Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 5,616
ポイント : 562pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ヴァーン・ヴァーノン]の実践ドメイン駆動設計
Kindle App Ad

実践ドメイン駆動設計 Kindle版

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 5,616
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 5,616 ¥ 5,000

紙の本の長さ: 616ページ

商品の説明

内容紹介

『エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計』は、2003年の刊行だったにもかかわらず、大型ソフトウェア構築時につきまとう不透明感を払拭するための指針として現役技術者に多大な影響を与えた。ある意味、エリック・エヴァンスの先見性によって、今日、必要とされるパタン/アンチパタンが整理されていたためだ。

とはいえ、それからすでに11年。ベースとなるオブジェクト指向はそれほど大きな変革はないものの、この10年の間にコンピューティングの対象は大きく増え、さらにドメイン駆動設計をコトバでは知っているものの、経験値のまだ低い技術者の増加もあり、理論だけではなく現状に則した形で体得する必要性が増している。

本書はDDDの考え方はもちろん、コミュニティや実際のビジネスシーンのなかから実践的な方法論を精錬し、いわば21世紀(初頭)型ドメイン駆動設計を伝授するものであり、現在のニーズに合致する内容で構成されている。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

内容(「BOOK」データベースより)

経験則が常に正しいとは限らない。DDDのパターンに関する具体的な指針を示すだけではなく、その選択と判断の背後にある問題解決に向う哲学をも伝授。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 114461 KB
  • 出版社: 翔泳社; 1版 (2015/3/16)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00UX9VJGW
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 35,937位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
ドメイン駆動設計 (DDD) をどうやったらうまく実践できるかを示す解説書です。おそらく Evans の DDD の本を先に読んでからこの本を読んだ方が良いでしょう。いきなりこの本を読むこともできますが (というか私はそうしましたが)、細かい定義の説明などは割と端折られているので、Evans 本含め他の本を参照して補うことが求められます。とはいえ、DDD において重要な点・失敗しやすい点についてはこの本の中できちんと解説されています。

この本は全体として、SaaSOvation という架空の企業がある SaaS プロダクトを開発してゆく中でどのように DDD を実践していったかという体裁で書かれています。彼らは Java を使って開発をしている(ということになっている)ので、本に出て来るコード例はほとんどが Java です。内容的にも、Hibernate を使うときはどう設計する……、Spring Framework を使うときはどういうアノーテーションを使う……と、Java でのエンタープライズ開発にかなり偏ったものになっています。読者の開発環境が Java でなかったりサーバーソフトウェアでなかったりすると、読者が自力で自分の環境に当てはめて考えていくことになります。

訳文は、たまに日本語としてぎこちないところがありますが、全体的には普通に読める文章です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
Web系が技術の最先端を走る時代ではありますが、仕事がらエンタープライズからは離れられません。
DDDも銀の弾丸ではありませんが、多くの気づきを与えてくれます。
ただし、一度読んだだけでは全体把握が良いところ、
実践する中でさらっと読んでしまったところに大きなヒントが書かれていたと
後に繰り返し読んだ時に気がつくタイプの本だと思いました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
実際にモデル、今回でいうドメインの設計自体、昔に比べて新規案件が少ないので、大手SIerか中小SIer(ソフトハウスクラスも)が中小の顧客に対しての設計機会でしか、なかなか携わることがないと思う。
テーブル追加や変更は数多いが、よっぽど変な設計をしない限り、10人が10人同じ変更を適用するくらいだと思う。

しかし数年後にまた10~15年前のような変化が起きて、全体の設計機会やそもそも全体リプレースの機会に巡り合うこともあると思うので、本書を読んでおくに越したことはないと思う。しかもその15年前当時のバイブルであった、エリックエヴァンス本を最近の動向に合わせた内容になっていて、多少は読みやすくなっていると思う。

というよりも…

最近は設計機会に恵まれないエンジニアが大量にいて、この本のような観点を持ち合わせていない人間と組むことが多いので、プログラミングテクニックだけでなく、設計観点、経営観点の視点を身に身に付けておくことは、あるゆるシステムで役に立つと思うので、ぜひ身に付けて欲しいと常々思う。

ただし、日本の商流では、昔変人が作ったシステムのメンテ・維持の案件の割合もかなり多い ( 脱strutsをしなさすぎる ) ので、この本を読み切る前にもっと切迫したことにぶつかって投げてしまうか
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
入門書ではないが、QuicklyやEvans本を読んだ後に読むと非常にわかりやすい。
これからチームにDDDを導入するにあたって、
うるさい上司や保守派のチームメンバーをDDDの世界に引き込むために、
チームリーダーにはぜひ読んでほしい一冊。
今までとは比べ物にならないぐらい堅牢なソフトウェアが作れるようになるはず。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover