中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★ 店頭陳列時に背表紙・表紙等にイタミが発生していた場合は発送前にご連絡・承諾後に発送いたします。 ★ 商品の状態に関しては、お気軽にお問い合わせ下さいませ。【 年中無休で営業しております★横浜より毎日発送いたします 】●店頭併売品ですが、POSシステムで全在庫を管理しております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

宝島 2015年 10 月号 [雑誌] 雑誌 – 2015/8/25

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2015/8/25
"もう一度試してください。"
¥ 13,350 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

定価、発売日等は、都合により変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

この雑誌について

経済から裏モノまで“旬”を扱う男性誌


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 宝島社; 月刊版 (2015/8/25)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B010TMIICK
  • 発売日: 2015/8/25
  • 梱包サイズ: 27.4 x 20.8 x 0.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
41年間頑張ってきた「宝島」が休刊することになった。

この雑誌で一番印象に残っているのは、やっぱり、いわゆる「殉愛騒動」での
勇気ある報道で、結果的に百田氏と痛み分けの形とはなったものの、
一矢報いたことには違いありません。

この報道については今後、単行本という形で追跡いただくとして、いつかこの
「宝島」が復刊することを大いに期待しています!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
サブカル誌から“ビジネス週刊誌系”月刊誌に
転身したときには驚いたし読者層もがらりと変わったのではないかと思う。
だから「41年間ありがとうございました」という言葉には
違和感を覚える人もいるでしょう。

52歳の私はこの35年ほどけっこう頻繁に読んでいました。
1冊1冊がムック本かと思えるほど充実したサブカル・マガジンの時代はもちろん、
ここしばらくの「週刊誌では食い足りない記事をもう少し深堀して提供する」
「腰の入った告発記事を単発でなく続ける」
路線も好きでした。飲み屋紹介マンガやバウ!コーナーも。

休刊が決まったのは突然だったようで
記事は大方いつも通り、いつものクオリティです。
過去の表紙を全部並べて回想するような
最終刊特集記事などないのが清々しい。

35年間、ありがとう!(私の場合)
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ROSE トップ500レビュアー 投稿日 2015/8/25
41年間、何とか粘りに粘って持ちこたえた宝島が休刊となる。
一世を風靡したビックリマン・シールを復刻したり、だれがそんなことに興味を持つのかと思うような奇妙な世界を
考えて見せてくれた雑誌で、正しく何でもありの雑誌の王道を歩んでいた。
裏の世界や、男女間のスクープや金儲けの話やおよそ考え付くIQ80-90を目指した日本らしい文化を
想像してくれていた。考えてみるとこのような文化はより隠微な世界になり2ちゃんねんるに継承されてゆくのでしょうか?
合掌!
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告