通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
宝くじで1億円当たった人の末路 がカートに入りました
+ ¥ 340 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【中古本】帯なし。購入後の対応及び方法・商品到着後、不備や何か気になる点がございましたら、「アカウントサービス」の「注文履歴を見るの※かじ企画」をクイックしてご一報ください。返金、商品の入れ替え他で対応させて頂いています。◆発送は注文確定翌日発送※発送から日曜日省き2-4営業日でポストへお届け致します。◆発送かじ企画 福岡県公安委員会許 古物商90113 0910005号
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
9点すべてのイメージを見る

宝くじで1億円当たった人の末路 単行本 – 2017/3/25

5つ星のうち 2.7 142件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「1629」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 宝くじで1億円当たった人の末路
  • +
  • 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)
総額: ¥2,333
ポイントの合計: 71pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来 (上)(下)巻セット
私たちはどこへ向かうのか。「サピエンス全史」の著者が語る未来。 ⇒ 詳しくはこちら

商品の説明

内容紹介

「宝くじで1億円当たったら……」。
こんな淡い期待を胸に、宝くじ売り場につい並んでしまうビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。
果たして、「宝くじで1億円当てた」後に待ち受ける末路とはどんなものなのでしょうか。

「大学時代からバックパッカーを続けて、20代を放浪の旅人として過ごせば、どんな人生が待ち受けているのか」
「30~40代で友達がゼロの会社員が孤独な生活を続けていったら、最終的に人生はどうなるのか」
「キラキラネームを子供に付けてしまったら、その子の将来はどうなってしまうのか」――。
いずれも、何となく"やばいこと"になりそうなのは分かります。

でも、その先の人生がどうなるか、正確に教えてくれる人はなかなかいません。
こうした疑問に、しっかり答えられる人も少ないはずです。
グローバル化とITの革新によって、私たちの人生の選択肢は、飛躍的に広がりました。
誰もが、その気になれば、大抵の挑戦はできる。そんな時代に私たちは生きています。
でもその割には、「いろいろ挑戦して人生を楽しんでいる人」って少ないと思いませんか?
みんな実は、人生で一つの「選択」をした後、どんな「末路」が待ち受けているかよく分からなくて、不安なのだと思います。
だったら、気になる様々な人生の「末路」を、専門家や経験者に取材してしまえばどうか。

本書で紹介するのは、「結婚」「マイホーム購入」「進路」といった、自分の意思で決められる選択だけではありません。
「宝くじ当選」のような受動的な選択も含まれます。
それはそれで、その末路を知っておくことは、思わぬ幸運(不運)が舞い込んだ際の心構えになると思います。
いろいろな「末路」を知れば、きっとあなたの心は解き放たれます。

「好きなように生きていい」。

専門家と著者が導き出す多様な「末路」が、そんなふうに、そっとあなたの背中を押すはずです。

≪23の末路≫
・宝くじで1億円当たった人の末路
・事故物件借りちゃった人の末路
・キラキラネームの人の末路
・「友達ゼロ」の人の末路
・子供を作らなかった人の末路
・教育費貧乏な家庭の末路
・賃貸派の末路
・自分を探し続けた人(バックパッカー)の末路
・留学に逃げた人(学歴ロンダリング)の末路
・「疲れた。海辺の町でのんびり暮らしたい」と思った人の末路
・電車で「中ほど」まで進まない人の末路
・「グロい漫画」が好きな人の末路
・外国人観光客が嫌いな人の末路
・癖で首をポキポキ鳴らし続けた人の末路
・8時間以上寝る人の末路
・いつも不機嫌そうな上司の末路
・体が硬い人の末路
・禁煙にしない店の末路
・日本一顧客思いのクリーニング店の末路
・リモコン発見器の末路
・ワイシャツのしたに何を着るか悩む人の末路1
・ワイシャツのしたに何を着るか悩む人の末路2
・男の末路
・アジアの路上生活障害者の末路


◆朝日新聞書評 ライター・武田砂鉄氏「同調圧力なんて関係ない」
  現在放送されている、芸能人の同級生の現在を追うTV番組「あいつ今何してる?」(テレビ朝日系)と、
  終電を逃した人々に声をかけて自宅を訪問する番組「家、ついて行ってイイですか?」(テレビ東京系)。
  この二つの番組タイトルは、人が共通して知りたがるものを見事に伝える。私たちは、他人に「で、どうなの?」との問いを投げ続け、
  個人的な好き嫌いを存分に加味しながら、他人の振る舞いをジャッジして生きている。
  「人生で一つの『選択』をした後、どんな『末路』が待ち受けているか」、二十三の末路を追った本書の結論はシンプル。
  「同調圧力なんて関係ない。今日から自分がやりたいことをやり、やりたくないことはやめましょう」。以上だ。清々(すがすが)しい。
  「日経ビジネス」副編集長が、宝くじで1億円当たった人、事故物件を借りちゃった人、自分を探し続けた人、留学に逃げた人、
  電車で「中ほど」まで進まない人などの末路について、専門家にインタビューを重ねる。分析に共通するのは、日本社会に染み渡る「群れる」意識。
  それは今年、「忖度(そんたく)」なる流行語が教えてくれた通り。
  社会はいつだって流動的。だから人は、他人との比較を繰り返して、増幅する不安を減らそうとする。
  テーマごとに一人の専門家に聞いているだけなので、その見解は偏る。その分析のひとつひとつに異論が出るだろう。
  でも、すぐに答えを欲する現代に求められるのって、これはあくまでも一人の意見、と受け流す姿勢でもある。
  本書について、ネット書店のレビューを覗(のぞ)くと「一冊全て宝くじが当たった人の話かと思ったら、
  最初の数ページだけでがっかり」との低評価が複数書き込まれている。少しでも目次や内容紹介を読めば分かること。
  なぜこんなにも即物的なのか。この手のレビューが、逆説的に本書の存在意義を知らせる。
  知らない誰かの選択をじっくり知り、末路を受け止める。それだけで視野は存分に広がるのだ。
※朝日新聞2017年7月23日掲載


◆経済評論家・森永卓郎氏「これはショートショートで読む人生訓だ」
  最初にタイトルを見たとき、この本は1億円を当てた人を何人も追いかけたドキュメンタリーだと思った。
  しかし、そうではなかった。宝くじに当たった人の話は、23あるテーマの冒頭を飾る一編に過ぎない。
  また、本書はドキュメンタリーでもない。本書の本質は、「ショートショートで読む人生訓」だ。
  仕掛けはこうだ。人生の分岐点で、一つの選択をしたときの影響を、日経ビジネス副編集長を務める著者が、専門家にインタビューする。
  それをそのまま掲載したあとに、著者の解説をつける。その繰り返しだ。
  著者がインタビューをする専門家は、一つのテーマにつき一人だけだ。だから、それが本当に正解かどうかは分からない。
  例えば、「家を買うべきか借りるべきか」というのは、経済評論家のなかで、意見が真っ二つに割れる問題だ。それを本書は、「借りるべき」と断言する。
  私自身は、購入派なのだが、本書の主張に腹が立つことはない。賃貸のメリットをきちんと、ていねいに解説しているからだ。
  「購入も賃貸もそれぞれにメリットとデメリットがあります」なんてことを言われるよりずっと、すっきりしていて、気持ちがよい。
  また、本書に収められた専門家のアドバイスには、ハッとさせられるものも多い。「海辺のまちでのんびり暮らしたい人の末路」というテーマがある。
  引退したら、貯金を食いつぶしながら、のんびり暮らしたいと、心の片隅で私も考えている。ところが、本書のアドバイスは、「移住した後も、働け」ということだ。
  人間は、貯蓄が減り続ける不安に耐えきれないらしい。私は、貯金を食いつぶす生活の経験がないので、分からなかったが、そんなものかもしれない。
  そして、本書の最大のメリットは、各テーマがコンパクトにまとまっていることだ。だから、通勤電車が次の駅に着くまでに1テーマを読み終えることができる。
  人生訓は、延々と読んだらうんざりしてしまう。人生は自分で選ぶものだから、他人の意見は、あくまで参考に過ぎないのだ。
  その意味で、本書は通勤かばんのなかに忍ばせて、軽い気持ちで読むのに最適の本なのだ。
※日刊ゲンダイ2017年5月21日掲載「週末おススメ本ミシュラン」より


◆モノマガジン書評「これは『人間名画劇場』で上演された23の短編作品だ」
  ユニークなタイトルで得しているのか、損なのか。いずれにしろ、一発で覚えてしまういいタイトルである。
  みなさんはどんな内容の本だと想像しますか。
  「そりゃ、宝くじで一発宛てた複数人に取材し、それぞれの身におきたあれこれ、人生の行く末。幸せもあれば不幸もある。人生いろいろレポートでしょう」と思いますよね。
  でも違う、いやまったく違いはしないが、それはいくつもある項目のうちのひとつ。
  本書はドラえもんの秘密道具「もしもボックス」に入って思わず口走っちゃった人の生き様オムニバス集です。
  『日経ビジネスWEB』での連載を加筆再構成した単行本で、表題のほか、友達ゼロの人の末路/電車で「中ほど」まで進まない人の末路/キラキラネームの人の末路/
  自分を探し続けた人の末路/子供を作らなかった人の末路/8時間以上寝る人の末路/ワイシャツの下に何を着るか迷う人の末路などなど、「あるある! 」な興味シンシン、多様な末路を、計23本収めている。
  章内の展開としては、テーマ毎にふさわしい専門家へ取材→ご当人、または友人・知人の経験談から想定しうる末路を導く→ビジネスパーソンの日常における実践的・応用的ノウハウとしての気づきを与える、
  となっている。本稿担当者は当初、本書をライフドキュメンタリーだと思っていた。いやいや、読み始めて間もなく、昨今流行の自己啓発本なのだと気づかされた。
  これらは「人間名画劇場」で上演された23の短編作品であり、人生を賭した貴重なレポートなのである。あ、暗さは全然なくて気持ち前向きになります、念のため。
※モノマガジン2017年7月2日号掲載「怪奇骨董新書箱」より

出版社からのコメント

【公式サイト】http://business.nikkeibp.co.jp/special/matsuro/

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 360ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2017/3/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822236927
  • ISBN-13: 978-4822236922
  • 発売日: 2017/3/25
  • 梱包サイズ: 18.6 x 12.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.7 142件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,294位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2018年5月30日
形式: 単行本Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年6月29日
形式: 単行本Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年8月24日
形式: 単行本Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年3月8日
形式: Kindle版Amazonで購入
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年9月11日
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年7月5日
形式: Kindle版
317人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年5月15日
形式: 単行本Amazonで購入
449人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年12月5日
形式: 単行本Amazonで購入
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告

最近のカスタマーレビュー