この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

宗心茶話 茶を生きる 大型本 – 2010/10/21

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 3,394
大型本
¥ 8,456 ¥ 8,072
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

本書は2006年に刊行され好評を博した、同タイトル書籍の軽装版 。
茶の湯界の重鎮が語る四季の移ろいと京都の暮らしを、詩人の感性が12のテーマに綴る。
情感あふれる美しい写真が、読者を心豊かな誌へと誘います。 「礼」「器」「人」「花」…と、
毎月一字表題で訥々と語り下ろされる堀内宗心宗匠のお話を、詩人・高橋睦郎さんの感性で
再構成。やさしい語り口の向こうには、禅の修行に裏打ちされた宗匠の人生観、世界観、
宗教観の広大な地平が広がっています。
茶の湯を嗜む人、日本の伝統文化を愛する人、人生を見つめ直したい人すべてにおすすめの一冊。

《2006年に刊行された『宗心茶話』の紹介文》
火、風、水、音など、一文字の表題をテーマとして、詩人・高橋睦郎が記録する、茶道界の
重鎮・堀内宗心の語る珠玉のことば集。
『家庭画報』連載を再構成し、新たに「一客一亭の茶事」と対談を追加して書籍化。

出版社からのコメント

詩人・高橋睦郎さんも、そんな宗匠に魅せられた一人です。本書の下地は、宗
心宗匠語り下ろし、高橋さん聞き書きによる『家庭画報』の連載「宗心茶話」で
す。「礼」「器」「人」「花」......と、毎月一字表題で訥々と語り下ろされる
お話を、詩人の感性で再構成していただきました。やさしい語り口の向こうに
は、禅の修行に裏打ちされた宗匠の人生観、世界観、宗教観の広大な
地平が広がっています。単行本化にあたり、連載時の内容を見直してさらにバー
ジョンアップ。お二人による一客一亭の茶事と対談「人間の明日へ」も新たに収
録しました。茶人と詩人のコラボレーションが、他に類をみないユニークな本を
生み出しました。連載時から好評だった与田弘志さんの写真もすばらしい! 茶
の湯を嗜む人、日本の伝統文化を愛する人、人生を見つめ直したい人すべてにお
すすめの一冊。(担当編集N)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 192ページ
  • 出版社: 世界文化社; 軽装版 (2010/10/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4418103171
  • ISBN-13: 978-4418103171
  • 発売日: 2010/10/21
  • 梱包サイズ: 21 x 14.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 488,205位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


2件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件中1 - 2件目のレビューを表示

2017年5月10日
形式: 大型本Amazonで購入
2008年1月15日
形式: 単行本
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告