通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
実は私は 22 (少年チャンピオン・コミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 状態はおおむね良好です。ゆうメールにて発送。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

実は私は 22 (少年チャンピオン・コミックス) コミック – 2017/3/8

5つ星のうち 5.0 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 150
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 実は私は 22 (少年チャンピオン・コミックス)
  • +
  • 実は私は 21 (少年チャンピオン・コミックス)
総額: ¥926
ポイントの合計: 54pt (6%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック
  • 出版社: 秋田書店 (2017/3/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 425322802X
  • ISBN-13: 978-4253228022
  • 発売日: 2017/3/8
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 11.4 x 1.9 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
12
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(12)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
登場人物に魅力があって、お話の展開も面白くって。
ありがちですが、もっと評価されてもいい少年漫画だと思います。

読み終わって、全ての登場人物に良かったねと思えます。
最後も綺麗に終わったので、読んでない方は
是非お手に取ってほしい作品です。
バカで眩しい人って意外といない。
居たらこんな楽しい毎日だったのでしょう。
ちょっと世の中がつまらない人、人間関係に疲れた人。
誰にも会いたくない人。色々抱えてしまってる人。
誰とも楽しく笑えない人。
マイナスな感情を朝陽君が癒してくれます。たぶん。

発売日前に予約をして、発売日にはキチンと
読み終えた漫画は久しぶりです。
終わってしまったのは残念ですが、
この本を読んで、周りに優しく出来る人が増えれば
世の中も、もっと暖かくなることでしょう。
おもしろかったよ(^^
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ここまでギャグに振り切ったラブコメは無かったんじゃないかってぐらい最後の最後まで、ネタに突っ走ってた。中盤あたりで早々に関係が進展して、「ここから先は大丈夫なのか?」と心配してたけどそんな心配は無用なぐらい「実は私は」な出来事がたくさんあって、その都度都度でしっかりとラブアンドコメディをしてた。

さすがにラスト2巻はシリアスが多めに入る展開もあったが、物語の展開上は必要な内容だったと思うし、要所要所でギャグを織り交ぜてたから最後まで飽きることなく見れた作品だった。

個人的には当初の黒峰くんと白神さんが約束した目標を達成したところで終わってないのがすごく嬉しくて、各キャラにフォーカスを当てて最後の最後まで描き切ってくれたところが非常に良かった。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
最高の最終巻だったと思います。
すべての伏線を回収し、一番の見せ場で作品タイトルを活かし切りました。
個人的に何より嬉しいのは、主要キャラはもちろんのこと、過去の源二郎の仲間や記者、稲葉・松本・佐々木の三人などの影の薄いキャラにまできちんとしたエンディングをつけたことです。
事後のやりとりは、ここしばらくのシリアス度合いで忘れかけていた「実は私は」らしいギャグの連続で、とにかく面白いです。
マンガの鉄板ネタ「第1話と同じシーンで締めくくる」のもにくい演出で、読み終えるととても心地いい気分になります。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nekoame 投稿日 2017/3/9
形式: Kindle版
今までたくさんの漫画を読んできたけど、ここまですごいタイトル回収をした漫画は無いでしょう。
作者さんに最初からこの構想があって、この漫画の連載を開始したとしたら、正直すごい。
『さくらDISCORD』の時から、こういう青臭いなぁと思わせつつも熱い青春ドラマを描くのが巧みな作者さんだと思っていましたが、漫画で本気で泣かされたのは、久しぶりでした。

この作品の良いところは『悪人がいない』というその一言につきるのかもしれません。
みんながみんなのことを思って行動しているからこそのすれ違い。
そのすれ違いを、そのもつれた糸をどうほどくのか? 吹き荒れる「実は私は」の嵐。
その暴風に包み込まれたとき、私は、もう涙を止めることが出来ませんでした。

そしてちゃんと合間合間にギャグを忘れない。
本当に素晴らしい漫画です。

ぶっちゃけバキクラスまでのヒットまで行かないと、あっさり作品や漫画家を平気で見捨てるめちゃくちゃ作家に厳しいチャンピオン誌においてここまで作品を貫いたのは素晴らしいの一言につきます。

最終巻、是非最後まで楽しんでもらえればと思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 skyly 投稿日 2017/3/14
形式: Kindle版 Amazonで購入
多くの作品が日々生まれ、
そしてその多くがいつしか消えていく。
何年も何十年も語り継がれるような作品は、
本当にごくわずかで一握りです。
語られる要因は様々にあります。
感動、恐怖、驚嘆、幸福ー。
人の琴線に触れ、心を豊かにするのは
本作のような漫画です。誇張などではなく。
読了後はとても幸福感に満ち心地良いものでした。

決して多大に評価され語られる作品ではありませんでした。
しかし、この作品は私の中の一握りになりました。
増田英二氏の次の作品を楽しみにしています。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー