通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
宗教の秘密 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 OPLIFE_SHOP
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆帯なし。カバーに多少の傷やスレがありますが、中は書き込み無く、比較的キレイな状態です。◇中古品の為、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等ある場合は、ご連絡頂ければ対応させて頂きます。◇アマゾン倉庫より毎日発送します。◇簡易クリーニング済みです。◇管理ラベルは剥がれ易いシールを使用しています。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

宗教の秘密 単行本(ソフトカバー) – 2012/3/20

5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 645
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 宗教の秘密
  • +
  • お釈迦さまの脳科学 釈迦の教えを先端脳科学者はどう解くか? (小学館101新書)
  • +
  • なぜ、脳は神を創ったのか? (フォレスト2545新書)
総額: ¥3,132
ポイントの合計: 96pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

あなたは催眠術のショーを見たことがありますか? 舞台に上げられた人が術者の言うがままに犬のように吠えたり、檸檬を丸ごとかじったり…でも、催眠をかけられた記憶を消され舞台を降りると何事もなかったかのように、その人は社会生活に戻ります。私たちもまた、何らかの洗脳を仕掛けられた後、その記憶を消され社会に戻されていたとしたら…。
これはおとぎ話ではありません。現代では、「神を信じぬ者は地獄に堕ちる」といった“あの世の論理”の力は弱まっていますが、「お金がなくなると不幸になる」という“この世の論理”に私たちは強く支配されています。多くの人が自覚せざる、お金教という宗教の信者、あるいはエージェントにされているのです。
本書はキリスト教からお金教まで、この世界が宗教の形を借りた「あるカラクリ」に操られていることを看破。そのカラクリを解明します。さらに「宗教のつくり方」を白日にさらし、人類を脱洗脳します。

内容(「BOOK」データベースより)

宗教とは何か、そして、私たちに何をもたらしたのか。従来の宗教観とはまったく異なる方向、いわば「人々の救済」という美名のもとに隠されてきた宗教の本質を見極める。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 208ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2012/3/20)
  • ISBN-10: 456980313X
  • ISBN-13: 978-4569803135
  • 発売日: 2012/3/20
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 112,307位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
胡散臭いとかトンデモで語られることも多いが、自分はこの人基本信用できること言ってくれる一人である。
ただ本作に関しては、、
前半は圧巻。このラインで最後まで押し切ってもらいたかった。キリスト教や仏教の生誕の真実と、その後の歪み。
ただ後半、それを踏まえて「新興宗教」の話なんかで押し切ってもらいたかったものの、「現代に巣食うお金教の話」
この辺は経済学者や社会学者(西部なども筆頭)にも語られるわりと有りがちな題材だし、ベタ。今現在日本から見るとやや古いニュアンスも。
何か深い話もあるのかとパラパラ眺めてたが、普通にお金盲信者批判(大雑把にいえばグローバリズム批判も含)で、この本でわざわざ読みたい話題ではなかったので大幅読み飛ばした。

宗教の秘密、と銘打つからには、俗にいう「宗教団体」に絞ってこの本は押し切ってもらいたかったかなーと。
(多作家なので、そういう本もあるかもですが)
なぜなら、新興宗教はまずお金ありきの典型なので、その中でお金教の話も出来るじゃないですか。
自分の中では、前半と後半で別々の本を読んでるような違和感が残りました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
巷に溢れる宗教本は難しい! こちらは非常にわかりやすく他の宗教本を読む前に読んでおくと内容がスッと頭に入ってくる。小難しい言葉で曖昧にする本が多いなか一気読みできますよ。
後半の展開はそこまで言わなくてもと思ったがカルト宗教の洗脳を解くことに携わることとなった苫米地博士からの警告だと思えば納得がいく。
私個人としては先祖を敬い自分をしっかり持っていれば生きていけるのかなと思う。ただ少しばかりのお金には必死でしがみついてる。結局はお金教にすがっているのかもしれない。いや、すがってる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
苫米地 さんの本は何冊か持っている、この世の宗教の事をこんなにコンパクトにまとめられるのは
苫米地 さんでなければできないのかも・・・勉強になる。まだまだ続きを書きたかっただろう話したいこと
沢山あるんだろうな~と感じましたよ。
購入してよかった。ありがとうございます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
大学受験は世界史を選択したけど、無味乾燥に宗教の伝道師の名前を覚えたり、年号を暗記した悪夢を思い出す。
本書の前半では、ユダヤ教のアンチテーゼとしてのキリスト教の成り立ちから、全知万能の神を想定することが難しくなった現代における
葬式・結婚だけに形骸化したキリスト教や仏教までまとめられている。
教科書を難度読み返しても、あたまに入ってこなかったが、この本はなにしろわかりやすい。
一方、小室直樹『宗教原論』も読んだが、ちょっとわかりにくかった。
無駄に難しくない「わかりやすさ」は、テーマについて整理できている人でないと醸し出せないエッセンスと考えている。
そうはいったものの、なぜかイスラム教についてほとんど言及がないのは、苫米地氏も恐れるタブーが存在するからか?
疑問は残る。

中盤は、なぜ人々は信仰心を抱くかについて「完全情報への渇望」があるからといっている。
現代の宗教関係者は偉くなればなるほど、煩悩も比例して大きくなると言い切っているところが、
すっきりするし、苫米地氏らしい物言いだ。
そして、現代人にとって最大の宗教は間違いなく「お金教」だといっている。
お金について、原理的な内容から展開して、生きる上での幸せや本当に大切にしなければならないものを
...続きを読む ›
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 マザーテレサの”Come Be My Light”から、彼女が晩年、自らの信仰の危機、
神の存在への疑念に悩まされていた事が紹介されています。
ここがこの本の核でしょう。

私の魂のなかには多くの矛盾があります。
神の姿を深く渇望するあまり、その渇望が私を苦しめます。
それは絶え間ない苦痛です。
神に望まれていない感覚、拒否された感覚、空虚、信仰の不在、愛の不在、熱意の不在。
天は私にとってなんの意味も持ちません。ただの空虚な場所です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告