通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
実践アジャイルテスト テスターとアジャイルチームの... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【必ず最後までお読みください】■中古品のため多少の使用感・経年劣化(折れ、ヤケ、シミ、古書特有の匂いなど)がある場合がございます。帯をお付けできる保証はございません(商品の一部とみなしておりません)。カバーが商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。また、中古品の特性上、ギフトには適しておりません。詳細についてはAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインをご覧ください。■弊社から注文確認・発送完了メールはお送りいたしません。商品の状態に不備が見つかった場合のみ、確認のメールをお送りいたします。発送完了後、Amazonから発送をお知らせするメールが届きます(追跡番号も記載されています)。■返品・交換の際は弊社指定の方法でのご返送が必要となる場合がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

実践アジャイルテスト テスターとアジャイルチームのための実践ガイド (IT Architects' Archiveソフトウェア開発の実践) 大型本 – 2009/11/28

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 5,184
¥ 5,184 ¥ 4,422

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 実践アジャイルテスト テスターとアジャイルチームのための実践ガイド (IT Architects' Archiveソフトウェア開発の実践)
  • +
  • アジャイル開発の本質とスケールアップ 変化に強い大規模開発を成功させる14のベストプラクティス (IT Architects’ Archive)
総額: ¥9,072
ポイントの合計: 504pt (6%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

開発者が一番知りたかったプロジェクト成功へ導くテスト手法の数々!アジャイル開発の登場でソフトウェアテストの重要性が再認識されました。しかし、その方法を正しく理解している現場は多くありません。本書はアジャイル開発でのテスト(アジャイルテスト)では誰が何をすべきかを、担当者の役割などから実践的に解説します。これまで見逃されてきた“ユーザ視点によるテスト”に着目し、開発プロジェクトを成功に導く手法を紹介するなど、開発者にとって非常に価値の高い1冊になっています。

著者について

Lisa Crispin(リサ・クリスピン)
アジャイルテスティングの実践的指導者として活躍中。特に、テスターやアジャイルチームに対してテスターの付加価値や、業務的側面のテストにおける開発側の考慮点などを示しています。彼女の役目は、ソフトウェアテストの世界にアジャイルな喜びを、またアジャイル開発の世界にテストの喜びをもたらすことです。リサは2000年に初めてアジャイルチームに参加し、以来プログラマー、アナリスト、テスターや品質保証管理者などの仕事に従事。2003年からは、ePlan Services社のScrum/XP のチームにテスターとして参加。アメリカやヨーロッパのコンファレンスでアジャイルテスティングのチュートリアルやワークショップを頻繁におこなっています。また、Better SoftwareやIEEE Software、Methods and Toolsなどの雑誌にアジャイルテスティングに関する記事を定期的に執筆。
著書にチップ・ハウス共著「Testing Extreme Programming」 ( Addison-Wesley, 2002)

Janet Gregory(ジャネット・グレゴリー)
アジャイル品質プロセスのコンサルティングやトレーニングをおこなうDragonFire社の創立者。著者はチームが品質向上の仕組み構築の手助けをすることに情熱を注いでいます。過去10年のあいだ、指導者やテスターとして働き、大小の企業にアジャイルプラクティスを紹介。アジャイルプロジェクトでそれぞれの役割を理解するため、実業務をおこなうユーザとテスターが一緒に働くことに関心を持っています。また、アジャイルテストの自動化ソリューションを適用するために、アジャイルチームの中で開発者と協業する際、著者のプログラミングの経験は非常に役立っています。著者はアジャイルやソフトウェアテストのカンファレンスによく登場する講演者で、アメリカのアジャイルテスティングのコミュニティにも貢献しています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 552ページ
  • 出版社: 翔泳社 (2009/11/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798119970
  • ISBN-13: 978-4798119977
  • 発売日: 2009/11/28
  • 商品パッケージの寸法: 22.8 x 18.4 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 126,661位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本 Amazonで購入
アジャイル開発におけるテストについては、「テスト駆動設計」や xUnit などのツールなど、技術者視点の情報ばかりでした。
この本は、もっと広い視点でテストを扱っています。

技術視点とは別に、ビジネス視点のテストも大切。

アジャイル開発チームを支援する継続的なフィードバックだけでなく、できあがっていくソフトウェアのビジネス価値の継続的な評価も大切。

本書は、こういうビジネス視点も含めて、さまざまなテスト活動をアジャイルに実践する考え方とやり方を体系的に取り上げています。

現在、アジャイル開発を実践している人たちは、本書を読むことで、アジャイル開発がもっと楽しく、もっと大きな成果を生み出すやり方に発展させるヒントになると思います。

従来型のやり方の組織で、開発に取り組んでいる人たちも、いまの品質保証活動を、生産的に効率的に改善するための、良い参考情報になると思います。

この本は、テストを根本的に変えよう、と言っているのではないと思います。

テストのやり方を、今日から、小さく一歩変えてみる。そして、毎日、すこしずつテストの考え方、やり方を発展させていこうという、アジャイル流にテストに取り組み、テストのやり方を発展させていくた
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
 アジャイル開発におけるテスターの役割を明確に定義した価値ある一冊です。
プログラマ目線のテスト(TDD等)について書かれた書籍は色々とありますが、
テスター目線というのが新鮮で参考になりました。
ビジネス面のテストというのがテスターのキーワードだと感じました。

 本書では、テストの目的をハッキリさせるために「アジャイルテストの4象限」
という考え方が紹介されています。
・単体テスト
・機能テスト
・探索的テスト
・パフォーマンス/負荷テスト
この考え方が非常に分かりやすく参考になりました。

 前提知識として、アジャイル開発を多少は経験していないと
理解するのは難しいと思います。
「フィーチャ」「ベロシティ」という単語が理解できていたら大丈夫です。

 全体を通して具体的な事例やツールの紹介が多くあるのですが、
web系ばかりなのが残念でした。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
厚くて高価な本なので、あまりよく中身をみていなかったのだが(なぜかアメリカのちゃんとした本というのは厚くて高価な傾向にある、CodeCompleteなんていうのもその類だ)、中身は非常に広範囲のトピックを丁寧にそして自分たちがそれらを行った経緯を入れ説明している。

テストの今までの本の中ではCem Kanerの本が一番洗練され実践的だと思ったが、この本はKanerには悪いが凌駕している。アメリカ人のソフトウェアテストに対する真摯な改善がすごくよく見える。

アジャイルを成功させるためには自動化とリリースプロセスが重要になってくるが、それをどうやっていくかについてはなかなか理解できない。そういう点をきっちり説明してくれるこの本はステキだと思う。Kent Beckの本を読んでも、いったいどうやってアジャイルの品質をあげていいかももちろんわからない。

あとこの本はアジャイルと書いてあるが、アジャイル以外のソフトウェアテストの基本についてもカンペキに網羅されている(特に技法以外の面)。日本人はとかくテスト技法に目が行く方向にあるが、ビジネスソフトウェアをテストしている限り、まあ技法なんてちょっとどうでもよかったりする。テストをどう仕事の中で運営していくかがとても重要なトピックだ。その点をちゃんと無理のない形で実践的に説明しているのはステキです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
組織論、精神論的な部分ばかりで、実用性に欠ける。
そのような話であれば、1度経験すれば誰でもわかる範疇。

また、典型的や外国の本という感じが残る翻訳の粗さを感じる。

私自身のアジャイル開発経験と、本書を読んで感じた事は
アジャイル開発はケースバイケースで対応すべき事が多く
書籍化すべき勝ちパターンなども見出しにくいのかもしれない、
という事。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック