¥ 2,700
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
実践家のための認知行動療法テクニックガイド―行動変... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

実践家のための認知行動療法テクニックガイド―行動変容と認知変容のためのキーポイント 単行本 – 2005/12

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 2,213

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 実践家のための認知行動療法テクニックガイド―行動変容と認知変容のためのキーポイント
  • +
  • レベルアップしたい実践家のための事例で学ぶ認知行動療法テクニックガイド
  • +
  • 学校、職場、地域におけるストレスマネジメント実践マニュアル
総額: ¥8,208
ポイントの合計: 181pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

坂野/雄二
1951年大阪府に生まれる。1966年筑波大学大学院博士課程心理学研究科心理学専攻修了。北海道医療大学心理科学部教授(博士、教育学)

鈴木/伸一
1969年東京都に生まれる。2000年早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了。広島大学大学院助教授(博士、人間科学)。同、心理学臨床教育研究センター主任

神村/栄一
1963年福島県に生まれる。1991年筑波大学大学院博士課程満期退学。新潟大学教育人間科学部助教授(博士、心理学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 181ページ
  • 出版社: 北大路書房 (2005/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 476282478X
  • ISBN-13: 978-4762824784
  • 発売日: 2005/12
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 122,881位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 タイトルの通り、認知行動療法(以下CBT)のテクニックを初学者に分かりやすく説
明している本。テクニックを行動コントロール、感情コントロール、認知コントロール
のそれぞれに分けて具体的に例題を出しながら説明されているので、CBTにあまり馴染み
のない僕のような人間でも分かりやすかったように思う。また、最後の第4章はCBTを行
う上での一般的心得など概論的に書かれている。

 しかし、CBTのテクニックは結構たくさんあるようで、なかなか全部を覚えることは大
変だろうなとは思う。また、本書を読んだ僕の個人的な印象ではあるが、テクニックを粛
々と適用し、施行していく感じを受け、なにか心理療法をしているワクワク感といったら
アレかもしれないが、そういうのがあまり伝わってこないようであった。

 また、カチっとマニュアル化されているからかもしれないが、本書を読んでいても、あ
まり連想が沸いてこなかった。マニュアルを読み込んで暗記するという感じで、あーでも
ない、こーでもない、と空想が膨らむことはなかった。見方の問題かもしれないが。

 ただ、ベテランのCBT実践者にとっては物足りないかもしれないが、新しくCBTを学ぼう
とする人にとっては貴重な一書になると思う。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 認知行動療法(CBT)のワークショップの書籍化。理論より実際に使う技法重視でまとめてある。

 CBTとは何だろうか?というのは実は難しい問いだ。作者達は実に丁寧にこの問いに答える様に技法を書き連ねていく。
 ただ、当たり前と言えばあまりに当たり前なのだが、作者のワークショップに実際に足を運んだ時に比べるとすんなりと頭に入っていく感じがしなかった。研修に参加した上で補足として読むには申し分のない本だが、単品の本として考えると何か物足りない印象も受けた。
 技法というものは本だけでは得られない何かがあるのだと思う。やはり実際に足を運ぶことは大事である。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
認知療法から行動療法の技法まで、まんべんなくカバーしている良い本です。教科書とマニュアルをつなぐような存在です。著者のワークショップに参加しているような感じがします。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック