法が紹介されています。

変化に適応できるコードを本書では「Adaptive Code」と呼び、Adaptive Codeを書けるようになるための考え方、さらに実際のサンプルコードが載っています。サンプルコードはC#で書かれ、Webページからダウンロードできます。

全体は3部構成になっており、第1部でアジャイルの基礎、第2部でSOLIDコードの記述、第3部でオンラインチャットアプリケーションの作成を例として実際に開発現場に適応していく様子を学習します。

サンプルコードが豊富で、必要に応じてUML図で整理して説明されているので、内容が高度な割に理解しやすくなっています。
特に第2部では、SOLIDの原則について1つずつ説明があり、それらの原則がどのように役立つのか説明とコードを読みながら理解できます。

理論自体の説明よりもどのように役立つかに説明の重点が置かれ、開発手法が身近に感じられる本です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
■ 何故プログラマーには本書が重要か

○ ソフトウェアは変化し続ける

ソフトウェア開発は、常に追加・変更し続けるのが特徴だ。一気に全体が出来上がる訳ではない。最初の1行を書いてから、段々と機能が足され、また、改良されていく。変更し続けるのが特徴なので、なるべく変化を受け入れやすい作り方をする方が良い。

本書には、そういう「Adaptive Code (適応力のあるコード)」を書くための原則とそれを実践するための方法としてベストプラクティスが書かれている。

○ 原則は重要

ソフトウェア開発において、原則は重要だ。

C# 等のプログラミング言語の文法を覚えればそれだけでソフトウェアが書けるかというと、そうではない。また、いつもいつも日進月歩の開発技術を一から習得しなさないといけないかというと、それも違う。経験があり優秀な技術者は、新しいプログラミング言語、新しい開発基盤でも実力を発揮するものだ。

そこには、個々の開発技術にそれほど依存せず、新しい技術が出てきたときにも使える知恵があるだろう。つまり、プログラミング言語や技術のトレンド等の枠を超えて重要な、開発手法や原則、パターン、アンチパターン、ベストプラクティスというものがあるのだ。
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告