通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
実践テスト駆動開発 (Object Oriente... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

実践テスト駆動開発 (Object Oriented SELECTION) 大型本 – 2012/9/14

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 4,536
¥ 4,536 ¥ 3,743

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 実践テスト駆動開発 (Object Oriented SELECTION)
  • +
  • 実践ドメイン駆動設計 (Object Oriented SELECTION)
  • +
  • 新装版 リファクタリング―既存のコードを安全に改善する― (OBJECT TECHNOLOGY SERIES)
総額: ¥14,688
ポイントの合計: 443pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

20年来の経験に裏打ちされた、実践的テスト駆動開発書! 本書では、「いかにしてテスト駆動開発をプロジェクトに適合させればよいか」「どこから手を付けるか」「ユニットテストとエンドツーエンドテストを両方とも書かねばならないのはなぜか」「テストに開発を駆動させるとはどういう意味か」といった、プロジェクトで遭遇しがちな疑問や混乱に道筋を与え、ソフトウェアを肥大化させるのではなく、育てる方法を伝授する。プロフェッショナルを目指す、あるいは自認する開発者必読の書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

フリーマン,スティーブ
アジャイルソフトウェア開発を専門とする独立コンサルタン。ナット・プライスと共に、2006年にアジャイル・アライアンスのゴードンパスク賞を受賞している。「London Extreme Tuesday Club」の設立メンバーであると同時に、「London XP Day」初回の議長を務めている。国際会議を頻繁に主催したり、あるいは国際会議で登壇したりしている。IBMのパッケージ開発から有名な研究所でのプロトタイプ開発に至るまで、実に幅広い組織で仕事をしてきている

プライス,ナット
インペリアル・カレッジの博士号取得。プログラマ、アーキテクト、トレーナー、コンサルタントとして活動している。学術的な研究プロジェクトにも従事し、時折大学で教鞭もとっている。XPは早くから採用しており、TDDをサポートするオープンソースライブラリにもいくつか貢献している。さらに「London XP Day」カンファレンスの設立メンバーの一人でもある。また、定期的に国際会議で登壇もしている。ロンドンに拠点を置いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 大型本: 400ページ
  • 出版社: 翔泳社 (2012/9/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798124583
  • ISBN-13: 978-4798124582
  • 発売日: 2012/9/14
  • 商品パッケージの寸法: 23 x 18.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 168,085位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 るかに トップ500レビュアー 投稿日 2013/5/15
形式: 大型本
テスト駆動開発とは「テストを書く→テストが通るように実装する→リファクタリングする」の
サイクルを通して、アジャイルに高品質なソフトウェアを開発しようという考え方です。
これにより、テストの役割が「実装の品質保証」だけではなく「設計の品質保証」まで視野に含まれるようになります。
テスト駆動開発を理解する上では、テストの考え方について、大きな発想転換が必要です。
本書は、そのための手引きになります。

本書では、Java, JUnit, Hamcrest, JMock2 などを用いて示されているのですが、
それは読者にテスト駆動開発の実践方法を示す上で、Javaによる具体例が伝わりやすいからであって
JavaやJUnitに特化した内容というわけではありませんし、主題はそこにはありません。

ですので、JUnitのインストール方法や使い方についての手っ取り早いノウハウを求めている人には、本書は向きません。
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
JUnitを使用した、テスト駆動開発の指南書です。
JUnit自体のインストール方法や、JUnitはJAVA向けのユニットテストフレームワークですが、そのJAVAやJAVA総合開発環境のインストール方法までは載っていません。
(だから、その辺から知りたかった私は、他の本を買わなければなりませんでした。)

テスト駆動開発というくらいですから、新しくプログラムを書く際における手法だけが載っています。
すでにあるプログラムに対して、JUnitでテストコードを書いたりリファクタリングしたりする手法は全く載っていません。
このことから、この本の恩恵を受けれる人というのは限定されるのではないでしょうか。

とはいえ、一から作ることが全くのゼロではないし、機能追加する場合もその際に作るプログラムは新規作成と言えるから、プログラムレベルでの担保のとれる開発手法を知っておくことは、役に立つと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック