¥ 2,160
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

実力が120%発揮できる! ピアノがうまくなるからだ作りワークブック 単行本 – 2019/2/23

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/2/23
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 8,020

booksPMP

本・コミック・雑誌ストアではじめてお買いものの方へ 3 0 0 ポイントプレゼント!

※キャンペーンページを閲覧のうえ、対象サービスをご確認頂くことが参加の条件になります。キャンペーンページは>>こちら

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 実力が120%発揮できる!  ピアノがうまくなるからだ作りワークブック
  • +
  • 目からウロコのピアノ脱力法
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 101pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

練習した分だけ上達できるからだになる。癖から解放されよう!

●からだをもっとシンプルに使う
●癖から解放される
●楽器を自分のからだのように自由に操る

演奏家にとって演奏や練習の妨げになる「癖」。
よかれと思って身につけてきた姿勢や動きが、実は障害になっているかも。
手放し方を学んで、からだへの負担を減らせば、練習した分だけ上達できるようになる。
癖から自由になってシンプルな自分になる!

■この本を読むとこんなことができるように……
・演奏中/演奏後の首、肩甲骨周辺、肘、手首、親指の付け根、腰、膝、すね、ふくらはぎ、足首周辺の違和感を軽減する
・腕の重さで弾く(重量奏法・重力奏法)ことが可能になる
・重心が降りるようになる
・お腹で支えることができるようになる
・スケール(上行/下行)が楽に弾けるようになる
・オクターブや和音が弾きやすくなる
・跳躍が楽に弾けるようになる
・フォルティッシモがよく響くようになる
・小指が使いやすくなる
・腕を交叉させて弾くのが楽になる
・トリルやトレモロが楽に弾けるようになる

■目次
●introduction 自分のからだを知ろう
1    演奏の技術も癖も脳の「手続き記憶」
2    アレクサンダー・テクニークとボディ・マッピング
3    からだの動きをつくる筋肉のしくみ
4    間違った「正しい姿勢」が演奏を不自由にする
5    リラックスしようとして緊張してしまう
6    曲がる位置を誤解していると筋肉が固まる
♪Column1    センサーとして手を使う

●Part1 演奏できるからだになる
1    楽な姿勢になる――「見ること」の意識を変える
2    自律神経を整える――微笑むための表情筋を鍛える
3    筋肉のこわばりを解放する――皮膚に触れてからだの立体的な輪郭を知る
4    力強いからだになる――背中の動きに注意を向けて呼吸する
5    お腹の支えを作る――内臓に注意を向ける
6    首の骨のカーブを取り戻す――首と頭の方向を意識する(1)
7    頭部のデリケートなバランスを保つ――首と頭の方向を意識する(2)
8    頷く動きで自由なからだを手に入れる――首と頭の方向を意識する(3)
9    胴体の厚み、奥行き、広がりに気づく――胴体の方向を意識する
10    自由な脚をもつ――太ももの方向に注意を向ける
♪Column2    「フロー状態」で演奏はどう変わる?

●Part2 基本となる動き
1    楽に立つ、座る――頭部のバランスと胴体の奥行き(1)
2    楽に歩く――頭部のバランスと胴体の奥行き(2)
3    ハイヒールで楽に歩く――頭部のバランスと胴体の奥行き(3)
4    スムーズに上を向く、下を向く――頭部のバランスと胴体の奥行き(4)
5    スムーズに右を向く、左を向く――首の関節と胴体の背中側・側面の方向
6    腕を楽に持ち上げる、下ろす(1)――全身をのびやかに(1)
7    腕を楽に持ち上げる、下ろす(2)――胸横筋・肩甲骨の方向
8    二の腕の筋肉を解放する――回転とは逆の方向を意識する
9    肘から先の筋肉を解放する――二の腕の外側回転方向を意識する
♪Column3    演奏しやすい手の「機能の肢位」

●Part3 演奏中の動き(1) 基本編
1    二の腕を胴体から自由にする――肩甲骨・胸横筋の方向(1)
2    両手が中央の鍵盤に向かうのを楽にする――肩甲骨・胸横筋の方向(2)
3    初対面のピアノで楽に演奏する――ボディマップを拡張する(1)
4    自由な指を手に入れる――尺骨・橈骨を意識化する
5    自由な腕を手に入れる――前鋸筋と肋骨の方向
6    親指と手首を楽に使う――親指の伸筋を意識化する
7    強く自由な小指を手に入れる――小指の筋肉を意識化する
8    腕のしなりを使って弾く――全身をのびやかに(2)
9    自由にペダリングする――ボディマップを拡張する(2)
♪Column4    手首を痛めないための「脱力体操」は効果的?

●Part4 演奏中の動き(2) 技術編
1    スケール・分散和音を楽に弾く――親指と小指の伸筋を解放する
2    上行・下行のフレーズを楽に弾く(1)――肩甲骨・胸横筋の方向(3)
3    上行・下行のフレーズを楽に弾く(2)――脚の長さに意識を向ける
4    上行・下行のフレーズを楽に弾く(3)――股関節の内旋と外旋
5    速いパッセージを弾く――「力の通り道」を開く
6    響きの豊かなフォルティッシモを弾く――「力の通り道」を太くする
7    オクターブと和音を弾く――親指と小指の伸筋を解放する
8    オクターブや単音の連打を楽に弾く――広背筋と前鋸筋の収縮を防ぐ
9    跳躍を含むフレーズを弾く――からだ全体の押し下げを防ぐ
10    腕を交差させて弾く――腕の動きに全身を連動させる
11    トレモロとトリルを自由に弾く――前腕の回内・回外運動と二の腕の自由な動きを意識する
♪Column5    あがっているときの自律神経はどんな状態?

内容(「BOOK」データベースより)

演奏家にとって演奏や練習の妨げになる「癖」。よかれと思って身につけてきた姿勢や動きが、実は障害になっているかも。手放し方を学んで、からだへの負担を減らせば、練習した分だけ上達できるようになる。癖から自由になってシンプルな自分になる!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 160ページ
  • 出版社: ヤマハミュージックメディア (2019/2/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4636953304
  • ISBN-13: 978-4636953305
  • 発売日: 2019/2/23
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.7 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,617位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

3件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2019年2月26日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年3月13日
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年3月2日
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告