通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
定本 黒部の山賊 アルプスの怪 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

定本 黒部の山賊 アルプスの怪 単行本(ソフトカバー) – 2014/2/22

5つ星のうち 4.9 77件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 709

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 定本 黒部の山賊 アルプスの怪
  • +
  • 山怪 山人が語る不思議な話
  • +
  • (山怪 続編) 山怪 弐   山人が語る不思議な話 続編
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 117pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

北アルプスの最奥部・黒部原流域のフロンティアとして、長く山小屋(三俣山荘、雲ノ平山荘、水晶小屋、湯俣山荘)の経営に
携わってきた伊藤正一と、遠山富士弥、遠山林平、鬼窪善一郎、倉繁勝太郎ら「山賊」と称された仲間たちによる、
北アルプス登山黎明期、驚天動地の昔話。
また、埋蔵金伝説、山のバケモノ、山岳遭難、山小屋暮らしのあれこれなど、
幅の広い「山の話題」が盛り込まれていて、読む者をして、まるで黒部の奥地にいるような気持ちにさせてくれる
山岳名著の一書です。
1964年に実業之日本社から初版が刊行されたときは、多くの読者からの好評を得ました。
近年は、山小屋でのみ購入できたこの幻の名作が、『定本 黒部の山賊』として、
山と溪谷社から刊行されることになりました。
新規原稿も一話加え、底本未掲載の貴重な写真も盛り込んでいます。
巻末には、高桑信一氏と高橋庄太郎氏による『黒部の山賊』へのオマージュも掲載。

おもな内容
◎山賊たちとの出合い
山賊の舞台・黒部の源流/
そのころの世相/
山に山賊がいるという/
慎重にすすむ/
自分の小屋に宿料を払う/
山賊対策会議/
山賊たちの正体

◎山賊との奇妙な生活
山賊一味と暮らす/
山賊事件の真相/
山賊たちの熊狩り/
山賊と岩魚/
アルプスのキティ台風

◎埋蔵金に憑かれた男たち―別派の山賊
星勇九郎の大金鉱/
ほんとうにあるのか山中の埋蔵金

◎山のバケモノたち
道しるべになった水晶岳の白骨/
カベッケの不思議な呼び声/
バケモノに呼ばれた人たち/
人を呼ぶ白骨 /
神がくし?/
洞穴の怪/
巧みな狸の擬音/
三本指の足跡/
カッパの正体

◎山の遭難事件と登山者
薬師岳の遭難/
不思議な遭難/
疑われた同行者/
非情な同行者/
四晩つづいた遭難信号/
謎の手紙/
人事不省一週間の山上の病人

◎山小屋生活あれこれ
山ぼけ/
どうどうめぐり/
山小屋の費用/
アルプスへの空輸/
熊と登山者/
熊をならす/
山で育った犬

◎その後の山賊たち
黒四と山賊たち/
その後の山賊たち ほか、旧版未掲載原稿「遭難者のお礼参り」や、
貴重な写真も新たに加えて再編集。


●著者「伊藤正一」より
思いがけない人たちとの出会い
考えられないような時代背景
さまざまな思い出は消えることはない。
黒部源流よ、山よ、永遠なれ。
伊藤正一

内容(「BOOK」データベースより)

山賊がいた!カッパもいた!?北アルプス登山黎明期、驚天動地の昔話。山小屋だけで買えた、山岳名著が復活!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: 山と渓谷社 (2014/2/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4635047687
  • ISBN-13: 978-4635047685
  • 発売日: 2014/2/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 77件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,545位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 山賊ですら恐れる狐狸妖怪の話も驚愕ですが、一番驚くのはあらゆる自然の脅威や猛獣がおそいかかる危険地帯を生活資源を得るところとして自由に歩き回る山賊たちの超人的なバイタリティーです。靴もゴアテックスもない時代に草鞋を履いて闊歩していたというのですから現代人には誰もまねできないことでしょう。想像を絶する山小屋エピソード集です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
最初は、ふーんこんな山賊と呼ばれる人がいたんだなー、ぐらいな昔話を読むような気持ちだったのですが、写真を見てビックリ!
つい最近まで実在していた方々だったんだと思いました。
黒部には行ったことがなくもっぱら黒部の東側の五龍や針ノ木方面だけでしたが黒部に行きたくなりました。
できれば20代の体力で50年前の黒部へ。実際死ぬほどきついのでしょうけど・・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
雲ノ平周辺の山々の長期縦走を計画しているのでそのルーツをたどってみた。
おもしろかった。昔、あのあたりで生活をしていた人々のこと、山小屋のこと、登山者のこと
そしてそれらを取り巻く不思議な出来事など興味深く読み進めた。
こうやって歴史や民族学的なことを知って出かけると、ただ出かけるだけより深いものを感じられると思う。
縦走の折の楽しみがまたひとつできた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
わずかに今から70年程前の戦後の混乱期を境として北アルプス周辺の変貌期を詳細に紹介されている。
戦後近代登山が発達する以前の北アルプス周辺を生活の場、糧として生きてきた人々(マタギ)の息吹を目の当たりに感じました。
大自然の中に生活の場を置き、大自然と共に生きた人々の生き様を興味深くまた素朴且つ新鮮な気持ちで読破しました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
山に行けない平日は登山の本や、TVや地図を見るのが日々の楽しみです。
その中でこの本はまさに、日本の登山の創世記のように感じます。
未だに変わらぬ地名などと照らし合わせながら
当時は相当苦労したし、非科学的なことで、勝手に怪物や殺人事件扱いになったりと
あまりにもドラマッチックで、読んでいて引き込まれて行きます。
同じような本も探している最中です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
たまたまANA国内線の機内誌で本が紹介されていたので購入してみました。
読むとどんどん山の世界に引き込まれて、雲ノ平に行ってみたい衝動に駆られました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
北アルプスを闊歩した山男の生き様がうかがえてうれしい。たったひとつの命をぶら下げて渡り合う男達と山の詩のようである。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
黒部源流どころか北アルプスも白馬しか行った事がないのですが、「黒部の山人」共々、ワクワク感いっぱいで読みました。山に一寸でも興味のある方ならだれでも引き込まれる魅力いっぱいの一冊です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
読んで楽しい本でした。読んでるうちに引き込まれます。黒部の山に行きたくなります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 おさる 投稿日 2015/12/16
形式: Kindle版 Amazonで購入
久々に読み応えのある山の本でした。山の不思議や黒部の歴史的なところが勉強になりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー