中古品
¥2,801
+ ¥297 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★経年相応の汚れ・使用感が見られますが、読む分にはさほど支障のない程度です。★帯・その他の特典・付録等は基本的に付属しておりません。★簡易クリーニングの後に、中身の透けない防水封筒に厳重に梱包して発送致します。★通常はポスト投函ですので、不在でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外がございます)。 ★通常3日~4日以内に発送致しますが、店舗の休業期間と重なった場合には1週間ほどお時間を頂く場合がございますので、お急ぎの方はご購入をお控え下さい。★店舗併売のため店舗にて在庫切れの際にはご注文をキャンセルさせて頂きますので、予めご了承願います。★商品に不備がございました際には速やかに返品・返金対応致します。ご注文お待ち致しております(^^
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


実務家のための固定資産税宅地評価Q&A 単行本(ソフトカバー) – 2011/1/15


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥2,748

ブックマイレージカード
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

固定資産税の土地評価の中でも特に難しいとされる宅地評価の実務に絞り、市街地宅地評価法や地目・画地の認定といった実務で遭遇しがちなケースごとに詳解しながら、宅地評価担当者等の参考に供する解説書です。 著者は、日ごろから宅地評価の実務をこなす不動産鑑定士で、図表等を用いつつ、専門家ならではの見解も交えたより踏み込んだ解説は、固定資産税の評価に当たる多くの読者から迎えられることが予想されます。

著者について

阿部 祐一郎(あべ・ゆういちろう) 徳島県徳島市出身、1977年生まれ。現在、南四国不動産鑑定(株)勤務、不動産鑑定士。 月刊「税」(ぎょうせい)に「論点別に見たQ&A固定資産税宅地評価のポイント」を2008年3月から2010年6月にかけて山本一清不動産鑑定士と共同執筆した。 山本 一清(やまもと・かずきよ) 高知県宿毛市出身、1954年生まれ。現在、(有)高知不動産鑑定事務所代表取締役、不動産鑑定士。主な著書等に、『公的土地評価の理論と実務』(新日本法規出版、平成12年11月)、『固定資産税宅地評価の理論と実務(上下巻)』((有)高知不動産鑑定事務所、 平成18年5月)、『公共用地の取得に係る土地評価の実務(上下巻)』(高新企業出版、 平成19年12月)、『近代農地の価格形成理論と評価』(住宅新報社、平成20年11月)、 「公共用地の取得に係る土地評価の問題点」月刊『不動産鑑定』にて連載(住宅新報社、2007年2月~4月)、「近代農地の価格形成理論」月刊『不動産鑑定』にて連載 (住宅新報社、2007年5月~11月)、他。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 419ページ
  • 出版社: ぎょうせい (2011/1/15)
  • ISBN-10: 4324091838
  • ISBN-13: 978-4324091838
  • 発売日: 2011/1/15
  • 梱包サイズ: 21 x 15 x 2.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,183,634位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう