中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ●帯あり●【外観・内観】汚れ等なく、使用感少なく、きれいな状態です。【臭い】タバコ臭、カビ臭等ありません。 ●中古品としての状態はとても良いと思います。 ●できる限り商品の確認はしておりますが、あくまで中古品としてのご理解をいただきますようお願いいたします。●注文後、防水対策梱包をして、翌々日までに、ゆうメール等にて迅速に発送いたします。●商品説明と実際の商品のコンディションが違っていた場合は返金対応いたしますのでご安心ください。その他、不備等がございましたらAmazonガイドラインに従い、誠実対応いたします。●その他状態等不明な点、ご質問ございましたらお気軽にどうぞ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

官邸崩壊 安倍政権迷走の一年 ハードカバー – 2007/8/23

5つ星のうち 4.5 46件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

首相交替、政局混迷。
全ては、この「お友だち内閣」から始まった――。
暴走する側近、次々と離脱する閣僚、決断しない総理大臣……。
わが国の「司令塔」で繰り広げられていた信じ難い稚拙な悲喜劇の数々。
安倍政権、退陣までの全真相に迫った驚愕の内幕ドキュメント!

出版社からのコメント

「戦後レジームからの脱却」を高らかに謳い上げ、颯爽と登場した安倍首相。その約1年後、退陣を余儀なくされる事態を誰も想像していなかった----。中韓の電撃訪問による華麗なる船出に始まり、その後の崖を転げ落ちるような首相官邸の失敗の数々を徹底検証。安倍政権とは一体何だったのか、そして新政権に残された負の遺産とは何かが分かる、政治ノンフィクション。こんな人々に、わが国の政治は動かされていたのか----。驚くべき実態に、政治の見方が変わります。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 236ページ
  • 出版社: 新潮社 (2007/8/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103054719
  • ISBN-13: 978-4103054719
  • 発売日: 2007/8/23
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 46件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 32,769位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
 安倍政権が支持率70%という圧倒的国民の人気に支えられて政権を船出し、安倍自身も「国を変えていく」という気概を持って政権をスタートしたにも関わらず、10ヶ月後にはその支持率も20%台に落ち込み、あえなく突然の政権放棄。さんざんに叩かれたのはワシらの記憶にまだ新しいんだ。

 そのひとつの原因として閣僚の相次ぐ不祥事、そして機能できなかったばかりか、首相自身を支えるスタッフ、世耕や塩崎そして秘書官井上たちの内紛という真相が描かれている。

 それよりも、怖いなぁと感じることが大きくひとつ。
 それは、今や世論に与える影響は圧倒的にテレビというマスメディアが突出しているということだ。新聞読者数の落ち込みもあろうが、何せ世論と言うものは、テレビの報道から伝わる切り口を「正義の味方」のように真に受け、またそれをテレビが煽るという構造が出来上がっているのだな。
 新聞は、いつのまにか社会の木鐸というよりも、社会の話題を暴く「言いだしっぺ」の役割であり、それを国民が喜びそうな「迷惑なお話」だと思えば、テレビが飛びつく。毎日やる。みのもやれば、小倉もやるのだ。

 かといって、テレビがいかに情けないメディアかということも知っておかなければならない。自らのフリーハンドで何でもかんでも好きに言えるばかりではないのだ。 
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
タイトルが全てを表している。安倍政権が“なにをしたか”ということにはまったくといっていい程触れていない。書かれているのは“なぜ駄目だった”のかということばかりだ。

著者はその原因を、所謂「チーム安倍」と呼ばれる側近達の無能力や暴走にあるとし、安倍氏の総裁としての資質自体についてはあまり言及していない。そればかりか、彼らに足を引っ張られた安部氏に対する同情が感じられるような文章も見受けられた。

こういう内幕ものの真相は結局のところ当事者にしかわからない。だから、著者が書いていることが真実かどうかはわからないので単なる印象になってしまうのだが、わたしはこの本に登場する「チーム安倍」を構成するメンバー、例えば塩崎氏・世耕氏などの姿がテレビ画面に映し出されていたときに、彼らの話し方や立居振る舞いから、“ひ弱さ”や“小物感”といった雰囲気を感じ、これが政権中枢にいるべき人物なのだろうかという疑問を持っていたので、著者が書いていることは核心を突いているのではないだろうかと思えた。

ただ、全てが著者のいうとおりだとも思えない。この本でもっともその能力を否定されているのは、秘書官の井上氏なのだが、彼に対する著者の筆致は個人的になにか恨みでもあるのか?と思えるほど感情的で攻撃的だ。

また、著者の職業を考えるともっ
...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
内容は面白く、取材もよくしています。
しかし、全体の流れから官邸を見るというよりも、側近の人物の欠点を掲げることだけで筆を進める書き方には疑問もあります。
面白い本ではありますが、表層的すぎるとも感じました。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
ちょっといまさらかな・・と思いつつ、
今年一番の出来事は今年の内に、と思って読んでみた。

本書は圧倒的な人気を元に安部政権が成立してから、
ガラガラと転落していく過程を、著者の取材を元にまとめたものだ。

安部政権が迷走した理由。
安部首相本人の優柔不断、無能な側近、叩いたら
いっぱい埃がでてくる閣僚・・、そして小泉元首相の負の遺産。

これを読めばどうしてここまで安部政権がダメだったか、
よく理解することができる。色々なエピソードや関係者の
発言も交えているので、読みやすい。

ただ、少しだけ気になるところが。

著者は安部首相辞任時の「麻生謀略説」を流したという話もある。
(麻生謀略説について当事者は明確に否定し、謀略自体に疑惑がある)
”自分の手柄”を強調したがるのは首席秘書官もジャーナリストも同じだろう。
また、本書でよく名前が出てくる井上秘書官について相当こき下ろし
ているのも気になる。最後の方には悪意を感じた。
まぁ事実だったら仕方ないが・・。

そう考えると、本書の内容を全部鵜呑みにしない方がいいかと。

本の内容自体は
...続きを読む ›
1 コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー