この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

定本 着つけと帯結び百科 大型本 – 1993/4

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 2,048

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

冠婚葬祭の上品な着つけ。平成の新装帯結び105種。


登録情報

  • 大型本: 214ページ
  • 出版社: 講談社 (1993/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062045540
  • ISBN-13: 978-4062045544
  • 発売日: 1993/04
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 21 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 431,501位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本 Amazonで購入
最近新装された着付け本をよく見かけますが、どれも似たり寄ったりでたんに新しい感覚の着せ付けや帯結びにとらわれていて、知りたい基本がなかなか載っていなかったりします。この本は少々写真に古さを感じますが、花嫁着付けから男性の式服、振袖、小紋、男児女児とあらゆるジャンルを網羅してあり、特に感激したのは帯び先でのヒダのとり方やタスキ掛けの仕方、はかま紐・帯揚げ・帯締めのバリエーションなど、コピーして常に持ち回っています。初心者からベテランまで必ず役に立つ本だと思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
これは非常によい本であり, 情報の多くを有する。私はオランダの女性であり, 映像によってが非常に明確, 続いてがよい様々なベルト様式を結ぶ方法をこの本によってが学ぶ為に非常によい着物を愛する。それは結ぶ方法をしかしまた参照として学ぶことと使用のためによい見ることよい。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
本当の正統派を知りたい方にはこちらをお薦めします。浴衣からはじまり、留袖、振袖、七五三等とても詳しく書いてあり、判りやすいです。どちらのパーティーに出ても良いような帯結びも素敵です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
見様見真似で着物を着ていた頃に本書が出版され、購入した。
着付けを習ったことが無くても、本書だけで何とか形にはなったものの、
決して美しい仕上がりにはならなかった。
むしろ冠婚葬祭などのイベントで着付けを願う際の帯結びや、着物と小物の色合わせに、
とても参考になっていた。

美しく着付けるという目的ならば、最近になって多く出版されている「一人でできる」という
謳い文句の着付け本の方が、痒い所に手が届く構成なので遙かに有益だろう。
また、男性や子どもの着付けについては面白いが、必要が無ければ余分な情報にもなりかねないだろう。
しかし、バリエーションに富んだ帯結びや想像を掻き立てる色合わせなどになると、
本書を超えるムック的な役割の書籍に出会えていない。
この意味で、年月を重ねても色あせない着物の魅力を、そのまま教えてくれる本ではないだろうか。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック