通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
実践・プレッシャー管理のセオリー ~ビジネスパーソ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

実践・プレッシャー管理のセオリー ~ビジネスパーソン必修 メンタル・タフネス強化のセルフ・コーチング術 単行本 – 2004/2/26

5つ星のうち 4.0 31件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 実践・プレッシャー管理のセオリー ~ビジネスパーソン必修 メンタル・タフネス強化のセルフ・コーチング術
  • +
  • ビジネスマンのためのメンタル・タフネス
総額: ¥2,757
ポイントの合計: 100pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

長引く不況の中で、多くの企業は国内外の競争の波に翻弄されています。そこで働く人たちも、否応なしに業務上のプレッシャーにさらされています。本書は、具体例を挙げながら、プレッシャーをいかに軽減・回避していくかを分かりやすく解説した「プレッシャー管理」の指南書です。

内容(「MARC」データベースより)

日本のビジネスパーソンに今最も求められているのは、メンタル強化のスキル。具体例を挙げながらプレッシャーをいかに軽減・回避していくかを分かりやすく解説した「プレッシャー管理」の指南書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 190ページ
  • 出版社: NHK出版 (2004/2/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140111992
  • ISBN-13: 978-4140111994
  • 発売日: 2004/2/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 367,425位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 この本の趣旨は明解です。
「ねばならない」から「望ましい」への発想の転換をすることに
よって、日頃のプレッシャーから解放され、前向きに生きていくこと
を薦めています。
 例えば、「絶対に今月、○○円売り上げなければならない。」
と考えるのではなく、「今月、○○円売り上げられることは望ましい」
と考え方を換えるのです。
 これは決して、逃げの論法ではありません。
この世に「絶対」はないのに、それを自分の中で設定してしまうことは、
万が一失敗した際のダメージは、非常に大きいものになってしまいます。
 「できたら、望ましい」と考えることによって、悲観的・悲壮的な
考え方から、楽観的、前向きな思考に切り替えることが出来ます。
 この世界は、自分一人で変えることはできません。また、自分が失敗
したとしても、世界は終わりません。事実は変わりませんが、事実によって
もたらされる、自己の判断や思考は、変えることができることを、高杉氏は
繰り返し述べています。
 メインテーマは一つで、具体例があるので、非常に読みやすい本です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
何もかもうまくいかなくなって手にとりました。
人間のすることに”絶対”なんてない。と本書は訴えています。
職場でよくある事例をあげて、その絶対思考から起こる望ましくない状況を説明し、その訴えを分かりやすく説明します。
(例えば、営業からもっと増産しろと要求され対応に困っている生産の人の話とか)
自分の願望を絶対視せず、よりよい方向へもっていくことに集中させるためにどういう心の持ち方をすればよいのかを学ぶことができます。
読んだ後、何もかもうまくいかない という私の心持ちそのものが絶対思考で、それに陥っている自分を発見することができました。
社会によくいる、人をあたかも罪悪人のように仕立てて、そこに付込みプレッシャーをかけてくる人とか、成せば道が開けるなどと時代遅れな管理職に迷惑している人もたくさんいることでしょう。そういう人たちは必ずいるし、物事を動かしている会社や地域社会が多いと思う。そういう人たちへのたち振る舞い方、捌く方法を示唆・ヒントを与えてくれる本だと思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
目からウロコでした。自分のエネルギーが落ち込んでいた時に、たまたまある人から紹介されて、一気に読みました。会社での暗黙的なプレッシャーを感じていた時期だったので、ぴったり自分に適した内容でした。
心理学の理論(ABC理論というらしいですね)に裏打ちされながら、まずは前半で「理屈」について説明した後、後半ではビジネスの現場を想定したケーススタディを紹介しており、とても読みやすくかつ理解しやすい内容になっています。
この本の言いたいことは一つに集約されると思います。
★ねばならぬ思考に陥っていることに気付くのが望ましい★
「どういうこと?」と思う人は、だまされたと思って、一度本書を手にとってみることをオススメします。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
自分自身、すぐに失望してしまう性格で、いつも自分をいじめることでストレスをためてしまっているので、そのような行動を少しでも改善できればと思い、この本を買いました。
ケーススタディを読み始めたときは、どの事例もmustからwantの思考に変える、という1つの解決策のことしか書かれていないように感じましたが、読みつづけているうちに、違いに気づきました。
それは、悪いマイナス感情を良いマイナス感情に変える4つの方法です。(実は、序盤の総論に書かれているのですが、読み終える頃に気づきました。)
左側が悪いマイナス感情、右側が良いマイナス感情で、括弧内は、その感情によって引き起こさせられる行動です。
①不安(逃避) → 心配(準備)
②怒り(攻撃) → 不快感(交渉)
③落ち込み(閉じこもり) → 悲しみ(分かち合い)
④罪悪感(自己否定) → 呵責(反省)
もし、左側の感情を感じたときには、右側の感情に意識に変えるよう、感情をコントロールすることで、今後の行動がポジティブになるというわけです。
基本的な考え方は、mustをwantに変えることなので、一見やる気を失ってしまうのではないか?と疑問を抱くのですが、よく読んでみると、上記4つの方法があり、それらはその後のやる気を取り戻すのに、非常に有効だと感
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック