¥ 1,512
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
定年男子 定年女子 45歳から始める「金持ち老後」... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

定年男子 定年女子 45歳から始める「金持ち老後」入門! 単行本 – 2017/2/23

5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1,200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 定年男子 定年女子 45歳から始める「金持ち老後」入門!
  • +
  • 5,000円から始める確定拠出年金
総額: ¥2,808
ポイントの合計: 85pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「定年後は悠々自適神話」は崩壊。65歳まで働くことを覚悟している現役世代がほとんど。
しかし勤務先で再雇用されても仕事のやりがい、給与ともに大幅ダウンし、職場の居心地はひどく悪いのが現実だ。
さらに65歳で会社を「卒業」し、年金収入だけになったら、本当に暮らしていけるのか…。
親や自分の介護にかかるお金は?60代からの就活ってどうやればいい?

人生100年時代に、経済的にも精神的にも豊かな定年後を送るために現役時代から準備すべきことを、
お金のプロであり、リアル定年男子&定年女子のふたりが自らの経験と知識を総動員してガイドする。
45歳から始める「金持ち老後」入門!


<目次>
【はじめに】 「老後破産」が不安なあなたに
 ◆定年退職したとき、150万円しかなかった私(大江英樹)
  「3000万円ないと老後破産する」のウソ/居場所がなかった再雇用時代から起業へ
 ◆お金のプロが「年金生活」を始めて分かったこと(井戸美枝)
  大半の女性が、最後には「おひとりさま」に/平均寿命と健康寿命の差、男は9年・女は12年

【第1章】 「金持ち老後」のために知っておくべきこと
 ◆老後のお金の「入」と「出」を把握せよ(大江英樹)
  定年後のお金不安の原因は「3つの分からない」/65歳の私の生活費の明細、公開します/投資は苦手ならしなくてよい
 ◆女子こそ早めに知っておく! 年金は、いつから、いくらもらえる?(井戸美枝)
  あの「はがき」で私の年金額が、ずばり分かる/年金から差し引かれる意外なもの

 定年男子×定年女子トークセッション①年金を賢くもらうコツ

【第2章】 月8万円の収入で「老後の赤字」は消える
 ◆定年後も働くことこそ、老後不安の最強の解決法(大江英樹)
  60歳からは嫌な仕事はしない/働き続けることで「私の価値」は1000万円以上にも
 ◆会社員も主婦も、心理テストで定年後の“適職"に出合おう(井戸美枝)
  定年夫婦の家計赤字は、平均で年100万円/「お金にならないこと」に意外なチャンスが

 定年男子×定年女子トークセッション②60歳以降も働くための心がまえ

【第3章】 病気と介護にかかるお金 ホントのところ
 ◆日本の健康保険は最強。私、医療保険“不要派"です(大江英樹)
  日本の健康保険制度は最強/健康とお金にはたくさんの共通点がある
 ◆医療+介護でひとり800万円を見ておこう(井戸美枝)
  女の一生には介護が3度ある/70歳未満&70歳以上の医療費が変わる

 定年男子×定年女子トークセッション③親の介護から学んだ、お金周りの「断捨離」

【第4章】 幸せな老後のために45歳からやっておくべきこと
 ◆現役時代にえらかった人ほど“キレる老人"になる(大江英樹)
  会社員か自営業かで準備すべきことは異なる/「お金の貯金」より「人の貯金」
 ◆熟年離婚は夫婦両方を“ビンボー老後"にする(井戸美枝)
  夫に先立たれると、妻の収入が半減/離婚時の年金分割、たいしてもらえません

 定年男子×定年女子トークセッション④長い老後を豊かに暮らす知恵

内容(「BOOK」データベースより)

3000万円ないと老後破産するなんてウソ!妻の年金は「67歳からもらう」のがおすすめ!投資は苦手ならする必要なし!定年男子こと、元金融マンで経済コラムニスト(65歳)と定年女子こと、日本イチ年金通の社会保険労務士(58歳)。お金のプロふたりが本音で語る、「金持ち老後」入門。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 199ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2017/2/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822238318
  • ISBN-13: 978-4822238315
  • 発売日: 2017/2/23
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,031位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
 経済コラムニストで資産運用の著書も多い大江氏と、社会保険労務士でファイナンシャルプランナーでもある井戸氏による共著。本書は、定年後の暮らし方について仕事、お金、健康、家族といった内容を切り口に、著書自身の経験を元に述べたものだ。
 老後の不安要素としてお金の問題がよく取り上げられるが、老後の家計収支に見当をつけること、公的年金をきちんと理解すること、そして何より定年後も働き続けることで問題は解決できると言う。定年後の仕事は、月8万円程度稼げれば家計の赤字がほぼなくなること、そもそも働き続けることで健康不安や孤独なども解消できること、また仕事そのものが自分の本質に合ってるか等60歳以降も働くための具体的な心構えなどが述べられており、とても参考になる内容だ。
 親の介護については、仕事は絶対やめたらダメ、介護のために親と24時間一緒にいるとかえって親子関係がよくない方向にいくという現実が井戸さんから指摘される。医療と介護に使うお金の上限をあらかじめ決めておくという点も大切らしい。
 その他、現役時代に偉かった人ほど「キレる老人」になりやすいこと、熟年離婚は夫婦両方を「ビンボー老後」にすることなど、面白くて役に立つ話題が多い。タイトルからすると、老後のための資産運用本のような印象を始めに受けるが、定年後のライフスタイルを内容としたもので、40代半ばの私にとってそのイメージが具体的に湧いてくる本だった。同世代の方に是非お勧めしたい1冊だ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
65歳まで勤務するとなるとあと10年もありますが、60歳だと5年しかありません。
何歳で会社を辞めるのか、次の仕事はどうするべきなのか参考になりました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
年金受給者なので、すでに遅いのですが、それでも読んでいてなるほどねえ。。。と思うことが多いです。
定年後に働こうと思いましたが、月給12万円で心が折れて、働くのを止めました。
この本読んで、「月に3万でも5万でも誰かのためになって楽しく働ければいいじゃないか」に、正直はっとしましたね。
そういう視点が5年前にあったら、別の人生もあったなあと。
まあ、今はそれなりに行く所も行く用も増えて、楽しく暮らしてますが。。。

少なくとも50歳になったらこの本読んで準備した方が身のためです。
特に女性はお一人様になる可能性が高いのでよけいに必要ですね。
いたずらに老後を不安がらず、明るく生き生きと生きていく指針になる本です。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
先達のアドヴァイスが見に染みます。

有難うございました。感謝いたします。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告