Facebook Twitter LINE
中古品
¥ 198
+ ¥ 257 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品の性質上、折れや破れ、書込み、日焼け、水濡れ跡や若干の汚れなど、一部瑕疵のある商品であっても、お読みいただくのに支障がない状態であれば、販売をしております。また帯や商品内のクーポン券などをお付けできる保証はございません。なお、絵本などの一部書籍は表紙カバーがない状態でも販売している場合があります。シリアルコード、プロダクトコードの使用有無は保証しておりません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


実用企業小説 プロジェクト・マネジメント 単行本 – 2004/1/5

5つ星のうち 3.5 21件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 125
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

メディア掲載レビューほか

プロジェクトマネジメント
 無理な受注がたたり開始直後から大赤字が確実視されていたシステム構築プロジェクトに送り込まれた主人公が、プロジェクトを立て直していく姿を描いた小説。「プロジェクトは人や社会を幸せにするものでなければならない」という著者の持論に基づき、プロジェクトの過程におけるマネジャやリーダーの心情の移り変わりを詳細に記している。20数年にわたる筆者の実体験を参考に書かれたストーリーだけに、説得力がある。


(日経コンピュータ 2004/02/23 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容紹介

本書は、著者が日立製作所時代にプロジェクトマネジャーとして多くの苦戦するプロジェクトを立て直してきた経験をベースにしたノンフィクション性の強いフィクションである。
 「人を不幸にしない」という強い信念を持つことで、プロジェクトマネジメントのあり方はどう変わっていくのか。一人ひとりが自律的にリーダーシップを発揮していくためのチーム・ビルディングはどのようにして行われるのか。そして、本物の成功体験はそこに参加したメンバーにどんな変化をもたらすのか。
 プロジェクトの成功と、そこに関わる人の成長を同時に実現し、人と仕事を通じて成功が再生産されていく土壌、考え方を組織の中に培っていく。
そして、そのような姿をめざして著者が生み出してきた独自のノウハウやツールも、即活用出来る内容でストーリーを通じて紹介している。
本書は、情報通信系の製品開発職場を舞台にして、ストーリーが展開されるので、若干の技術用語が出てくるが、技術用語は読み飛ばして頂いても、上記のプロジェクトマネジメントの重要な要素である、人と組織との関係性の理解に、多大な影響はない。また、技術的な要点は、各章末の「プロジェクトノート」で解説している。

●実話に基づくストーリーでプロジェクト成功のノウハウを解明
 実用企業小説とは、普通の経営教科書・ビジネステキストでは得られない実践ノウハウを、実話ドラマによるリアルタイムの疑似体験で読者に伝える画期的経営書。傾いたプロジェクトを苦悶と試行錯誤の中で立て直していく主人公。なぜ、プロジェクトはいつも失敗するのか。プロジェクト成功の鍵は何か。一つのプロジェクトの発足から崩壊、そして立て直しと成功までを追う迫真のストーリーの中に、プロジェクトマネジメントの認識論、方法論、実践論を織り込み、プロジェクトを成功の普遍的ノウハウを解説する。

●「プロジェクトは失敗して当然」の企業風土
 昨今の厳しさを増す経営環境。その余波はプロジェクト遂行にも及んでいる。開発費と開発期間の削減、短縮。人材投入の縮小とノルマ主義的管理。現在、新規プロジェクトの90%が失敗に終っている。その結果「プロジェクトは失敗して当然」といった諦念が企業内に蔓延し、そして当然の如くプロジェクトは失敗する。そして失敗の原因も追究されないまま、故に新たなプロジェクトもまた失敗。人的・事業的に疲弊するプロジェクトの「失敗スパイラル」が、企業のさらなる経営危機を招いている。なぜプロジェクトは失敗するのか。プロジェクトを成功させるために、いま、企業に何が足りないのか。

●プロジェクト成功の鍵はPRPとDPM
 プロジェクトが失敗する最大の要因は、プロジェクトの失敗・成功を評価する基準の不在、そしてプロジェクト・メンバー一人ひとりの能力発揮とモチベーション・アップを阻害する社内風土である。本書の著者・近藤哲生氏は数々のプロジェクトの立て直しを経験する中で、PRP(Project Re-Planning、プロジェクトを基準に基づき評価する管理手法。経営、管理、技術等各分野の失敗原因が顕在化し、対策立案と計画修正を適切に行うことができる)とDPM(Decision and Progress Meeting、プロジェクト意思決定会議。各プロジェクト・メンバーの本音と自主性を引き出し、個人とチームを活性化できる)を二本柱とする独自の方法論によって、これら二つの失敗要因を取り除き、プロジェクトの成功法則を確立してきた。
 プロジェクトを複数の基準から評価するPRPと、問題を共有しマン・パワーを高めるDPMは、「決定事項、役割分担、責任の所在が曖昧」な日本企業的弱さを、「目標と問題を共有し、全体で立ち向かう」日本的強さに変える、画期的なプロジェクト管理手法である。

●成功を拡大再生産するプロジェクトへ
「どうせプロジェクトは成功しない」という失敗スパイラルから、「絶対成功させてやる」の成功スパイラルへ。PRPの精度を高め、DPMで社員を活性化させることにより、プロジェクトの成功率を上げ、成功体験を積み重ねる。またPRPとDPMによって蓄積された失敗要因や問題解決のデータベースは、新たなプロジェクトの「成功要因」へと転化していく。本書は、プロジェクトで生まれる情報や活力を伝承し、成功を拡大再生産するための変革の手引きである。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 308ページ
  • 出版社: 日本経済新聞社 (2004/1/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532311152
  • ISBN-13: 978-4532311155
  • 発売日: 2004/1/5
  • 梱包サイズ: 19 x 13.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 273,833位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


21件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.5

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

21件中1 - 8件目のレビューを表示

2015年3月7日
形式: 単行本Amazonで購入
2015年1月1日
形式: 単行本Amazonで購入
2004年2月2日
形式: 単行本Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年9月14日
形式: 単行本Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年12月27日
形式: 単行本Amazonで購入
2014年8月1日
形式: 単行本Amazonで購入
2006年9月2日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年1月16日
形式: 単行本