残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
定本 柄谷行人文学論集 がカートに入りました
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ページ内、端にヨレがあります。●中古品の為、多少の日焼け・擦れキズ・縁にヨレ・使用感・経年相応の傷みがございます。●記載のない限り帯・特典・チラシなどは原則付属致しません。●検品済みですが、見落とし等数ページに書き込み・ライン引きがある場合がございます。●商品によっては、定価超えの場合がございます。●新潟県より発送。●発送は通常2営業日以内、主にゆうメールによるポスト投函。追跡番号等はございません。到着までは日曜、祝日を除く2〜4日程度かかり、配送日や時間の指定はご利用いただけません。●万が一お届け出来ず弊社に商品が返送されてきた場合は、お客様にその旨ご連絡させて頂きまして、こちらでキャンセル手続きをさせていただきます。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


定本 柄谷行人文学論集 (日本語) 単行本 – 2016/1/9

5つ星のうち5.0 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥3,520
¥3,520 ¥1,936
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

一九六〇年代末に文学批評家としてデビューした著者の今日にいたるまでの全文学評論から、著者自身が精選改稿した一二篇を収録。冒頭には各作品を解説する序文をあらたに付す。『アレクサンドリア・カルテット』を論じた六七年の修士論文から、漱石『文学論』について語った二〇〇五年の講演まで、著者の文学的営為の全体像が一望のもとに。ダレル、シェークスピア、鴎外、漱石、四迷、安吾、、泰淳、島尾敏雄、中上健次らのテクスト読解を通していくつもの「可能性の中心」が導き出される。思想家柄谷行人の原点を知るための決定版。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

柄谷/行人
1941年生まれ。思想家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2016/1/9
  • 単行本 : 424ページ
  • ISBN-10 : 4000611003
  • ISBN-13 : 978-4000611008
  • 出版社 : 岩波書店 (2016/1/9)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 2個の評価