¥1,430
通常配送無料 詳細
ただいま予約受付中です。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

定年を病にしない (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/4/18


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2020/4/18
¥1,430
¥1,430
「予約商品の価格保証」対象商品。 詳細
この商品の特別キャンペーン プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。 2 件
  • プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。
    プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。今なら本をお得にご購入いただけます。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。今なら本をお得にご購入いただけます。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 「予約商品の価格保証」では、お客様が対象商品を予約注文した時点から発送手続きに入る時点、または発売日のいずれか早い時点までの期間中のAmazon.co.jp のサイト上で表示される最低販売価格が、お支払いいただく金額となります。予約商品の価格保証について詳しくはヘルプページをご覧ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


アウトレット本から掘り出しものを見つけよう!
「趣味・実用」カテゴリーの商品をお手頃価格で販売中! 詳しくはこちら

商品の説明

内容紹介

◎『課長 島耕作』シリーズ作者・弘兼憲史氏推薦!!

お金や健康よりも深刻――。
すべては50代でのマインドセット次第!
41人の実例が教えてくれる
定年者が陥りやすい環境変化の「罠」。
自らも苦しんだ経験をもつ
脳科学・心の問題の第一人者が贈る
「定年後の自分」を早く育てるためのヒント。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
定年男性を待ち受ける「事例」として、
「意欲がわかない」「出不精になる」
「自分を責める」「暴言を吐く」
「焦燥感にかられる」
「居場所がなく孤独を感じる」
「人付き合いがうまくいかない」
「家庭や地域社会で困った存在と化する」…
が挙げられる。

最近ではマスコミでも、「問題老人」「暴走老人」「孤独老人」などとして、その「切実な現実」が頻繁に報じられるようになった。
定年を境に多くの人は突然の環境変化に戸惑い、人によってはうつや認知症のような病気を引き起こしたり、
病気とは言わないまでもやたらと感情的になったり、暴言や奇行の目立ったりすることが多くなりやすく、
介護や認知症並みに家庭や社会での深刻な問題になっているのが現実。

この本では、定年を境に引き起こされる男性の「深刻な問題」に焦点をあて、
身につまされる41の実例をもとに、定年者が直面するリアルな現実を知ってもらい、
定年前にできること、心がけたいことを、脳科学・心の問題の第一人者である著者がアドバイスする。

出版社からのコメント

50代は「定年後の自分」を育てる時期でもある――「はじめに」より

「50代は同窓会に行ける・行けないの分岐点」
「朝食後にやることがなく、居場所に戸惑う定年男性」
「70歳まで雇用を奨励する政府、本当は50代で手放したい企業」…
このように、「50代」や「定年」をテーマにしたネット記事や雑誌の特集を目にすることが増えました。ただ、「逃げ切り世代」「お荷物社員」「暴走中(高)年」など批判的な内容が多いため、50代や定年者が読めば、暗い気持ちになってしまう人は結構いるのではないでしょうか。50代の人のなかには、会社に居づらい人も少なくないかもしれません。
(中略)
定年後の主な問題といえば「お金」「健康」「生きがい」でしたが、近年では定年後の居場所のなさを感じる人が多く、「孤独」が問題視されています。実際、国や自治体も重い腰を上げて高齢者の孤独対策に取り組み始めました。孤独は世界的な問題で、イギリスでは孤独担当大臣のポストが新設されたくらいです。
(中略)
定年男性を待ち受ける事例としては、「意欲がわかない」「出不精になる」「自分を責める」「暴言を吐く」「焦燥感にかられる」「居場所がなく孤独を感じる」「人付き合いがうまくいかない」「家庭や地域社会で困った存在と化す」などがあります。
定年を境に多くの人は突然の環境変化に戸惑い、人によってはうつや認知症のような病気を引き起こすことがめずらしくはありません。病気とは言わないまでも、やたらと感情的になったり、暴言や奇行が目立ったりすることが多く、介護や認知症並みに家庭や社会で深刻な問題になっているのが現実です。これでは悠々自適どころか、50代から先の人生に不安しか感じない人も多いのではないでしょうか。
(中略)
本書では、定年を境に引き起こされる男性の深刻な問題に焦点をあてています。これまで私が直接相談を受けたり目にしてきたりした50~60代前半の男性の実例を中心に、私が体験した実例も交えながら、読者にとって身につまされるはずのものを選んでいます。
読者のなかには仕事が忙しく、60歳が必ずしも退職年齢とは限らず、まだまだ「定年」のことが頭によぎらない人や、考えている余裕のない人もいるかもしれません。
そのような方は、各節冒頭の実例にいくつか目を通してもらうだけでも、「定年を病にしない」ための準備が、たとえ50歳を過ぎたばかりであったとしてもけっして早過ぎることはないことが頷けるはずです。
本書は定年者が直面しているリアルな現実を知ってもらい、読者が自分の近未来の姿に重ね合わせて考えてもらうのが狙いですが、事例を踏まえたうえで、50代のうちに心がけておきたいことや、私の専門の立場からのアドバイスを、各節の最後にまとめています。
本書を一読し、50代を定年へ向けたシフト期間と位置付けることで、早めに準備さえしておけば、定年後をそれほど恐れることはないと思います。

続きを見る

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 240ページ
  • 出版社: ウェッジ (2020/4/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4863102240
  • ISBN-13: 978-4863102248
  • 発売日: 2020/4/18
  • 商品の寸法: 11.5 x 1.8 x 17.6 cm
  • カスタマーレビュー: この商品のレビューはまだありません。レビューを書いてください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 556,912位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません